青行燈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「青行灯」

青行燈(あおあんどん)は、百物語の会に現れるとされる日本妖怪である。

特徴[編集]

百話目になろうとするとき、または百話目が終わったときに現れるとされる。百物語をするときには、雰囲気を出すために行燈に青い紙を貼っていたとも言われている。鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』には、黒い長い髪と角を持ち、歯を黒く塗った白い着物を着た鬼女の姿で描かれている。

江戸時代の怪談集『宿直草』にある話の一つ「百物語して蜘の足を切る事」には、百物語の百話目で天井から大きな手が現れ、刀で斬りつけたところ、それは3寸ほどのクモの脚だったと記述されている[1]

また『今昔百鬼拾遺』の解説文には「鬼を談ずれば、怪にいたるといへり」とあることから、青行燈とは妖怪自体の名前ではなく、百物語の後に起きるとされる諸々の怪異を指しているとの説もある[2]

百物語を語った人々は怪異を恐れて怪談を99個目でやめたと伝えられていることから、青行燈が現れたという具体的な記録はほとんど残されていない[3]

近藤瑞木は、この絵に描かれた行燈の前の裁縫道具・櫛・手紙などは、行灯の下で夫が他の女から貰った恋文を読んだ本妻が、嫉妬にかられた状況を暗示し、この絵の主題は嫉妬の執心であるとしている[4]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 荻田安静編著 「宿直草」『江戸怪談集』上、高田衛編・校中、岩波書店岩波文庫〉、1989年、43-44頁。ISBN 978-4-00-302571-0
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、3頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 志村有弘監修 『図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説』 青春出版社2008年、100頁。ISBN 978-4-413-00965-2
  4. ^ 近藤瑞木 「石燕妖怪画の風趣」『妖怪文化の伝統と創造』 小松和彦編、せりか書房2010年、40頁。ISBN 978-4-79-670297-3