順序群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抽象代数学における(半)順序群(じゅんじょぐん、: [partially] ordered group)は、両側移動不変な順序関係を付加的な構造として備えたである。

定義[編集]

群 (G, ·) と G 上の順序 ≤ が与えられ G の任意の元 a, b, g に対して

ab ならば agbg かつ gagb が成り立つ

という意味で順序 ≤ と群演算 "·" とが両立するとき、(G, ·, ≤) は順序群であるという。紛れの惧れがないならばこれを単に順序群 G と書く。

以下、群演算の可換性を仮定しないが、順序群は加法的に記すものとする。即ち、群演算を "+", 群の単位元を 0, x の逆元を −x で表す。

順序群 G の元 xG正元 (positive element) とは 0 ≤ x を満たすことを言う。G の正元全体の成す集合を G正錐 (positive cone) と呼び、しばしば G+ で表す。正錐を用いれば、ab a + bG+ と書ける。

一般の群 G に対して、正錐の存在は G を順序群とする順序を一意的に定める。即ち、群 G が順序群となるための必要十分条件は、以下の条件を満たす部分集合 H が存在することである(この H が正錐 G+ になる)。

  • 0H
  • aH かつ bH ならば a + bH
  • aH ならば −x + a + xH が各 xG に対して成り立つ。
  • aH かつ −aH ならば a = 0 である

従ってしばしばこの条件を満たす組 (G, H) を順序群と定義することもある。

諸概念[編集]

順序群 G とその正錐 G+ に対し、G無孔 (unperforated) であるとは、適当な自然数 n に対して n · gG+ ならば必ず gG+ が成り立つことを言う。 無孔であることは、正錐 G+ に「隙間」("gap") がないことを意味する。

順序群の順序が全順序ならば全順序群(または線型順序群)といい、順序が(つまり任意の二元集合が上限を持つ) ならば束群と呼ぶ。

リース群は束群より少し弱い性質を満たす無孔順序群である。つまり、リース群は

リースの補間条件: G の任意の元 x1, x2, y1, y2 は、xiyj を満たすならば適当な zG が存在して xizyj とすることができる

を満足する。

二つの順序群 G, H に対して、写像 f: GH順序群の準同型であるとは、f抽象群の準同型であってかつ単調写像となっていることを言う。順序群の全体は、順序群の準同型をとしてを成す。

順序群(特に順序加群)は賦値を定義するのに用いられる。

[編集]

  • 順序線型空間は順序群である。
  • リース空間は束群である。
  • Zn に成分ごとの和で群演算を入れたものに、順序を
    (a1, …, an) ≤ (b1, …, bn) ⇔ aibi (i = 1, …, n)
    で入れたもの(右辺は整数の通常の大小関係)は順序群の典型的な例である。
  • より一般に、順序群 G と勝手な集合 X に対し、X から G への写像全体の成す空間(配置空間GX は成分ごとの演算によりまた順序群になる。また、順序群 G の任意の(単に群としての)部分群G の順序をそこへ制限した順序に関して順序群を成す。

参考文献[編集]

  • M. Anderson and T. Feil, Lattice Ordered Groups: an Introduction, D. Reidel, 1988.
  • M. R. Darnel, The Theory of Lattice-Ordered Groups, Lecture Notes in Pure and Applied Mathematics 187, Marcel Dekker, 1995.
  • L. Fuchs, Partially Ordered Algebraic Systems, Pergamon Press, 1963.
  • A. M. W. Glass, Ordered Permutation Groups, London Math. Soc. Lecture Notes Series 55, Cambridge U. Press, 1981.
  • V. M. Kopytov and A. I. Kokorin (trans. by D. Louvish), Fully Ordered Groups, Halsted Press (John Wiley & Sons), 1974.
  • V. M. Kopytov and N. Ya. Medvedev, Right-ordered groups, Siberian School of Algebra and Logic, Consultants Bureau, 1996.
  • V. M. Kopytov and N. Ya. Medvedev, The Theory of Lattice-Ordered Groups, Mathematics and its Applications 307, Kluwer Academic Publishers, 1994.
  • R. B. Mura and A. Rhemtulla, Orderable groups, Lecture Notes in Pure and Applied Mathematics 27, Marcel Dekker, 1977.
  • T.S. Blyth, Lattices and Ordered Algebraic Structures, Springer, 2005, ISBN 1-85233-905-5, chap. 9.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]