額田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

額田 豊(ぬかだ ゆたか、1878年明治11年3月23日 - 1972年昭和47年7月29日)は、日本の医師医学者内科学)および教育者東邦大学の共同創立者であり、日本大学医学部医学科の初代医学科長でもある。日本大学名誉教授[1]

生涯[編集]

1878年(明治11年)、岡山県邑久郡に医師の長男として生まれた。上京して独逸学協会中学校旧制一高に通い、東京帝国大学医学科に入学した。大学在学中はボート部で活躍し、大学も休みがちであったが、ドイツ語の原書を読んで補っていたという[2]。大学卒業後の1907年(明治40年)ドイツへ3年間の私費留学をする。留学中にドイツ女性に感銘を受け女性を対象とした教育を使命と考えるようになる[2]。帰国後、医学の博士号を取得する。麻布に額田病院、鎌倉に結核療養所である額田保養院(現在の額田記念病院)を開設した[3]。保養院は鎌倉という環境が気候などの面から療養所に向いており、機械設備も整っていたことから治療成績は良かった[2]1925年大正14年)、弟の額田晉と共に大森町に帝国女子医学専門学校(東邦大学の前身)を創立した。帝国女子医専では、理事長を務め、主に経営面を担当し教鞭をとることはなかった[2]。また、1925年(大正14年)からは、日本大学医学部医学科の初代医学科長に就任する[4]。1940年(昭和15年)には北鎌倉高等女学校(現在の北鎌倉女子学園)を創立する[5]。1946年(昭和21年)母校である獨協学園の理事長に就任する[1]。その後東邦大学初代学長となる。1972年(昭和47年)7月29日、94歳で死去。

略歴[編集]

  • 1878年3月23日 - 岡山に誕生
  • 1901年 - 東京帝国大学医科大学卒業
  • 1907年~1910年 - ドイツ留学
  • 1913年 - 医学博士取得、額田病院創設
  • 1920年 - 額田保養院創設
  • 1925年 - 帝国女子医学専門学校理事長
  • 1925年 - 日本大学医学科科長
  • 1946年 - 獨協学園理事長
  • 1950年 - 東邦大学学長
  • 1951年 - 東邦大学理事長
  • 1957年 - 東邦大学顧問
  • 1972年7月29日 - 死去

著作[編集]

  • 『醫化學講義』金原商店、1910年
  • 『食品並ニ嗜好品化學的成分』金原商店、1911年
  • 『腎臓炎と其養生法』内科学雑誌社、1912年
  • 『通俗衛生講話』逓信省、1914年
  • 『安價生活法』政教社、1915年
  • 『絶對安價生活法 : 健康と節約の十三錢生活』春陽堂書店、1939年
  • 『通俗肺結核治療養生法』新橋堂、1919年
  • 『近世醫化學』(上・中・下巻)金原商店、1925年
  • 『新醫化學』金原商店、1931年
  • 『栄養料理の献立に就て』逓信協会、1926年
  • 『糖尿病ト其養生法』内科學雑誌社、1912年
  • 『胃膓病とその養生法』康元社、1934年
  • 『結核と其予防及び治療法:健民健兵の心構へ』朝陽社、1944年
  • 『額田家家記』額田豊発行、1961年

額田豊 ・晋共著[編集]

  • 『近世内科臨床診断學』金原出版、1912年 ※第17版以降は額田晉単独著『診断學』
  • 『簡明内科學』(上下巻)金原商店、1926年

出典[編集]

  1. ^ a b 額田豊”. 獨協同窓会 公式サイト|獨協中学・高等学校同窓会. 2014年4月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 額田豊|額田記念東邦大学資料室”. 東邦大学. 2014年4月18日閲覧。
  3. ^ 額田 豊 医学業績大百科”. 医学業績大百科. 2014年4月18日閲覧。
  4. ^ 沿革”. 日本大学医学部. 2014年4月18日閲覧。
  5. ^ 学園の歴史”. 北鎌倉女子学園 (2010年6月23日). 2014年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]