音撃戦士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音撃戦士(おんげきせんし)とは、特撮番組『仮面ライダー響鬼』において魔化魍と呼ばれる怪物から人々を守る戦士。劇中では主に(おに)[1]と呼ばれる。

ここでは、音撃戦士たちが使用するディスクアニマルについても記述する。劇場版に登場する音撃戦士は劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼を、『仮面ライダーディケイド』に登場する「響鬼の世界」の音撃戦士は仮面ライダーディケイドをそれぞれ参照。

基本設定[編集]

音撃戦士
修行によって心身を鍛え、「鬼」と呼ばれる戦闘形態への変身能力を体得した戦士。使用する音撃武器の系統によって幾つかに分かれており(作中では太鼓の鬼、管の鬼、弦の鬼の3系統が存在)、それぞれ戦法の得手不得手が異なる。
音撃戦士のデータ
  • 身の丈:(身長)
  • 目方:(体重)
  • 強力:(腕力)
  • 早がけ:(平地を走る速さ)
  • 遠がけ:(持久力)
  • 飛跳力:(ジャンプ力)
  • 打撃力:(パンチ力)
  • 蹴力:(キック力)
音撃戦士の装備・能力
変身
音撃戦士は変身道具を鳴らして発せられる特殊な音波を頭部から浴びることによって、額に鬼面の紋章が浮かび、自らが司る属性の力を纏い「鬼」に姿を変える。その際には着ていた衣服が燃やされたり、切り裂かれたりで失われ、変身後は気力で維持していないと全裸になってしまう。加えて変身には精神力や気力を多大に消耗するため、それに耐えられる程度には鍛えていないと変身はできない。
本編で確認された変身道具は音叉、鬼笛(ホイッスル)、鬼弦(リストバンド+)の3種類。
戦闘手段
鬼に変身した音撃戦士は、超人的な身体能力や自然の力を操る術を駆使して戦う。それらは鬼闘術鬼幻術[2]といい、太鼓の鬼が音撃棒で繰り出す技は鬼棒術となっている。肉体の治癒力も強化されており、多少の傷は気を込めることで塞げる。
音撃武器
鬼が魔化魍の退治のために使用する、楽器の形を模した武器。演奏するようにして「清めの音」を放つ。和太鼓(音撃鼓)と(音撃棒)・管楽器(音撃管)・弦楽器(音撃弦)など様々なタイプがある。「清めの音」の攻撃を総称して「音撃」と称している。また、複数の音撃を共鳴させることで威力を高めることもできる。
装備帯
変身時の力を受けて変化する呪術が施された、鬼の腰に巻かれたベルト。変身前後共に腰の右側には音叉や鬼笛など手に持って使う変身道具、左側にはディスクアニマルを携行する。
ふんどしまわしのような形状でバックル部には音撃鼓・音撃鳴・音撃震といった音撃武器のパーツが装備されていて、背面には音撃棒を着装する。
音撃管・音撃弦など複雑な構造の物は縮小できないため、常に本来の大きさのままで持ち歩く。
猛士と音撃戦士
現代における鬼は、その活動を補佐する組織「猛士」に所属して活動している。劇中で登場する関東支部には11人の鬼が所属し、シフト制で任務に当たっている。また鬼として一人立ちした者はいずれも鬼としてのコードネームを与えられ、以後は内外問わず本名の代わりにその名前で通す事になる。

主に登場する音撃戦士[編集]

仮面ライダー響鬼[編集]

ヒビキが変身する鬼。頭部の角は通常形態と「紅」が銀色の二本、「装甲響鬼」が金色で少し大きなものになる。和太鼓の音撃武器で戦う音撃戦士であり、数多くの音撃打を身に付けている。の属性を備え、炎を活かした鬼幻術・鬼棒術を多用する。太鼓・管・弦のいずれも習得しているため、臨機応変に対応可能なマルチプレイヤーである。

形態
通常形態
  • 身の丈:7尺3寸(約222cm)
  • 目方:41貫(約156kg)
  • 強力:600人力(目方1600貫=約6tの物を持ち上げられる)
  • 早がけ:1町=360尺(100m)を約3秒で走る
  • 遠がけ:一日で25里(100km)を駆ける
  • 飛跳力:ひと跳び約41間(75m)
  • 打撃力:火事場の馬鹿力的最大時5333貫(約20t)
  • 蹴力:火事場の馬鹿力的最大時10666貫(約40t)
基本形態。顔面の隈取・腕の色はで、体色はマジョーラアンドロメダⅡ[3]
響鬼 紅(ヒビキくれない)
  • 身の丈:7尺3寸(約222cm)
  • 目方:41貫(約156kg)
  • 強力:700人力(目方1866貫667匁=約7tの物を持ち上げられる)
  • 早がけ:1町=360尺(100m)を約2秒で走る
  • 飛跳力:ひと跳び約49.5間(90m)
  • 打撃力:火事場の馬鹿力的最大時8000貫(約30t)
  • 蹴力:火事場の馬鹿力的最大時13333貫(約50t)
炎の気を極限まで高め、全身を真紅に染めた響鬼の強化形態。ヒビキは毎年夏の時期に体を鍛え直して「紅」への変身能力を取り戻し、「夏の魔化魍」との戦闘に備える。変身時には赤い煙が身体から噴出し、次に赤い炎が身を包んで二段変身する。この姿は全身の筋肉を極限まで酷使するため、維持できるのは一時間程度である。
装甲響鬼(アームドヒビキ)
  • 身の丈:7尺7寸(約233cm)
  • 目方:44.8貫(約168kg)
  • 強力:800人力(目方2133貫=約8tの物を持ち上げられる)
  • 早がけ:1町=360尺(100m)を約1秒で走る
  • 飛跳力:ひと跳び約55間(100m)
  • 打撃力:火事場の馬鹿力的最大時10666貫(約40t)
  • 蹴力:火事場の馬鹿力的最大時21332貫(約80t)
音撃増幅剣 装甲声刃を用いて強化変身した響鬼の最強形態。体色はを基本として装甲は赤、胸は金色。「響鬼、装甲!」の掛け声と共に一度赤い炎が身を包み響鬼紅のような姿となり、何体ものディスクアニマルが身体に纏わり装甲へと変化・最後に金色の茜鷹が胸部装甲として装着され、額の紋章に「甲」の字型の装甲が装着される。通常は響鬼の状態から装甲声刃を用いて強化変身するが、最終之巻のみ装甲声刃を用いずに生身から直接変身している。装甲声刃を用いた強力な音撃を使用可能で、身体・戦闘能力も従来の形態を上回っており、スーパー姫、スーパー童子を圧倒する程、日本全国の鬼の中でも最強の力を誇る。
装備
変身音叉 音角(へんしんおんさ おんかく)[4]
ヒビキの変身道具。折り畳まれた本体を展開させ、打ち付けて鳴らすことでヒビキは紫色の炎に包まれ、鬼(通常形態)に変わる。
音撃棒 烈火(おんげきぼう れっか)
響鬼の音撃武器。先端は精錬された赤い鬼石で出来ており、基部はヒビキ自らが神木で作っており、赤く塗装されている。通常戦闘では打撃武器として使い、音撃打発動の際は撥(バチ)として使う。二本一組で左手用が「阿」、右手用が「吽」と呼ばれる。
音撃鼓 火炎鼓(おんげきこ かえんつづみ)
音撃を叩き込む際に使用する太鼓。普段は装備帯のバックルに装着しているが、魔化魍の体に貼り付ける事で巨大に展開する。約30回の連打で大抵の魔化魍を倒せるとされる。
音撃鼓 爆裂火炎鼓(ばくれつかえんつづみ)
みどりが新開発した改良型の火炎鼓。従来より重いが、僅かな連打で魔化魍を倒す事が可能。通常の音撃鼓と異なり使い捨てである。
音撃増幅剣 装甲声刃(おんげきぞうふくけん アームドセイバー)
小暮耕之助が新開発した剣型の音撃武器。刀身から発する特殊な波動で響鬼を装甲響鬼に変身させる他、ディスク形態のディスクアニマルを通す事でアームドディスクアニマルへと強化させる装置も備わっており、さらに剣撃モード音撃モードの2形態を使い分けることが可能。
ただしこの装備は当初は「波動が強すぎて人間の力では同調できない」との分析をされており、いわば失敗作であった。また扱いに失敗すると一定期間ではあるが変身能力を失ってしまうというデメリットがあり、ダンキ・ショウキ・トドロキ・そしてヒビキ自身も被害に遭っている。
一時はスーパー童子の手によって奪われ、波動を押さえる処置をされている。その後奪い返す事でヒビキの手に戻り、変身が成功している。公式サイトでは「特訓を経たヒビキはこの波動と適合し、装甲響鬼に変身する事ができた。」とある。
劇場版では過去の明日夢の兄・猛士の遺した刀が変化した物となっている。
剣撃モード
通常時の形態。鋭利な刀身は、音叉剣以上の斬れ味を発揮し、炎のエネルギーを纏わせて斬撃を放つことも可能。
音撃モード
鈎状となっている鍔を180度折り畳む事でスピーカーが露出して使用する音撃発動形態。刀身後部のマイクに発した自らの気合を込めた声を増幅し、「清めの音」に変化させて放つことが可能。
鬼幻術 鬼火(きげんじゅつ おにび)
口を開き、紫色の炎を吐き出す技。怪童子・妖姫への止めとして用いる事が多い。
鬼闘術 鬼爪(きとうじゅつ おにづめ)
手の甲から鋭い爪を生やす技。主に怪童子・妖姫への奇襲に用いる。
鬼棒術 烈火弾(きぼうじゅつ れっかだん)
音撃棒の先端の鬼石から火炎弾を放つ技。
鬼棒術 烈火剣(きぼうじゅつ れっかけん)
音撃棒の先端の鬼石に炎の気を収束させ、炎の剣を作り出す技。終盤ではヒビキが生身でこの技を使用するシーンもある。
音撃
括弧内は使用形態。
音撃打(おんげきだ)
太鼓の鬼の必殺音撃。展開させた音撃鼓を音撃棒で連打する事によって「清めの音」を叩き込む。
音撃打 火炎連打(かえんれんだ)(通常・装甲響鬼)
左右の音撃棒で交互に音撃鼓を叩く基本的な型。連打の名の如く、早い連打をする形。比較的小型の魔化魍を素早く倒す事に長けている。
音撃打 一気火勢(いっきかせい)(通常)
上に振り上げた左右の音撃棒で同時に音撃鼓を叩く型。
音撃打 猛火怒濤(もうかどとう)(通常)
音撃棒を高く振り上げながら左右交互に音撃鼓を叩く型。火炎連打よりは打数が少ないが、テンポが整っている。
音撃打 豪火連舞(ごうかれんぶ)(通常)
火炎連打・一気火勢・猛火怒涛の三種類を複合させた型で、響鬼の最強の音撃打。動作としては右・両方・左…という叩き方になる。
音撃打 爆裂強打(ばくれつきょうだ)(通常)
爆裂火炎鼓を用いた技。横に構えた二本の音撃棒で爆裂火炎鼓を叩き、「清めの音」を一気に叩き込む。他と違って連打せず、一撃で仕留めている。
音撃打 灼熱真紅(しゃくねつしんく)(響鬼紅)
等身大の「夏の魔化魍」に対して有効な技。音撃鼓を使わず、音撃棒で一撃するだけで「清めの音」を叩き込むことができる。
音撃打 爆裂真紅(ばくれつしんく)(響鬼紅)
爆裂火炎鼓を用いた技。型としては火炎連打と同様にかなりの連打をする。
音撃刃 鬼神覚声(おんげきは きしんかくせい)(装甲響鬼)
「鬼神覚声!」の発声と共に装甲響鬼の声を装甲声刃で増幅し、音撃波として魔化魍にぶつける最強の音撃。初期は音撃の波動を放つのみであったが、途中からは音撃の波動を三日月状の刃に変化させて魔化魍を斬る技へと強化された。
移動手段
不知火(しらぬい)
  • ベース車種:ホンダ・エレメント
  • ボディカラー
    • 上部:サテンシルバー・メタリック
    • 下部:ショアラインベージュ・メタリック
  • 全長:4300mm
  • 全幅:1815mm
  • 全高:1790mm
  • 総排気量:2,354cc(K24A型水冷直列4気筒DOHC i-VTECエンジン)
  • 最高出力:160PS/5,500rpm
  • 最高時速:200km/h
ヒビキが魔化魍退治の際に主に使用する四輪駆動車。足場が悪い山道でも難なく走行が可能。移動だけでなく、野営道具を運搬する役割も持っている。当初ヒビキ自身は車の運転が得意でなく、主に香須実がドライバーを務め、日菜佳が代行した事もあったが、その後は乗りこなす。吉野の本部から支給されているので奈良ナンバーのプレートである。
凱火(がいか)
  • ベース車種:ホンダ・ワルキューレルーン
  • 全長:2560mm
  • 全幅:920mm
  • 全高:1090mm
  • タイヤ幅:150mm(前輪)・180mm(後輪)
  • 排気量:1832cc
  • 最高時速:240km/h
バイクの腕前を鍛え直したヒビキに、吉野の猛士本部から与えられた専用バイク。特別遊撃班としてサポーターを伴わない単独移動を想定して支給された。後に野営道具も搭載可能になる。

仮面ライダー威吹鬼[編集]

  • 身の丈:6尺9寸(約210cm)
  • 目方:37.3貫(約140kg)
  • 強力:500人力(目方1333貫=約5tの物を持ち上げられる)
  • 早がけ:1町=360尺(100m)を約2.5秒で走る
  • 遠がけ:一日で20里(80km)を駆ける
  • 飛跳力:ひと跳び約44間(80m)
  • 打撃力:火事場の馬鹿力的最大時4000貫(約15t)
  • 蹴力:火事場の馬鹿力的最大時8000貫(約30t)

イブキが変身する鬼。トランペット型の音撃管で戦う音撃戦士。顔面の隈取・腕の色はで、体色は。頭部の角は金色が三本。の属性を備え、蹴り技を得意とする。「夏の魔化魍」に対して音撃棒で戦う事にも習熟している。

装備
変身鬼笛 音笛(へんしんおにぶえ おんてき)
イブキの変身道具。折り畳まれた角を起こした状態で吹き、青い風を纏いイブキは鬼に変わる。
音撃管 烈風(おんげきかん れっぷう)
威吹鬼の音撃武器。ベルとマウスピースを取り除いたトランペットを模した銃の形状をしている。銃撃モードと音撃モードの2形態をとる。
銃撃モード
通常時の銃形態。トリガーを引いて怪童子や妖姫を倒せるほど高い威力を誇る圧縮空気弾を3点バーストで射出し、ピストンバルブを操作して赤い鬼石も撃ち出す。
音撃モード
トランペットの形状をした音撃発動形態。銃口の斜め下に装備されているマウスピースを本体後部に、鳴風を銃口にそれぞれ取り付けることで変形する。
音撃鳴 鳴風(おんげきめい なるかぜ)
烈風の銃口に取り付けて展開することで、ベル部分となるパーツ。普段は装備帯のバックルに装着している。
音撃棒 山背風(やませ)
「夏の魔化魍」と戦う際に使用する音撃棒。鬼石の色は青。この他、終盤では響鬼の「烈火」を借り受けて戦った事もある。
鬼闘術 鬼爪
響鬼と同様の技。
鬼闘術 旋風刃(せんぷうじん)
手刀・蹴りに真空の刃を纏わせ敵を切り裂く。格闘戦では頼りにしている技であり、魔化魍の部分的破壊から、童子・姫相手のとどめに用いる。
音撃
音撃射 疾風一閃(おんげきしゃ しっぷういっせん)
威吹鬼の必殺音撃。音撃モードに変形させた烈風を吹き鳴らし、魔化魍の体に撃ち込まれた鬼石に「清めの音」を共鳴させることで内部から破壊する。
終盤では一時的に烈風を借り受け、響鬼がこの技を使用した事もある。
移動手段
竜巻(たつまき)
  • ベース車種:ホンダ・シャドウ750CC
  • 全長:2510mm
  • 全幅:940mm
  • 全高:1090mm
  • 排気量:745cc
  • 最高時速:210km/h
イブキが移動手段として使用する専用バイクがベース。後部座席にはあきらを乗せて移動する。バイク好きなイブキ自身がカスタマイズした。車体後部上面には野営道具が、後部両側面には烈風(右側)・ディスクアニマル(左側)がそれぞれ積載されたバッグが取り付けられている。十之巻で響鬼が運転し、威吹鬼が後部座席に乗ってオトロシを攻撃した後に、響鬼の運転ミスで資材置き場に激突し、中破した事もあった。また魔化魍退治以外の時は、竜巻とは別のバイク(ホンダ・シャドウ400cc・ホンダ・フォルツァ)に乗っている。

仮面ライダー轟鬼[編集]

  • 身の丈:7尺(約212cm)
  • 目方:42貫(約157kg)
  • 強力:650人力(目方1733貫=約6.5tの物を持ち上げられる)
  • 早がけ:1町=360尺(100m)を約5秒で走る
  • 遠がけ:一日で18里(72km)を駆ける
  • 飛跳力:ひと跳び約38間(69m)
  • 打撃力:火事場の馬鹿力的最大時8000貫(約30t)
  • 蹴力:火事場の馬鹿力的最大時10666貫(約40t)

トドロキが変身する鬼。ギター型の音撃弦で戦う音撃戦士。顔面の隈取・腕の色は銀色で、体色は深緑。頭部の角は銀色が一本。鬼の姿は隈取・腕の色と体色も異なる(轟鬼は銀色、斬鬼は銅色)のみで、それ以外は斬鬼とほぼ同一である。の属性を持ち、パンチ技を生かした肉弾戦を得意とする。 初登場時は正式な鬼ではなく、斬鬼の弟子として登場(その際は装備帯に音撃震ではなく「零式(ぜろしき)」と呼ばれる練習用音撃震が着装されており、呼称も戸田山変身体であった)。 本来ならば一人前となった時に師匠の「斬鬼」の名前を受け継ぐはずだったのだが、「斬鬼さんには斬鬼さんのままで居て欲しい」と固辞し、新たに命名された「轟鬼」を名乗ることとなる。

装備
変身鬼弦 音錠(へんしんきげん おんじょう)
トドロキの変身道具。左手首に付けて使用する。取り付けられている鎖を下に引くことで鬼の顔が付いたカバーが開いて小さな弦が現れ、これを爪弾くことでトドロキは落雷を浴び鬼に変わる。その雷は攻撃に転用することも可能。
音撃弦 烈雷(おんげきげん れつらい)
轟鬼の音撃武器。剣撃モードと音撃モードの2形態をとる。切っ先とボディの間に赤い鬼石が埋め込まれている。烈雷は歴代の鬼に受け継がれてきた希代の音撃武器とされ、轟鬼が一人立ちする際に斬鬼から受け継いだ。斬鬼は烈雷を順手持ちで持っていたが、轟鬼は「俺を真似るな、自分流で行け!」という斬鬼からの激励を受けて逆手持ちで使っている。ベースカラーは銀と緑。
剣撃モード
通常時の大剣形態。持ち手となるネックを保持し、剣戟・刺突・投擲に使用する。鋭利な刃は、巨大な魔化魍の身体をも斬り裂き、貫く程の攻撃力を発揮する。
音撃モード
エレキギターの形状の音撃発動形態。音撃震を装着してボディ(剣撃モードの刃部分)を展開し、変形する。
音撃震 雷轟(おんげきしん らいごう)
音撃弦のピックアップ部分。枕型の板に六本の赤い弦が張られた黒いボディに、緑の縁取りがなされている。普段は装備帯のバックルに装着している。
音撃棒 落雷(らくらい)
「夏の魔化魍」と戦う際に使用する音撃棒。鬼石の色は緑。以前は斬鬼が使っていたものである。
鬼闘術 雷撃拳(らいげきけん)
拳に雷の気を纏わせ、パンチを繰り出す技。この他、足に雷を纏わせてキックする技もある。
音撃
音撃斬 雷電激震(おんげきざん らいでんげきしん)
轟鬼が師匠斬鬼から教わった直伝の必殺音撃。音撃斬の形から後ろ向きで烈雷を魔化魍に突き刺した状態で雷轟を爪弾き、「清めの音」を切っ先とボディの間の鬼石に共鳴させて魔化魍の体内に直接流し込む。
斬鬼は順手持ちなので烈雷をそのまま相手に突き刺してから音撃斬の形に入るが、轟鬼は未熟なためか隙が大きく、振り払われていた。そこで烈雷を逆手持ちにし、音撃斬の形にしてから、後ろ向きで相手に烈雷を突き刺すというモーションにしている。
移動手段
雷神(らいじん)
  • ベース車種:ホンダ・エレメント
  • ボディカラー
    • 上部:サテンシルバー・メタリック
    • 下部:ガラパゴスグリーン・メタリック
ヒビキの不知火と同じエレメントの色違い。ドライバーはトドロキが務め、助手席にザンキが乗る。支給された際に手違いで赤色であったのを塗りなおした為、車両内側部分に赤が残っている。

仮面ライダー斬鬼[編集]

  • 身の丈:6尺9寸(約210cm)
  • 目方:43貫(約161kg)

ザンキが変身する鬼。ギター型の音撃弦で戦う音撃戦士。顔面の隈取・腕の色は銅色で、体色は深緑。頭部の角は銅色が一本。雷属性を持つ。トドロキの師匠で武器の構え方は轟鬼と異なり順手。また、復活後は傷の残る右膝に黄金狼を装着し、保護すると同時に負担を減らしている。

装備
変身鬼弦 音枷(おんか)
ザンキの変身道具。構造は轟鬼の音錠と同様だが、弦の色が異なる。
音撃弦 烈雷(れつらい)
斬鬼が引退前に使用していた音撃武器で、「音撃震 雷轟」と共に弟子の轟鬼に受け継がれた。斬鬼が使用していた頃には弦の色が金だったが、轟鬼に受け継がれてからは赤の弦に張り替えられている。
音撃真弦 烈斬(おんげきしんげん れつざん)
復帰した斬鬼が新たに使用する音撃武器。代々受け継がれてきた烈雷に対し、こちらは現代技術を集めたハイテクツールである。烈雷と同様に剣撃モードと音撃モードの2形態をとるが、鋸状の切っ先部分、黒と赤のベースカラー、切っ先とボディの間に埋め込まれている鬼石の色がそれぞれ異なる。
斬鬼が死亡した後は轟鬼が二刀流で使用し、音撃斬までも放ったことがある。
剣撃モード
通常時の大剣形態。使用用途は烈雷と同様だが、超振動機能を内蔵した切っ先部分は魔化魍の強固な外皮を破りやすくできている。
音撃モード
エレキギターの形状の音撃発動形態。斬撤を装着して、烈雷と同様にボディ(剣撃モードの刃部分)を展開し、変形する。
音撃震 斬撤(ざんてつ)
烈斬に対応する音撃震。黒いボディに金の縁取りがなされており、中央は赤い三つ巴が施されている。弦の色は金。普段は装備帯のバックルに装着している。
鬼闘術 雷撃拳(らいげきけん)
轟鬼に伝授した技。
音撃斬 雷電激震(らいでんげきしん)
轟鬼に伝授した技。轟鬼の場合と異なり、斬鬼は烈雷を爪で一度弾くだけで「清めの音」を放つことができる。轟鬼と斬鬼は持ち方と必殺技を放つモーションも逆である。
音撃斬 雷電斬震(らいでんざんしん)
復帰後の斬鬼が新たに使用する音撃技。技の過程は「雷電激震」と同様。
順手持ちの状態から烈斬をそのまま相手に突き刺してから音撃斬の形にして斬撤を爪で一度弾き、「清めの音」を切っ先とボディの間の鬼石に共鳴させて魔化魍の体内に直接送り込む。威力は「雷電激震」より強力。
なお、「雷電斬震」は複数の標的に使用することが可能であり、烈斬を一直線に存在する2体以上の相手に突き刺すことで「清めの音」を送りつけることが可能。

ゲスト登場の音撃戦士[編集]

仮面ライダー弾鬼[編集]

  • 身の丈:6尺9寸(約210cm)
  • 目方:39貫(約146kg)

ダンキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は青で、体色は黒。頭部の角は金色が一本。属性を持つ。跳躍力と素早さを活かした接近戦を得意とする。

人物
名称はダンキで、設定年齢26歳。本名は段田大輔(だんだ だいすけ)山形県出身。猛士関東支部11人の「鬼」の一人。眼鏡をしている。性格は短気かつ大雑把で、ヒビキ以上に機械オンチで携帯電話すら持っておらず、鬼達の連絡手段であるPCの故障にも無頓着で、「たちばな」への連絡は公衆電話を使っていた。表面では生意気なことを口走っていても、太鼓の鬼としての先輩・響鬼を慕い尊敬している。
小暮に装甲声刃の実験台にされた際、ショウキと共に結果変身不能になってしまい、一ヵ月後に変身能力を取り戻す。ショウキとは親友であるが「たちばな」に揃って顔を出すのは珍しいらしい。
装備
変身音叉 音角(おんかく)
ダンキの変身道具。構造は響鬼の音角と同様。
音撃棒 那智黒(なちぐろ)
バチの部分は青、グリップ部分は白で先端の鬼石は赤。
音撃鼓 御影盤(みかげばん)
青い縁取りがなされている。
音撃
音撃打 破砕細石(はさいさざれいし)
劇中未使用。
十二之巻でみどりが見せた名簿の中に「粉骨砕身(ふんこつさいしん)」の記載も見られる。

仮面ライダー裁鬼[編集]

  • 身の丈:7尺3寸(約221cm)
  • 目方:44貫(約165kg)

サバキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は赤で、体色は黒。頭部の角は赤色が四本。属性を持つ。裁鬼の音撃弦・閻魔は撮影時轟鬼の烈雷がそのまま使用されている。

人物
名称はサバキ。設定年齢37歳(※33、34と紹介されている場合もあるが十二之巻でみどりが鬼の名簿を明日夢に見せたときに生年月日が1968年になっている)で、本名は佐伯栄(さえき さかえ)。猛士関東支部11人の「鬼」の一人。現在の関東における最年長の鬼で、太鼓・管の武器もこなすが、劇中では入院したザンキに代わって戦い続けていたため疲労で苦戦・敗北することが多い。ザンキとは弦の腕を競い合う仲。石割というサポーターがいる。
装備
変身鬼弦 音錠(おんじょう)
サバキの変身道具。構造はバンキの音錠と同様だが、中の色が異なる。中の色は赤で弦の色は金。
音撃弦 閻魔(えんま)
中のボディが左サイドがギザギザになっているのと左サイドの模様も普通の音撃弦と異なる。鬼石は黒。弦の色は金。轟鬼の烈雷を改良したもの。ベースカラーは銀と赤。
音撃震 極楽(ごくらく)
黒いボディに赤の縁取りがなされている。弦の色は金。
音撃棒 笏拍子(しゃくびょうし)
バチの部分は黒、グリップ部分は黒で先端の鬼石は深紅。
小型音撃弦
裁鬼専用に開発された小型の音撃弦。弦使い最大の弱点であるスピードの遅さを克服するというコンセプトで開発された。デザインは斬鬼の烈斬、轟鬼の烈雷を全くディテールをそのままに小型化したものである。烈斬タイプは刃が金色、鬼石は黄色と烈雷タイプは刃が銀色、鬼石は赤のものを所有している。
音撃
音撃斬 閻魔裁き(えんまさばき)
劇中未使用。

仮面ライダー鋭鬼[編集]

  • 身の丈:5尺6寸(約170cm)
  • 目方:35貫(約140kg)

エイキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は青緑で、体色は茶色。頭部の角は金色が一本と青緑色が二本。関東十一鬼の中では最も小柄で、十一鬼並んだ時も皆より一回り小さく身軽で俊敏である。炎属性を持つ。

人物
名称はエイキで、猛士関東支部11人の「鬼」の一人。サポーターは持たず単独で行動する28歳。駄洒落好きな性格。素顔を見せる事は無かった。
装備
変身音叉 音角(おんかく)
エイキの変身道具。構造は響鬼の音角と同様。
音撃棒 緑勝(ろくしょう)
バチの部分は青緑グリップ部分はオレンジで頭の部分の鬼石は半透明。炎は緑色。
音撃鼓 白緑(はくりょく)
青緑の縁取りがなされている。
音撃
音撃打 必殺必中(ひっさつひっちゅう)

仮面ライダー朱鬼[編集]

  • 身の丈:5尺6寸(約170cm)
  • 目方:34貫(約127.5kg)

シュキが変身する鬼。顔面の隈取は金色、腕の色はで、体色は赤。ハープ形の特殊な音撃武器を使う。他の鬼と違い、額の鬼面が肥大化し顔全体を覆うデザインとなっている(一部では復讐に心奪われ、鬼の心が肥大化したことを表したのではないかといわれている)。

人物
女性の鬼で斬鬼の元師匠、呼称はシュキ。ノツゴに肉親を殺された事が鬼になったきっかけだが、その戦いは憎しみを力の支えとするものであり、かつて斬鬼を巻き添えにノツゴを攻撃した事により猛士を追放された。見た目は30代前後だが、実際は老齢(ザンキによると「戸田山の祖母よりもずっと年上」とのこと)であり、呪術で若い姿を保っていた。その呪術によって花を式神に変える能力を持っており、斬鬼にも返魂の術等を授けていた。
猛士追放後は華道教室を開いて生活していたが、ノツゴの出現を察知し、吉野の鬼舞神社に保管されていた「鬼の鎧」を強奪、変身鬼弦を狙って裁鬼を襲った。変身鬼弦を奪うことは失敗したが、後に轟鬼の音錠を奪って鬼への変身を果たす。一方、スーパー童子達やノツゴに戦いを挑んで川に落下したあきらを救った。
最期は自分ごとノツゴの口に鬼太樂で攻撃したことが致命傷となる。息を引き取る間際のシュキは「死に顔を誰にも見られたくない」とザンキに頼み、ザンキは彼女の体を隠す位にたくさんの花を捧げた。
本名を「品川栞」とする記述が見られるが[5]、公式媒体からシュキの本名がアナウンスされたことはなく、初出は不明。
装備
鬼の鎧
吉野の鬼舞神社で保管されていた猛士の武具。人間が着用すると鬼に近い能力を発揮でき、鬼の人数が足りない時代に用いられたと伝えられる。朱鬼が強奪し用いたが、ザンキの黄金狼に破壊された。デザインのモデルは『変身忍者嵐』。
音撃弦 鬼太樂(きたら)
ハープ型の音撃武器。他の鬼の武器とは異なり、使用時のみ呪術によって召喚する。弦を奏でることで音撃の波動を放つことができ、攻撃・防御ともに用いる。
音撃
音撃奏 震天動地(おんげきそう しんてんどうち)
鬼太樂を奏で、矢のように圧縮した「清めの音」を魔化魍に放つ必殺音撃。

あきら変身体[編集]

イブキの危機を救うため、一度だけあきらが変身したもの。鬼の音撃属性を示す胸部プロテクターは着装されていない。バックルには練習用の音撃鳴が装着されている[6]。全容は不明瞭なカメラアングルで映されており、映像ではマスクの形状や腹部の詳細は判別不能だが、2013年の『THE 仮面ライダー SUMMER』で全身像が公開された[7]。 『仮面ライダーディケイド』に登場する「仮面ライダー天鬼(あまき)」とは、デザインが異なる。

京介変身体[編集]

  • 身の丈:5尺9寸(約180cm)
  • 目方:27貫(約101.2kg)

桐矢京介が鬼に変身した姿。銀色の体に頭部には金色の角を四本、紫の隈取と前腕というカラーリングをしている。体色は殉職した父親が着ることの多かった消防服のイメージが反映されたようで、鬼の中では非常に珍しい。装備帯には練習用の音撃棒と音撃鼓を携行している。よみうりランドのショーでは「強鬼(きょうき)」と名乗った。

後期OPのみ登場の音撃戦士[編集]

仮面ライダー剛鬼[編集]

  • 身の丈:7尺3寸(約222cm)
  • 目方:41貫(約156kg)

ゴウキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は青で、体色は濃い紺色。マスクは裁鬼タイプだが上段ではなく中段の角が長い。

人物
名称はゴウキで猛士関東支部11人の「鬼」の一人。設定年齢28歳。気は優しくて力持ちな性格で、口数は少ないが、心優しく仕事もきっちりとこなす。昨年はヒビキに次ぐ戦績を残している。サポーターを勤めていた女性と昨年結婚しており、新婚夫婦で活躍中。
装備
音撃棒 剛力(ごうりき)
音撃鼓 金剛(こんごう)
音撃
音撃打 剛腕無双(ごうわんむそう)
音撃打 爆裂乱打(ばくれつらんだ)

仮面ライダー勝鬼[編集]

  • 身の丈:6尺9寸(約210cm)
  • 目方:40貫(約150kg)

ショウキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色はで、体色は黒。マスクは弾鬼と同じ原型。

人物
名称はショウキ。管楽器の音撃武器を使う戦士。設定年齢は27歳。関東支部所属で、ダンキとともに小暮から装甲声刃を渡された際、使いこなせずに変身不能に陥ってしまった。明るく気さくなお調子者の青年であり、服装や身なりに無頓着で、冬でも薄着。ダンキとはウマが合うらしい。
装備
鉤爪・風牙(ふうが)
両腕に装備している鉤爪。
音撃管 台風(たいふう)
音撃鳴 風束(ふうそく)
音撃
音撃射 暴風一気(ぼうふういっき)

仮面ライダー闘鬼[編集]

  • 身の丈:6尺9寸(約210cm)
  • 目方:44貫(約165kg)

トウキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は濃いオレンジ色で、体色は黒。音撃管を使う鬼の中で彼だけ胸部のデザインが若干マイナーチェンジされている。マスクはベースが鋭鬼タイプで若干角が異なる。なお、漢字は異なるが読みが同名のライダー(凍鬼)が劇場版に登場している。

人物
名称はトウキ。猛士関東支部11人の「鬼」の一人。設定年齢33歳。豪放磊落にして大酒飲み、大食漢の豪快な男。妻と息子の3人暮らしで、妻をサポーター、息子を弟子とし、家族揃って活動している。
装備
音撃管 嵐(あらし)
音撃鳴 つむじ
音撃
音撃射 風神怒髪(ふうじんどはつ)

仮面ライダー蛮鬼[編集]

  • 身の丈:7尺3寸(約221cm)
  • 目方:37.3貫(約140kg)

バンキが変身する鬼。顔面の隈取・腕の色は黄色で、体色は黒。マスクのベースは響鬼タイプで造型は左右非対称で、左側の角のほうが長い。闇属性を持つ。

人物
名称はバンキ。裁鬼の元弟子。大学生。関東支部所属の11人の一人。設定年齢21歳。その名前とは裏腹に魔化魍や音撃の研究に余念がない知略家。責任感が強く、かつてザンキが怪我で倒れた時に、学業との両立のためにザンキ欠員の穴を埋められなかったことを悔やんでいる。同年代のイブキとはウマが合うらしく、休日はあきらを含めた3人で過ごすことも多い。
装備
音撃弦 刀弦響(とうげんきょう)
音撃震 地獄(じごく)
音撃
音撃斬 冥府魔道(めいふまどう)

戦国時代の音撃戦士[編集]

劇場版に登場する鬼。この時代では鬼の存在自体は周りに知れ渡っているが、人を捨てた存在として忌み嫌われている。なお、これらの鬼の形状は、各々の出身地の有名な芸能名跡動物、果ては現代におけるプロ野球チームイメージアニマルをモチーフとしてデザインされている。これらの鬼は宣伝時に“ご当地ラーメン”になぞらえ、ご当地ライダーなどと言われた。現代と違い、太鼓、管、弦の鬼全員が変身音叉で変身出来る。

※戦国時代の響鬼、威吹鬼、轟鬼についてはこちらを参照。

設定・名前のみ登場の音撃戦士[編集]

先代斬鬼
会話のみに登場。斬鬼の師であり、みどりによると、一時響鬼にも弦の技を伝授したが、響鬼は弦のセンスがあまりなかったらしく修行中はかなりもめたとの事。
山吹鬼(ヤマブキ)
ヒビキが所持する手帳に、名前のみ登場。
凱鬼(カチドキ)
東北支部所属の鬼で、ヤマビコを倒したことがある。ヒビキの会話の中に名前のみ登場。
吹雪鬼(フブキ)
物語前半のシフト表の中に名前のみ登場。名前以外の情報は劇中では明かされていない。物語後半のシフト表からは名前が消えており、雑誌記事などでは引退も示唆されている。
弦鬼(ゲンキ)
江戸時代の音撃弦の鬼。岐阜でバケガニ4体とアミキリを倒した。たちばなのパソコンにこの事に関する文献が登場。
暁鬼(アカツキ)
古文書に記載。一部雑誌では津村努を「暁鬼」と紹介するものもあったが、実際には関連が無かった。
導鬼(ミチビキ)
猛士総本部長(イブキの父)の現役時代のコードネーム。当時は立花勢地郎をサポーターに戦っていた。現在吉野にて最高幹部に位置し、猛士のリーダーを務めている。

ディスクアニマル[編集]

動物の魂を用いた音式神(おんしきがみ)。猛士本部の吉野で開発されており、元は折り紙状に変形する紙製の式神だったが、現在では直径125mmのCDのような円盤となっている。通常のサイズの他、「戦闘型」と呼ばれる別タイプも存在する。姿を透明にすることも可能。索敵や戦闘支援に活躍する。

同型の物が多数存在しておりケースに詰めて持ち運ばれる他、変身前後の鬼の左腰に数枚吊るされている。変身道具を使って命令を入力し、発する音に共鳴することによって動物形態に変形・起動(銀色から赤や青などの特定の色に変化)する。ケースに収められている物は一枚に命令を与えると戻した時に同じケースに入っている全てのディスクに伝わり、戻ってくる時は鬼が使っている変身道具が振動して報せる。

朱鬼は花びらを炎に変化させる式神を使用していた。

茜鷹(アカネタカ)
  • 翼長:230mm
  • 全高:115mm
  • 重量:41g
  • 最大飛行速度:時速240km
  • 連続稼働時間:51時間
  • 最大録音可能容量:46時間分
タカの魂が込められており、空中からの偵察任務を主として行う。翼がカッターにもなる。
瑠璃狼(ルリオオカミ)
  • 全長:160mm
  • 全高:90mm
  • 重量:50g
  • 最大走行速度:時速99km
  • 連続稼働時間:132時間
  • 最大録音可能容量:120時間分
オオカミの魂が込められた陸上用機種。あらゆる地形を難なく走破する。
緑大猿(リョクオオザル)
  • 全長:95mm
  • 全高:115mm
  • 重量:60g
  • 最大走行速度:時速60km
  • 連続稼働時間:90時間
  • 最大録画可能容量:20時間分
サルの魂が込められている。録画機能も持つ。ディスクアニマルの中では高い知能を有し、力も強い。
黄蘗蟹(キハダガニ)
  • 全長:50mm
  • 全高:40mm
  • 重量:65g
  • 最大走行速度:時速40km(水中16ノット)
  • 連続稼働時間:120時間
  • 最大録音可能容量:115時間分
カニの魂が込められているヒビキの専用機種で、水中での行動・録音が可能。右腕のハサミはドリルにもなり、攻撃に使用できる。
鈍色蛇(ニビイロヘビ)
  • 全長:700mm
  • 全高:150mm
  • 重量:50g
  • 最大走行速度:時速60km(水中20ノット)
  • 連続稼働時間:120時間
  • 最大録音可能容量:90時間分
ヘビの魂が込められており、水中での行動も可能。イブキ・あきらが標準装備として使用。
浅葱鷲(アサギワシ)
  • 翼長:230mm
  • 全高:115mm
  • 重量:51g
  • 最大飛行速度:時速290km
  • 連続稼働時間:66時間
  • 最大録音・録画可能容量:60時間分
ワシの魂が込められた茜鷹の後継機種。録画機能が付加されている。
黄赤獅子(キアカシシ)
  • 全長:150mm
  • 全高:85mm
  • 重量:55g
  • 最大走行速度:時速123km
  • 連続稼働時間:150時間
  • 最大録音・録画可能容量:140時間分
ライオンの魂が込められた瑠璃狼の後継機種。録画機能が付加されている。
青磁蛙(セイジガエル)
  • 全長:120mm
  • 全高:90mm
  • 重量:42g
  • 最大走行速度:時速55km(水中23ノット)
  • 連続稼働時間:132時間
  • 最大録音可能容量:120時間分
カエルの魂が込められており、水中での行動も可能。斬鬼・轟鬼の物と、裁鬼の物が確認されている。
黄金狼(コガネオオカミ)
  • 全長:160mm
  • 全高:90mm
  • 重量:40g
  • 最大走行速度:時速180km
  • 連続稼働時間:150時間
  • 最大録音可能容量:140時間分
オオカミの魂が込められた瑠璃狼の後継機種。トドロキのサポーターになったザンキのためにみどりが贈った。また斬鬼変身時には彼の負傷している右膝を保護する役目も果たす。

アームドディスクアニマル[編集]

響鬼が使用する装甲声刃の波動によって、強化されたディスクアニマル。体色は、全て赤銅色。

鋼鷹(ハガネタカ)
  • 翼長:230mm
  • 全高:115mm
  • 重量:41g
  • 最大飛行速度:時速480km
  • 連続稼働時間:51時間
  • 最大録音可能容量:46時間分
茜鷹の強化体。装甲響鬼のスピードを強化する機能を持つ。最大飛行速度が茜鷹の倍に向上。
兜大猿(カブトオオザル)
  • 全長:95mm
  • 全高:115mm
  • 重量:60g
  • 最大走行速度:時速120km
  • 連続稼働時間:90時間
  • 最大録画可能容量:20時間分
緑大猿の強化体。装甲響鬼のパワーを強化する機能を持つ。最大走行速度が緑大猿の倍に向上。
鎧蟹(ヨロイガニ)
  • 全長:50mm
  • 全高:40mm
  • 重量:65g
  • 最大走行速度:時速80km(水中32ノット)
  • 連続稼働時間:120時間
  • 最大録音可能容量:115時間分
黄蘗蟹の強化体。装甲響鬼の防御力を強化する機能を持つ。最大走行速度が黄蘗蟹の倍に向上。黄蘗蟹とは違って左のハサミが大きい。

脚注[編集]

  1. ^ 同義語として「戦鬼」(せんき。劇場版タイトル、幼児誌など)、「鬼戦士(オニ戦士)」(劇場版CMなど、「オニ戦士」表記は幼児誌)、「鬼超人」(幼児誌)などがある。他の仮面ライダーシリーズ作品における仮面ライダーに当たる存在だが、劇中でこの名が使われる事は無い。
  2. ^ 鬼法術と表記した書籍もある[要文献特定詳細情報]
  3. ^ マジョーラは後番組の『カブト』・『電王』でもスーツに採用された。
  4. ^ 現在主演の細川茂樹と『ハンチョウ〜神南署安積班〜』で共演したお笑いコンビの「ドランクドラゴン」・塚地武雅が所有している。仮面ライダーファンの塚地が東映の関係者に熱望して貰っている。
  5. ^ 小学館『てれびくんデラックス愛蔵版 仮面ライダー全戦士超ファイル』[要検証 ]
  6. ^ DVD『仮面ライダー響鬼 Vol.10』(東映ビデオ)、映像特典メニュー内「データファイル」より
  7. ^ 『THE 仮面ライダー SUMMER』小学館スペシャル9月号増刊、小学館、2013年8月、p.73

関連項目[編集]