韓明淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓明淑
한명숙
Han Myeong Sook 2006.png
生年月日 1944年3月24日(70歳)
出生地 大日本帝国の旗 朝鮮平壌
出身校 梨花女子大学校
現職 政治家
所属政党 新千年民主党ヨルリン・ウリ党大統合民主新党民主党民主統合党民主党新政治民主連合
配偶者 朴聖

任期 2006年4月20日 - 2007年3月7日

任期 2003年2月27日 - 2004年2月16日
元首 盧武鉉

任期 2001年1月29日 - 2003年2月26日
元首 金大中

任期 2012年1月15日 - 2012年4月13日
テンプレートを表示
韓明淑
各種表記
ハングル 한명숙
漢字 韓明淑
発音: ハン・ミョンスク
日本語読み: かん めいしゅく
ローマ字 Han Myeongsuk
テンプレートを表示

韓 明淑(ハン・ミョンスク、1944年昭和19年)3月24日 - )は、大韓民国の政治家。37代国務総理(任期:2006年4月20日2007年3月7日)を初め、大韓民国国会の国会議員(第16代、第17代、第19代)、盧武鉉財団理事長や旧・民主党常任顧問、元民主統合党代表(2012年1月 - 2012年4月)などを歴任。現在は民主党の常任顧問[1]平壌出身。

人物像[編集]

チョンソン女子高卒。梨花女子大学校フランス文学科卒。1967年に大学教授朴聖焌と結婚。1974年にクリスチャンアカデミー講師。彼女の夫は1974年の人民革命党事件で逮捕され、10年以上服役しており、彼女自身も維新体制下で、民主化運動の担い手となる女性指導者の養成に励むなか、1979年にクリスチャン・アカデミー事件で逮捕(反共法違反)され、KCIA(大韓民国中央情報部)から拷問を受け、2年間投獄されている。

1989年-1994年韓国女性民友会長、韓国女性団体連合常任代表歴任、1994年に結成された市民運動団体の参与連帯では共同代表を務めた。女性の政治・社会参加と家族法の改正を一貫して主張し、性暴力防止や母性保護に関連する法律の制定にも主導的な役割を果たした。

1999年、金大中政権与党である新千年民主党新政治国民会議を改編して発足した政党)に入党、2000年第16代国会議員選挙に全国区から出馬して当選、国会議員になった。2001年に発足した女性家族部の初代長官。2003年2004年環境部長官。2004年ウリ党常任中央委員。第17代国会議員選挙では京畿道高陽市の地方区から出馬、再選した。

2006年4月、国務総理に任命され、大韓民国憲政史上初の女性首相となった。2007年3月に総理の座を退き、6月18日に大統領選に出馬表明[2]し、大統合民主新党(民主新党)の候補者予備選挙に出馬したが、9月14日には撤回し李海瓚(イ・へチャン)元首相への支持を表明[3][4]した。翌2008年4月の総選挙では民主新党と民主党が統合して結成された統合民主党から出馬したが、李明博大統領与党のハンナラ党候補で元高陽郡守(首長)の白成雲(ペク・ソンウン)に敗れた[5]

2004年国家保安法廃止法案に署名したことなどから、左派との見方がある。

首相在任時の汚職疑惑[編集]

2009年12月4日、首相在任中の2007年に運輸会社元社長より5万ドル(約440万円)を渡され、韓国電力公社の子会社への社長就任を働きかけられたという汚職疑惑が報道される[6]が本人は否定。同月9日、11日に検察当局が要請した任意での事情聴取を拒み、争う考えを示した。同月18日に逮捕された。これに対し民主党は「捜査は政治的工作」であるとの見解を表明している[7]

2010年4月10日、1審裁判部は無罪を宣告した。検察の起訴は李明博の意中に従って野党の有力な政治人において悪意的な捜査と見られる意見もある[8]。また「5万ドル賄賂事件」とは別に9億ウォン不法政治資金授受事件で2010年7月に起訴され、裁判が行われていたが、こちらの方でも11年10月31日に無罪が宣告されている[9]

ソウル市長選挙出馬、僅差での敗北[編集]

1審で無罪判決が宣告された直後の2010年4月21日、6月に行われるソウル特別市長選挙への出馬を表明した。出馬会見で李明博呉世勲時代の8年間の市政を批判し、公約として雇用や福祉、教育への予算を増額、不必要な土木と建設予算の大幅な削減を示した。また無償義務給食の施行、無償保育教育の比率拡大、放課後教育の大幅拡大なども提示した[10]。そして5月6日、民主党のソウル市長候補を決定するため行われた党内選挙において、李啓安前議員との一騎打ちを制してソウル市長候補に確定した[11]全国同時地方選挙における候補者登録最終日の5月14日には民主労働党の市長候補である李相奎との候補者一本化に合意し、韓明淑は野党4党(民主党、民主労働党、国民参与党創造韓国党)の統一候補となった[12]

選挙戦は当初、現職でハンナラ党の市長候補である呉世勲が韓明淑を支持率で15%以上引き離し、韓候補は不利な戦いを強いられるかに見えた[13]。しかし、李明博政権の政権運営に対して不満を戴いていた20~40代の有権者が前回より多く投票したことと相まって、呉世勲と激しい接戦を演じ、最終的には呉世勲に敗れたものの、当選した呉候補との票差は1%にも満たない僅差であった[14][15]。こうした結果を受け、韓明淑候補は「私は敗れたが、国民は勝利した」[16]とする談話を発表、「国民は今度の選挙で、李明博政府の失政に対し、しっかりとした審判を下した」「政府は民心を直視し、国民の審判を謙虚に受け止めるべき」と述べた。

韓明淑の汚職疑惑捜査を選挙後に再開するとしていた検察は選挙の結果、敗北したとはいえ僅差での敗北となったことで、捜査を再開するかどうかは、微妙な情勢となった[17]

2011年ソウル市長補選以降[編集]

無償給食の是非を問う住民投票が成立しなかった責任をとってソウル市長の職を辞任した呉世勲の後任を決めるために2011年10月に行われるソウル市長補欠選挙を巡って野党民主党の有力候補として取りざたされていたが、すでに出馬の意志を表明していた参与連帯創設者の一人で希望製作所常任理事を務める朴元淳弁護士と候補一本化で合意し、自身は不出馬を表明(9月13日)した[18]

民主党と市民統合党及び韓国労総が合同して2011年12月16日に結成された民主統合党の党指導部選挙に出馬、12月26日の予備選挙にて本選候補の一人となった[19][20]。そして、党員・市民による投票と2012年1月15日の全党大会にて行われた代議員投票の結果、最多得票を得て新代表に選ばれた[21]

代表就任直後、民主統合党の支持率はハンナラ党を大きく上回り、院内第1党も展望できる状況になっていた。しかし、国務総理時代に推進していた米韓自由貿易協定(米韓FTA)の再協議表明、2012年4月の総選挙における候補者予備選挙の選挙人団不法募集疑惑、公薦過程で旧民主系を排除して親盧派・486世代を優遇したことに対し党内外の不満を招き、支持率を下落させ、党首としてのリーダーシップも問われる事態となった[22]。3月20日に発表された総選挙比例代表名簿では15位で搭載された[23]。 4月11日に行われた総選挙において民主統合党は首都圏で躍進したものの、与党セヌリ党から第1党の座を奪取することはできず、事実上敗北した。総選挙敗北の責任を取り、4月13日に民主統合党の党首を辞任することを表明した[24]。代表を退いた後は党常任顧問に就任。

2013年9月16日のソウル高等法院は9億ウォン不法政治資金授受事件に関する控訴審で一審の無罪判決を取り消し、懲役2年と追徴金8億8千万ウォンを宣告した。これに対し、本人は「政治的判決ではないか、という疑念を消すことが出来ない」として上告することを明らかにした[25]

脚注[編集]

  1. ^ 민주당사람들 한명숙(民主党の人々 韓明淑)。民主党ホームページ
  2. ^ 韓明淑前首相、大統領選出馬を表明 朝鮮日報 (2007年06月18日付)
  3. ^ 大統領選:民主新党予備選をめぐるさまざまな噂(下) (2007年09月17日付)
  4. ^ 民主新党の大統領候補予備選では鄭東泳が勝利し、李海瓚は孫鶴圭にも遅れをとる3位に留まった。
  5. ^ 総選挙:統合民主党、大物議員の落選で激震」朝鮮日報(4月10日付)
  6. ^ “韓元首相に汚職疑惑 韓国 検察捜査、本人は否定”. 東京新聞. (2009年12月12日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009121202000066.html 2009年12月17日閲覧。 
  7. ^ “逮捕状の韓国元首相、任意情聴を拒否”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091217-OYT1T01069.htm 2009年12月17日閲覧。 
  8. ^ 한명숙 전 국무총리 '무죄'법원 "곽영욱 진술 신빙성 의심"(韓明淑前国務総理‘無罪’法院“ クァク・ヨンウク陳述 信憑性疑心”- 오마이뉴스(2010年4月10日付オーマイニュース
  9. ^ “검찰, 정권반대세력 수사 ‘연전연패’(検察、政権反対勢力捜査‘連戦連敗’)”. ハンギョレ. (2011年7月1日). http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/503343.html 2011年12月23日閲覧。 
  10. ^ 韓明淑元首相、ソウル市長選挙への出馬を表明。連合ニュース2010年4月21日
  11. ^ 民主党公認のソウル市長候補、韓明淑元首相に確定。連合ニュース2010年5月6日
  12. ^ ソウル市長選野党候補、韓明淑元首相に一本化。連合ニュース2010年5月14日
  13. ^ 선거 D-5…‘한나라당 쏠림가속(選挙D-5…‘ハンナラ党 集中’加速)ハンギョレ5月27日付
  14. ^ ソウル市長選で与党辛勝、民主党躍進の地方選挙に。連合ニュース2010年6月3日
  15. ^ ≪解説≫第5回統一地方選挙、勝敗の要因は。連合ニュース2010年6月3日
  16. ^ [6·2지방선거한명숙 `나는 졌지만 국민은 승리` 머니투데이]「6・2地方選挙」私は敗れたが国民は勝利した。マネートゥデイ(6月3日付)
  17. ^ 우뚝 선 한명숙검찰은속앓이(そびえ立ったハン・ミョンスク…検察は‘心痛’)ハンギョレ2010年6月3日
  18. ^ 韓明淑元国務総理 ソウル市長選は不出馬.KBSワールドラジオ2011年9月13日
  19. ^ “民主統合党の代表選 予備選挙に15人が候補登録”. KBSワールドラジオ. (2011年12月23日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=41911 2011年12月23日閲覧。 
  20. ^ “民主統合党 予備選挙で指導部候補9人を選出”. ワールドラジオ. (2011年12月27日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=41939&id=Po&page=2 2011年12月29日閲覧。 
  21. ^ “민주통합당 대표에 한명숙(民主統合党代表に韓明淑)”. ハンギョレ. (2012年1月15日). http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/514797.html 2012年1月15日閲覧。 
  22. ^ “위기의 민주통합당… 왜?(危機の民主統合党・・・なぜ?)”. ソウル新聞. (2012年3月1日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20120301004024&spage=1 2012年3月22日閲覧。 
  23. ^ “민주 비례1번 `전태일 누나' 전순옥..한명숙 15번(民主比例1番‘全泰壱の姉’全順玉。。韓明淑15番)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年3月20日). http://www.yonhapnews.co.kr/chongsun/2012/03/20/4701190000AKR20120320113000001.HTML 2012年3月22日閲覧。 
  24. ^ “韓国最大野党代表 総選挙敗北の引責で辞任”. 聯合ニュース. (2012年4月13日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/special/2012/04/13/5004000000AJP20120413004900882.HTML 2012年4月13日閲覧。 
  25. ^ “한명숙 前총리 항소심서 징역 2년…법정구속 안해(韓明淑前総理控訴審で懲役2年・・・法廷拘束せず)”. 聨合ニュース(本国版). (2013年9月16日). http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2013/09/16/0200000000AKR20130916028453004.HTML 2013年9月16日閲覧。 


公職
先代:
韓悳洙
(権限代行)
韓国の旗 大韓民国国務総理
第37代:2006 - 2007
次代:
権五奎
(権限代行)
先代:
金明子 (ko)
韓国の旗 大韓民国環境部長官
第8代:2003 - 2004
次代:
郭決鎬
先代:
ペク・キョンナム
(大統領直属女性特別委員会)
韓国の旗 大韓民国女性部長官
初代:2001 - 2003
次代:
池銀姫
党職
先代:
元恵栄
李庸瑄
(暫定、共同代表)
民主統合党代表最高委員
初代:2012.1 - 2012.4
次代:
文盛瑾 
(代表代行)
出所:東亜日報の年鑑『한국의 窓 2009』(韓国の窓2009)、別冊『인명록』(人名録)の「역대 요인」(歴代要人)より。