韋応物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

韋 応物(い おうぶつ、736年 - 791年?)は中国(中唐)の詩人。京兆府長安県(陝西省西安市)出身。

北周朝からの名門の家に生まれ、若い頃は太学に学んだ。玄宗に近衛士官(三衛郎)として仕えた。玄宗のおぼえはめでたかったものの、強気なところがあった。安史の乱の後、職を失ったため故郷に帰って貧窮した。そこで心を入れ替えて勉学に励んだ。その後、下級の地方官を転々とした。

洛陽県丞のとき軍兵が不正をはたらくのを厳しく取り締まった。それからは病気を理由に辞任したり滁州(安徽省)刺史になったりと、官途に就いたり辞めたりを繰り返した。786年には蘇州刺史になった。そして白居易が赴任してくると引退し、寺院に寓居した。

その最期は判然としないが、大和年間(827年 - 835年)まで生存していて、劉禹錫によって官に推薦されたというが確証はない。

自然を詠う詩に巧みで、とくに自然の静けさや穏やかさを主題とする物に秀でている。盛唐の孟浩然王維を受け継ぐとされ、柳宗元も一括して”王孟韋柳”と並称される。『韋蘇州集』10巻が伝わる。

作品には『幽居』(五言古詩)、『聞雁(雁を聞く)』(五言絶句)等がある。

聞雁
故園眇何處 故園(こえん) 眇(びょう)として 何處(いずくぞ)
歸思方悠哉 帰思(きし) 方(まさ)に悠なる哉(かな)
淮南秋雨夜 淮南(わいなん) 秋雨の夜(よ)
高齋聞雁来 高斎(こうさい) 雁の来(きた)るを聞く

参考文献[編集]