頸板状筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頸板状筋
Musculus splenius capitis et cervicis.png
背部の筋。矢印の先が頸板状筋
ラテン語 musculus splenius cervicis
英語 Splenius cervicis muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
作用 片側が収縮するとその方向に首が回転。両側が収縮すると顔が上に向く。
アナトモグラフィー 三次元CG
テンプレートを表示

頸板状筋(けいばんじょうきん)は、長背筋のうち、後頸の深層に位置する筋肉である。板状筋のうち、頭板状筋と頸板状筋の2部に分けられたものの一方である。胸椎の棘突起を起始とし、外側上方に向かって走り、頸椎に付着する。

片側が作用すると、その方向にが回転し、両側が作用するとが上に向く。

画像[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]