青焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

青焼(き)(あおやき、: blueprint)は、かつて主流だったジアゾ複写技法で、の明暗が青色の濃淡として写るため、こう呼ばれる。逆に、ジアゾ式複写機を「青焼き機」と呼ぶことも多かった。

関連語として白焼きwhiteprint)があるが、青焼きと共に、時代によって意味が移り変わっている(下記)。

概要[編集]

芳香族ジアゾニウム塩の、光による分解反応を利用する。

それまでの青写真に置き換わる形で普及し、機械図面建築図面の複写(青図)に多用された。複写された画像は、青写真とは逆の陽画(ポジ)となる。

青写真と同様に、原稿・原版と感光紙を重ねて露光し、光を透さない黒い文字や線が感光剤の変化を抑えることを利用し、潜像を形成させる。次いで、現像液との化学反応により、青く発色する・しないの差を生じさせて、画像を複写する。

一般向け製品としては、現像液をマイクロカプセルフィルムシートで感光紙に仕込んでおき、露光後に圧力で混合・反応させるものが主流となっている。

化学反応[編集]

芳香族ジアゾニウム塩の、紫外線によってジアゾ基が脱離する性質を利用し、紺青法と同様に潜像を作る。

分解しなかった芳香族ジアゾニウム塩は、フェノール化合物などと結合し、青いアゾ色素を生成させるが、この反応を進ませるにはアルカリ性にする必要がある。

R-N=N-Cl(黄色) + H-R'-OH  →  R-N=N-R'-OH(濃青色)

従って、感光紙にあらかじめ両者を仕込んでおいて、アンモニア水溶液蒸気により現像することが可能となる。アルカリ剤も仕込み、熱によって全てを混合させる感光紙では、複写機なしでアイロンなどにより発色させることもできる。

原理上は陽画だけだが、青以外も可能で、黒く発色する製品もある。また、露光時の分解性と結合物質を光の波長によって変化させることで、カラーコピーも可能。

歴史[編集]

青焼き、白焼きの意味の変遷[1]

  • 最初に普及しはじめた頃
    青焼き - ヘキサシアノ鉄酸塩による青写真の陰画(青地に白線)。
    白焼き - ジアゾ式コピーによる陽画(白地に青線)。
  • 乾式ジアゾ式複写機が普及した後
    青焼き - 湿式コピー。青く発色し、地の部分もうっすら青い。
    白焼き - 乾式コピー。褐色や黒色に発色し、地の部分が白い(青味がない)。
  • PPC方式の大判コピー機が普及した後
    青焼き - ジアゾ式コピー(主に湿式)。
    白焼き - PPC方式コピー。
  • 現在(参考)
    紙焼き - コピーや、プリンターで紙に出力することを、データ出稿に対してこう呼ぶ。
    皿焼き - CD-RまたはDVD-RCADデータを記録することを、こう呼ぶ場合がある。

用途[編集]

乾式複写機は業務用大型機に用いられ、湿式複写機の方が台数は多かった。

  • 書類の複写
    同じ書類を多数作成するため、謄写版印刷に替わるものとして、ジアゾ式複写機が主に事務所で普及した。PPC複写機が普及した後も、ランニングコストの低さから大学官公庁で長らく利用されていた。
  • 図面の複製
    原版と重ね合わせて露光させるため、歪みがなく、また、PPCで困難だった大判紙も複写可能なことから、製図分野では最近まで需要が高かった。また、印刷分野においては、写真製版を行ったフィルムの状態をチェックするために使われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いわゆる業界用語なので、公式な定義がされていたわけではなく、使われていた場所による[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]