順子/涙のセレナーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
順子/涙のセレナーデ
長渕剛シングル
収録アルバム 逆流
リリース 1980年6月5日
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
フォークソング
歌謡曲
時間 3分03秒/4分00秒
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
春待気流
1980年
順子/涙のセレナーデ」
(1980年)
ヒロイン
(1980年)
逆流 収録曲
A面
  1. 「風は南から」
  2. 「友への手紙」
  3. 順子
  4. 「素顔」
  5. 「男は女が必要さ」
B面
  1. 「あんたとあたいは数え唄」
  2. 「ひざまくら」
  3. 祈り
  4. 「酔待草(よいまちぐさ)」
  5. 「逆流」
テンプレートを表示

順子/涙のセレナーデ」(じゅんこ/なみだのセレナーデ)は、日本のミュージシャンである長渕剛の5枚目のシングル曲である。

背景[編集]

元々はアルバム『逆流』(1979年)に収録されていた曲であった「順子」だが、有線放送で人気に火が付き、連続1位を獲得。また、レコード会社に「シングルにしてほしい」という要望が多数寄せられたため、後にストリングス等のリミックスが施された形でシングルカットされた。長渕本人にとってはあくまでアルバム中の1曲であり、自らの代表曲として捉えられたくないためシングルカットを半年遅らせた経緯がある。これは、「半年間で全国をツアーで回り、その間に自身の存在と音楽性を確立してからリリースすべきだ」との本人の考えがあったからである[1]

リリース[編集]

1980年6月5日東芝EMI/エキスプレスより7インチレコードでリリースされた。

形式上は「涙のセレナーデ」との両A面シングルとして発売されている。

シングル売上はミリオンセラーを記録し[2]、大ヒットとなった。

プロモーション[編集]

当時大ヒットしたことにより、テレビの音楽番組から出演依頼が殺到したが、長渕はテレビ出演に否定的だったため、出演を断っていた。しかし、身体障害者のファンから送られた「ライブ会場に行くことができない」というファンレターを読み、出演を決意[3]。1980年7月31日に『ザ・ベストテン』(TBS系列)にて初出演を果たした。その際、なるべく普段のライブに近い形で演奏するため、1分間MCを行い、アコースティックギター1本で演奏した。また翌週の8月7日には本人も出演する「HOT JAM'80」の会場(静岡の日本平)からの中継で出演し、集まっていた他の出演歌手が演奏に合わせて手拍子を始めたとたん、長渕は演奏を途中でやめ「これは失恋の歌なんで、手拍子は勘弁願いたい」とたしなめ、もう一度初めから演奏し直すという一幕もあった。生放送でオンエアされたこの流れは、当時のコンサートでもたびたび会場の客と行われていた、一種のネタでもある。

ライブ・パフォーマンス[編集]

当時のライブではギター1本のみで演奏された。また、石野真子と付き合っていた当時、観客の中にいた石野を意識し、「順子」の部分を「真子」に置き換えて歌ったことがある[4]

しかし、後にこの曲はライブでは一切演奏されなくなっていく。その理由として、後にベストアルバム『FROM T.N.』(1983年)の中で、自分の曲が自身から切り離されていくという複雑な心境を語っている。 テレビ番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年、TBS系列)に「SUPER STAR」(1986年)で出演した際も、「ヒット曲は一生その人を苦しめる」という植木等の言葉を借り、「順子」に関して「今のステージングからは外れている」と語っている。また、ベストアルバム『いつかの少年』(1994年)においても、「順子の長渕」というレッテルを貼られ、克服するまでには10年掛かったと当時の苦しい心境を語っている。

そのため、ライブにおいても長らく演奏されていなかったが、1992年の東京ドーム公演にて久しぶりに演奏された。その音源は『いつかの少年』に収録されている。

ライブ版[編集]

  • ライブ音源
  • ライブ映像
    • 『LIVE'92 "JAPAN" IN TOKYO DOME』(1992年)
    • 『SAKURAJIMA』(2004年)
    • 『30th Anniversary BOX from TSUYOSHI NAGABUCHI PREMIUM』(2010年)
  • テレビ出演
    • 音楽番組『ザ・ベストテン』(1980年、TBS系列) - 1980年7月31日、8月7日放送。

カバー[編集]

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲: 長渕剛、全編曲: 瀬尾一三

# タイトル 時間
1. 順子」   3:03
2. 涙のセレナーデ」   4:00

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢吹光 「第2章 対決!両雄黄金の経歴」『長渕剛 VS 桑田佳祐』 三一書房1995年3月31日、100頁。ISBN 9784380952227
  2. ^ 富澤一誠 『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』 ヤマハミュージックメディア、2007年、572 - 573頁。ISBN 9784636825480
  3. ^ 長渕剛 「レコードとコンサート・・・・・・日本中を走り続けた日々」『俺らの旅はハイウェイ』 八曜社、1981年、247 - 250頁。ISBN 9784827000573
  4. ^ 矢吹光 「第2章 対決!両雄黄金の経歴」『長渕剛 VS 桑田佳祐』 三一書房、1995年3月31日、102頁。ISBN 9784380952227

外部リンク[編集]