静岡県立浜松西高等学校・中等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
静岡県立浜松西高等学校
静岡県立浜松西高等学校中等部
正門(東坂)
過去の名称 静岡県立浜松第二中学校
静岡県立浜松第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 静岡県
学区 第10学区(西遠)
校訓 知:高い知性
仁:豊かな心
勇:たくましい力
設立年月日

1924年4月4日

2002年4月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制による教育
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 22170J
所在地 432-8038
静岡県浜松市中区西伊場町3番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校舎(南館,北館)

静岡県立浜松西高等学校・中等部(しずおかけんりつ はままつにしこうとうがっこう・ちゅうとうぶ)は、静岡県浜松市中区西伊場町にある県立併設型中高一貫校

概要[編集]

1924年創立の旧制浜松二中を前身とする公立高校である。初代校長には英語学者の松田与惣之助が就任。「知・仁・勇」を校訓に掲げ、英国の名門パブリックスクールであるイートン校を手本に「ヤング・ジェントルマン」の育成を目指した。 2002年より中高一貫校化。2008年に初の中高一貫生の卒業生を出している。数学では、検定外教科書である『体系数学』を使用している。

校訓[編集]

  • 知:高い知性
  • 仁:豊かな心
  • 勇:たくましい力

沿革[編集]

教育目標[編集]

高い知性、豊かな人間性、社会貢献への高い志とたくましい力を持ち、国際社会においてリーダーとして輝く人材の育成を目指す。

特色[編集]

中高一貫教育[編集]

2002年より中高一貫教育がスタート。中等部の選択科目には数学・理科を配していたが、2005年3月31日に閉科。

象徴[編集]

校章

「高」(中等部については「中」)の字を中心に、周りに4本のペン先を外側に向けて配したデザインとなっている。

校歌

公式サイトで聴くことができる。

制定年:1931年4月

作詞:内野徳治

作曲:県善三郎

制服[編集]

制服は中・高同じデザインである。冬服は2002年4月よりトンボ (VARSITYMATE) による紺のブレザーにノーネクタイスタイルとなっており、靴はローファーが準指定となっている。夏服は、男子は冬服と同じスタイル(ジャケットなし)か、半袖の開襟シャツ。女子は明石被服興業によるセーラー服で、大きな白いセーラー襟に、紺の縁取りラインが入っている。スカーフはなく、小さな紺のリボンが付いている。夏冬問わず、女子は紺のハイソックスの着用が義務付けられている。

略称[編集]

略称は中等部については西高中等部、浜松市内では西中(にしちゅう)とも言う。これは浜松市内に西中学校というものはなく、西部中学校しかないので、通常、西高等学校中等部を指す。ただし、西部中学校の略称は西中(せいちゅう)であり、紙面上で略称を使用すると非常に紛らわしい。高等学校については浜西、浜松市内では西高でも通じる。ただし浜北西高の地区の人には浜北西高と間違われる可能性はある。

受験倍率[編集]

静岡県内の国公立中高一貫校の中で最高の受験倍率を出している。

2014年度 募集人数160人   受験者数493人    倍率3.08倍  

2013年度 募集定員160人   受験者数514人    倍率3.21倍

2012年度 募集定員160人   受験者数542人    倍率3.39倍

2011年度 募集定員160人   受験者数489人    倍率3.06倍

2010年度 募集定員160人   受験者数436人    倍率2.73倍

2009年度 募集定員160人   受験者数490人    倍率3.06倍

学校行事[編集]

4月
入学式
遠足
5月
チャレンジセミナー(中1)
6月
文化祭「彩西祭」
7月
コーラスコンクール
英国語学研修(高2 ~8月)
8月
9月
体育祭
10月
薬学講座
弦楽部・吹奏楽部合同 中等部コンサート(中)
11月
宿泊研修(中1・中2)
研修旅行(中3・高2)
文化講演会
開校記念講演会
12月
球技大会(高)
1月
百人一首大会(中)
中等部入試
2月
マラソン大会
総合的な学習(総学)発表会(中)
3月
卒業式
球技大会(中・高)
定期演奏会(高)弦楽部・吹奏楽部

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 弓道部(高)
  • 剣道部(中・高)
  • 硬式テニス部(男・女)(中・高)

  全国大会出場(中等部女子)

  • サッカー部(中・高)
  • 柔道部(中・高)
  • 水泳部(中・高)

  全国大会出場(中等部)

  • ソフトテニス部(男)(中)
  • 卓球部(中・高)
  • バスケットボール部(男・女)(中・高)

  全国総体出場(高等部男子)

  • ボート部(高)
  • 野球部(中・高)

  第63回全国高等学校野球選手権大会に出場。

  • 陸上競技部(中・高)

  全国大会出場(中等部)・全国総体出場(高等部)

文化部[編集]

  • 囲碁・将棋部(高)
  • 演劇部(高)
  • 科学部(中・高)

  (生物班・化学班・工学班に分かれ活動。)

  • 家庭部(高)
  • 弦楽部(中・高)
  • 国際文化部(高)
  • 写真部(高)
  • 吹奏楽部(中・高)
  • 美術部(中・高)
  • 百人一首部(高)


交通アクセス[編集]

浜松駅バスターミナル 5番ポールより「入野 イオン志都呂 舞阪駅」、「入野 宇布見 山崎」行きに乗車。 「西高入口」、または「JR浜松工場」で下車。(約10分)下車後徒歩5分。

または 3番ポールより「鴨江 医療センター」、「鴨江 大平台」行きに乗車。 「根上り松」にて下車。(約10分)下車後徒歩10分。

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

政治・官僚

法曹

学術

経済

文化

スポーツ

教員[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]