靴が鳴る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『靴が鳴る』(くつがなる)は、童謡文部省唱歌。作詞は清水かつら、作曲は弘田龍太郎

歌詞[編集]

  1. お手(てて)つないで 野道を行(ゆ)けば
    みんな可愛(かわ)い 小鳥になつて
    歌をうたへば 靴が鳴る
    晴れたみ空に 靴が鳴る
  2. 花をつんでは お頭(つむ)にさせば
    みんな可愛(かわ)い うさぎになつて
    はねて踊れば 靴が鳴る
    晴れたみ空に 靴が鳴る

概要[編集]

幼児がみんなで手をつなぎながら道を歩き、音を鳴らす情景を、小鳥ウサギになるという擬態化擬人化の逆)表現を含めて描いている。

1919年(大正8年)に刊行された雑誌少女号』11月号が初出である。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。

よくある間違い[編集]

本作は広く世に知れわたっているが、歌詞を間違って覚えている人がある。

冒頭を「お手々つないで」と表記する人がいるが、上記の通り「手」1文字で「てて」と読むのが正しい歌詞である。

また、「みんな可愛いい」(♪みーんーなー かーわいいー)と歌う人がいるが、「みんな可愛い」(♪みーんーなー かーわーい)と歌うのが正しい歌い方である。

また童謡には歌い出しを曲名とするケースも比較的多いため本作の題名を「おててつないで」であると誤解する向きもある。

関連項目[編集]