願興寺 (御嵩町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
願興寺
Gankoji Mitake02.jpg
本堂(2007年撮影)
所在地 岐阜県可児郡御嵩町御嵩1377-1
位置 北緯35度25分49.5秒 東経137度7分44.0秒 / 北緯35.430417度 東経137.128889度 / 35.430417; 137.128889座標: 北緯35度25分49.5秒 東経137度7分44.0秒 / 北緯35.430417度 東経137.128889度 / 35.430417; 137.128889
山号 大寺山
宗派 天台宗
本尊 薬師如来
創建年 伝・弘仁6年(815年
開基 伝・最澄
中興年 天正9年(1581年
中興 近在の農民の寄進
別称 蟹薬師
札所等 中部四十九薬師霊場49番
文化財 本堂・木造薬師如来及び両脇侍像ほか(国の重要文化財)
願興寺鐘楼門・鰐口(天正銘)・大般若波羅密多経600巻(県重要文化財)
絵馬群・木造恵比寿(夷)立像ほか(町重要文化財)
テンプレートを表示

願興寺(がんこうじ)は、岐阜県可児郡御嵩町にある天台宗の寺院。山号は大寺山。本尊は薬師如来。通称は蟹薬師

中部四十九薬師霊場第四十九札所。

歴史[編集]

寺伝では、日本天台宗の祖最澄の創建によるものという。その後衰退し、兵火による焼失の後天正9年(1581年)に近隣住民により再興された。なお、境内からは最澄の時代より古い奈良時代の古瓦が出土しており、古代創建の前身寺院(願興寺廃寺)が存在したことが確認されている[1]

寺伝によれば、弘仁6年(815年)最澄(伝教大師)が東国巡錫の折、人々の苦しんでいるのを見て、この地に布施屋(施楽院)を開創し、薬師如来を祀ったのが起源とされる。伝承によれば、正暦4年(993年)、一条天皇の皇女とされる行智尼がこの地に庵を結んだ。ある時、庵の近くの池に数千の小蟹に乗った薬師如来像が現出。この奇瑞を聞いた一乗天皇の勅願により、長徳4年(998年)に伽藍が整備されたという[2]。その後、2度の兵火による焼失を繰り返しながら、その都度再建されている。 2度目の焼失後の天正9年(1581年)与次郎という百姓の発起により再興に取りかかったが、工事の最後には力尽き屋根は板葺きで、とりあえず諸仏を入れ、体裁を整えたという相当の困難が伴ったようである。地方の寺院としては大きな本堂は、大工も地の者を使ったようで粗放な感も否めないが、当時の工事の生々しさが伝わってくる。天台寺院と真言寺院が融合されたようなつくりで当時台頭していた新仏あ教が旧宗派に影響を与えたものではないかといわれている。本堂は柱が48本あることから、俗に「いろは造り」といわれていた。広い回廊は東山道を旅する人々に夜露をしのげる場所を与えたことであろうか。   

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
岐阜県指定重要文化財
  • 願興寺鐘楼門
  • 鰐口(天正銘)
  • 大般若波羅密多経600巻
御嵩町指定重要文化財
  • 木造恵比寿(夷)立像[3]
  • 長岡十一面観音像[3]
  • 瓦(願興寺出土軒丸瓦)[3]
  • 願興寺梵鐘[3]
  • 大久保石見守寺領安堵状[3]
  • 徳川義直寺領安堵黒印状[3]
  • 検地に関する折紙[3]
  • 森忠政寺領安堵状[3]
  • 薬師御宝前[3]

行事[編集]

  • 4月:御嵩薬師祭礼
    長保元年(999年)の創始。県の重要無形民俗文化財に指定されている。

所在地[編集]

  • 岐阜県可児郡御嵩町御嵩1377-1

名鉄広見線御嵩駅より徒歩5分

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜女子大学デジタルミュージアム 中山道みたけ館
  2. ^ 『日本歴史地名大系 岐阜県の地名』(平凡社、1989)、p.743
  3. ^ a b c d e f g h i 御嵩町の文化財 (PDF)”. 御嵩町. 2013年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]