顆粒球肉腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

顆粒球肉腫(かりゅうきゅうにくしゅ)とは髄外に発生した幼若な骨髄系細胞による腫瘤である。 腫瘤は急性骨髄性白血病(AML)や慢性骨髄性白血病(CML)、あるいは他の骨髄増殖性疾患(MPD)や骨髄異形成症候群(MDS)に先行あるいは合併する。 また、顆粒球肉腫は寛解したAMLの初めの再発所見となることもある。

発生部位[編集]

最も発生しやすいのは骨、リンパ節、皮膚である。

関連事項[編集]