非情の罠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
非情の罠
Killer's Kiss
監督 スタンリー・キューブリック
脚本 スタンリー・キューブリック
ハワード・サックラー
製作 スタンリー・キューブリック
モリス・ブーゼル
出演者 後述
音楽 ジェラルド・フリード
撮影 スタンリー・キューブリック
編集 スタンリー・キューブリック
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイト映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年9月28日
日本の旗 1960年9月17日
上映時間 67分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000[1]
テンプレートを表示

非情の罠』(ひじょうのわな 原題:Killer's Kiss)は、1955年制作のアメリカ合衆国フィルム・ノワールスタンリー・キューブリック監督。キューブリックはほかに、脚本、製作、撮影、編集と1人5役をこなしている。

あらすじ[編集]

ニューヨークボクサーのデイヴィーは向かいのアパートに住むタクシーダンサーのグロリアという女性と知り合い、好意を寄せる。しかし、彼女は大物ギャングのラパロの情婦であった。

デイヴィーは何とかグロリアを救い出そうと奔走するが、ラパロはそれを許さず、手下を使って彼を脅迫する。

そんな二人の駆け引きは次第にエスカレートし、ついに対峙の時を迎える。そして、マネキン工場での対決の末、デイヴィーはラパロを倒した。

その後、ボクサーを辞めて田舎に帰るため列車に乗ろうとしているデイヴィーのもとにグロリアが駆け付け、二人は固く抱き合うのだった。

キャスト[編集]

  • デイヴィー・ゴードン:ジェイミー・スミス
  • ヴィンセント・ラパロ:フランク・シルヴェラ
  • グロリア・プライス:アイリーン・ケイン
  • アルバート:ジェリー・ジャレット

脚注[編集]

外部リンク[編集]