頃王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頃王
19王
王朝
在位期間 前618年 - 前613年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫壬臣
生年 不詳
没年 前613年
襄王

頃王(けいおう)は周朝の第19代王。襄王の子。

父王の薨去により王位を継承したが、周王室の財政は貧窮を極めており、父王の葬儀が行えないほどであった。頃王は一族の毛伯衛藩屏であるに派遣して財政援助を請い、魯の文公の支援により襄王の葬儀を行うことができた。

子の姫班(匡王)がその後を継いだが、子がなかったので匡王の弟・姫瑜(定王)がその後を継いだ。