青森市営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青森市交通部から転送)
移動: 案内検索
青森県内で初めて導入されたノンステップバス車両(浪岡線のみで運用される。)
観光貸切・空港線兼用塗色(観光貸切車)

青森市営バス(あおもりしえいバス)は青森県青森市青森市企業局交通部が営業する公営バスである。青森市内全域に乗合路線を運行する。

歴史[編集]

「黄帯」と呼ばれる旧塗色

乗合馬車を経営していた篠原善次郎が1923年大正12年)に青森市営による乗合自動車事業を立案し、乗合自動車5台を寄付するという提案をしたが、採算が取れないとして受け入れられず、篠原は自費にて1924年大正13年)春より青森駅 - 合浦公園間の営業運行を開始した。当時、青森市では市営電車事業が計画されていたが、冬期間の積雪では採算性が取れないことから断念し、市営乗合自動車事業が検討された。ここで篠原は車両6台と運営資金1万5千円(新車2台と車庫建設などの費用)を寄付、青森市交通部事務所・車庫を青森市大字大野字長島に置いて青森市営バスが発足する。これは東京都交通局に次いで日本で2番目に設立された公営バスでもある。

発足当初は3路線だったバス路線は町村合併により路線網が拡大される。1939年昭和14年)には油川町との合併を踏まえて青森乗合自動車会社より油川地区の2路線を買収している。青森空襲によって青森市内は大きな被害を受けたが、1946年(昭和21年)には仮事務所を置き、本格的な運行再開の体制に入った。1951年(昭和26年)には事務所を浪打に移転し、さらに1956年(昭和31年)に造道へ移転した。

国鉄津軽線開業により、東津軽郡一帯に路線を持っていた青森バスが経営不振に陥ったため、当時の青森市長が青森バス側より株式の大半を取得、既に買収に動いていた弘南バス津鉄バスを退けて1954年(昭和29年)にバス事業を譲受した。これにより市営バスの路線網は東津軽郡一帯に広がった。1959年(昭和34年)には油川車庫と小湊営業所が、1962年(昭和37年)には西部営業所が設置され、路線網はさらに広がりを見せる。しかし、路線網が広いゆえに財政状況は逼迫し、合理化の一環で1965年(昭和40年)より順次ワンマンカーを導入している。

黄帯の部分を「青帯」に変更された現行塗色

年表[編集]

観光貸切・空港線兼用塗色(青森空港線市営担当便運用車)

車両[編集]

事業所[編集]

  • 青森市交通部
    • 青森市大字野内字菊川47-1

営業所[編集]

  • 東部営業所
    • 青森市大字野内字菊川47-1
      • 主に青森市東部地区を担当。事務室内に定期券発売所を併設。
  • 西部営業所
    • 青森市大字新城字平岡30-1
      • 主に青森市西部地区を担当。待合室に定期券発売所を併設。

案内所[編集]

  • 青森駅前案内所
    • 青森市安方1丁目
      • 交通部直営。定期券発売所を併設。以前は3番のりば付近に設置され、バス発車時に案内放送を行っていたが、現在は青森市観光交流センター内に移転し案内放送も廃止されている。
  • 堤橋発売所
    • 青森市堤町2丁目
      • 交通部直営の定期券発売所。元々は堤橋案内所としてバス発着所の役割も果たしていた。青森駅方面バス停前に設置。
  • 市役所前発売所
    • 青森市中央1丁目
      • 交通部直営の定期券発売所。青森市役所駐車場料金所に併設されている。

3箇所とも1980年代の一時期、東邦観光という会社に業務委託されていた。

休憩所・回転所[編集]

  • しあわせプラザ休憩所
    • 青森市橋本
      • 八甲田丸・青森駅前・観光物産館での折り返し待機の増加により、青森駅前休憩所を設置。2007年(平成19年)秋に現在地へ移転。跡地はJRバス東北青森支店として整備された。
  • 戸山団地回転所
    • 青森市大字戸山字赤坂
      • 戸山団地線の折り返し待機場所。「戸山団地北赤坂公民館前」バス停隣接。待合室設置。
  • 桑原回転所
    • 青森市大字桑原字稲葉
      • 桑原線の折り返し待機場所。「桑原」バス停隣接。待合室設置。
  • 細越回転所
    • 青森市大字細越字種元
      • 細越線の折り返し待機場所。
  • 大別内回転所
    • 青森市大字大別内
      • 大別内線の折り返し待機場所であったが、現在は野木線が転向に使用。「大別内」バス停隣接。
  • 野木回転所
    • 青森市大字野木字山口
      • 野木線の折り返し待機場所。「野木」バス停隣接。
  • 岩渡回転所
    • 青森市大字岩渡字熊沢
      • 岩渡線の折り返し待機場所。「岩渡」バス停隣接。
  • 奥内回転所
    • 青森市大字清水字浜元
      • 奥内線の折り返し待機場所。「奥内駅前」バス停隣接。待合室設置。
  • 後潟回転所
    • 東津軽郡蓬田村大字中沢
      • 後潟線の折り返し待機場所。「後潟」バス停隣接。待合室設置。

廃止営業所[編集]

  • 油川営業所
    • 青森市大字羽白
      • 油川線、奥内線、後潟線を中心に担当していた。西部営業所への統合により廃止。
  • 蟹田営業所(→蟹田駅前回転所)
    • 東津軽郡蟹田町(現・外ヶ浜町)大字上蟹田
      • 蟹田線を担当していたが、上磯営業所への移転・統合により廃止。跡地は蟹田駅前回転所となり、現在も平舘地区循環バスの回転所として使用されている。
  • 蟹田営業所三厩分所
    • 東津軽郡三厩村(現・外ヶ浜町)大字増川字東町
      • 三厩線、竜飛線を担当していたが、上磯営業所への移転・統合により廃止。

廃止・休止回転所[編集]

  • 雪印回転所
    • 青森市大字白旗野
      • 新城線雪印工場発着の折り返し待機場所。西部営業所の移転により雪印工場前経由となったことから廃止。
  • 宇田回転所
      • 東津軽郡平舘村
      • 蟹田線・三厩線元宇田発着の折り返し待機場所。「元宇田」バス停隣接。現在は平舘地区循環バス・今別町巡回バスの回転所・乗継所として使用されている。
  • 矢田回転所
    • 青森市大字矢田字山野井
      • 矢田線の折り返し待機場所。「矢田」バス停隣接。現在は「矢田・滝沢地区住民バス」の回転所として使用されている。
  • 滝沢回転所
    • 青森市大字滝沢
      • 滝沢線、矢田・滝沢線の折り返し待機場所。「滝沢」バス停隣接。現在は「矢田・滝沢地区住民バス」の回転所として使用されている。
  • 筒井回転所
    • 青森市大字筒井字桜川
      • 中筒井線の折り返し待機場所であったが、路線廃止により使用中止。簡易トイレ設置。
  • 高田回転所
    • 青森市大字高田字川瀬
      • 高田線の折り返し待機場所。簡易トイレ設置。現在は「高田地区住民バス」の回転所として使用されている。
  • 入内回転所
    • 青森市大字入内
      • 入内線の折り返し待機場所。「入内」バス停隣接。現在は「高田地区住民バス」の回転所として使用されている。

路線バス[編集]

概況[編集]

青森市営バスの路線の中で歴史が最も古い本線がもっとも主要な路線であり、他社の路線と並行している。他の路線の多くは本線の通る国道から枝分かれするように分岐している。かつては本線とその他の支線という比較的単純な枝分かれの構造で路線網の大半を説明できた。しかし、近年では路線の統廃合や環状線・循環線の設定が進んで、路線の構成が複雑化した。また、一系統あたりの便数が少ない割には系統の数が多いのが現在の特徴となっている。

新城・三内・油川・浪館・大野・高田方面の系統には、古川を経由してしあわせプラザ・県立中央病院前・東部営業所へ直通する便もある。また、そのまま市民病院・問屋町・青森公立大学などの方面に直通する便もある。この場合、古川を経由するが、青森駅には入らない。これらの系統の便は、青森駅発着であるが、この場合も古川を経由する。

浅虫・築木館・小柳・桜川・戸山・市民病院・問屋町などの方面の路線はほとんどが青森駅発着である。東部営業所や県立中央病院発着の便もあるが例外的である。ただし、かつては東部営業所からの出入庫を兼ねて同営業所を発着する便も数多く見られた。

主要な発着地[編集]

最も主要な発着地は青森駅古川ふるかわ)である。古川バス停は青森駅から徒歩10分弱の国道7号上にある。古川からは西南部・西部・北部方面線(おおむね、古川跨線橋から西側と、大野方面線、浪館方面線)、青森駅からは主に東部・東南部・南部方面の路線が発着する。ただし、最近ではこの原則はかなり崩れている。2010年平成22年)12月4日以降は、新青森駅が主要な発着地に加わったと言える。

主要目的地記号・経由地番号[編集]

2010年平成22年)12月4日の東北新幹線新青森開業の時から、青森市営バスは次のような主要目的地記号・経由地番号を掲げている。

表示文字 主要目的地
A 新青森駅東口
B 新青森駅南口
C 浅虫温泉駅
D 三内丸山遺跡
県立美術館
E イトーヨーカドーほか
浜田循環線
F モヤヒルズ
青森公立大学
G 横内・幸畑など
横内循環線
H 八甲田雪中行軍遭難資料館
観光りんご園
K 昭和大仏
表示番号 経由地
1 古川
2 新町
3 県病前(青森県立中央病院前)
4 浪館通り
5 旭町通り
6 観光通り
7 松原通り

 上記に従い、主要目的地と経由地がバスの前面行先表示板に掲げられる。たとえば、青森駅発新町・県病前経由浅虫温泉駅行きは、「C3」を掲げる。  上記のいずれの場所を経由せず、最終到着地にもしていない便については文字あるいは番号、場合によってはそれらの両方を掲げない。また、青森駅前・古川・県病前を行き先とする便は、いずれも番号を掲げないことがある。  上記のうち、複数の地点を経由する便については、最も特徴的な経由地の番号を掲げている。たとえば、東部営業所発県立中央病院・新町経由青森駅行は、経由地番号「3」ではなく「2」を掲げる。また、東部営業所・県立中央病院発新町・古川・石江経由西部営業所行は「1」ではなく「2」を掲げている。さらに、青森駅発着の新城・油川方面行は古川を経由するが「1」を掲げていない(青森駅~浪岡駅間は掲げている)ほか、『青森駅 - 東部営業所線(青柳橋経由)』は新町を経由するが、「2」を掲げていない。

2010年12月4日以前の経由地番号[編集]

主要経由地 表示番号
古川を経由 1
新町を経由 2
県立中央病院前を経由 3
上記に当てはまらない場合 無表示

行き先表示がLED化される前の方向幕表示(2000年まで)[編集]

行き先表示がLED化される前は次のような方式で表示されていた(1999年平成11年)4月1日改正当時)。

主要経由地の色分け

主要経由地 表示の色
古川を経由 赤色
新町を経由 青色
県立中央病院前を経由 黄色
上記に当てはまらない場合 白色

行き先・方面の番号表示

方面番号 郊外へ主な経由地 主な行先・方面
1 市内線(青森駅 - 東部営業所間)国道、新町、青柳、山の手
2 県病 浅虫温泉駅浅虫水族館、滝沢、矢田、築木館
東バイパス 矢田
3 栄町二丁目 浜館
合浦公園・明の星高校前 戸山団地、沢山、月見野霊園
国道・岡造道 小柳団地、小柳団地→東部(営)
国道・南佃 小柳団地→東部(営)
4 堤橋 桜川団地、中筒井、幸畑団地、田茂木野、田茂木沢、戸山団地、桑原、昭和大仏青森公立大学、横内環状→青森駅
5 NTT青森支店 市民病院、問屋町、戸山団地、流通団地、青森公立大学、モヤヒルズ、土木事務所、横内環状→青森駅
6 古川・南旭町 上野・牛館、高田、大柳辺、入内、野木・大別内、南部工業団地
中央大橋 青森朝日放送
7 古川・浪館 自衛隊宿舎、細越、つくしが丘団地、慈恵会病院、三内丸山遺跡免許センター
8 古川・西滝 三内霊園、つくしが丘団地、岩渡、西部営業所、西滝→孫内、鶴ヶ丘苑
古川 西バイパス→西部(営)
9 古川・沖館 野木和団地、岡町→西部(営)、奥内、後潟
10 郊外線からの古川終点
20 郊外線からの福祉増進センター終点
30 郊外線から県病経由の東部営業所終点
40 郊外線から国道経由の青森駅終点
50 郊外線から新町経由の青森駅終点
  • なお、当時、青森市内でこのような行き先表示でも、小湊営業所管内車両と上磯営業所管内車両では、それ以前の方式(例)「小湊駅東田沢」のように経由地が緑色で方面番号はなかった。
  • 東部営業所発着の滝沢・矢田・築木館線には晩年まで番号表示はなく、行先幕は「矢 田」といったようにシンプルなものであった。

方面別路線一覧[編集]

県病・原別方面[編集]

佃・戸山・小柳方面[編集]

中筒井方面[編集]

観光通り方面[編集]

大野・荒川方面[編集]

浪館方面[編集]

新城方面[編集]

三内方面[編集]

沖館・油川方面[編集]

その他の路線[編集]

ダイヤ改正について[編集]

  • ダイヤ改正については、毎年4月1日に定期的に実施している。但し、例外もある。
    1. 2000年(平成12年)度…東部営業所移転に伴い3月1日実施。
    2. 2010年(平成22年)度…東北新幹線新青森開業に伴い12月4日実施。
    • 2013年(平成25年)度と2014年(平成26年度)は一部路線の「バス運行社会実験」実施に伴い10月1日実施。[1]
    • なお、2012年(平成24年)度は、「バス運行社会実験」実施に伴い10月1日と2度ダイヤ改正を実施した。
    • 1970年台頃は、弘南バスと同じく冬季・夏季ダイヤを実施していた。

運行委託[編集]

収支状況を改善するため、2004年平成16年)7月から試験的に民間事業者へ一部路線の運行・車両管理業務を委託した。これは市交通部職員より民間事業者の社員のほうが人件費がかからないためで、これにより青森市営バスは経費が削減でき、受託した民間事業者側でも十分な利益が得られるようになっている。

運行を受託したのは弘前市に本社を置く弘南バスで、矢田前にある青森営業所に併設する形で市営バスの運行を専門に行う「乗合部青森分室」を設置して業務に当たっている。

2011年(平成23年)4月より、路線ごとの委託からダイヤ(行路)ごとの委託となった。そのため従来通りすべての便が委託となる路線もあれば、その路線のうち一部便のみ委託となる路線も生じている。

2004年平成16年)7月1日より委託
2005年(平成17年)4月1日より委託
  • 浪岡線(旧浪岡町との合併により同日から運行開始。なお、空港経由便は2013年(平成25年)年9月30日に、大釈迦経由便は2014年(平成26年)9月30日[2]に、いずれも「バス社会運行実験」(こちらも弘南バスが運行)に移行した為、それぞれ廃止。)
  • 滝沢線(2012年(平成24年)3月31日限りで廃止)
  • 浪館・中央循環線
2010年(平成22年)4月1日より委託
  • 浜田循環線(2012年4月ダイヤ改正で一部ダイヤが東部・西部の直轄行路に再移管)
2010年(平成22年)12月4日より委託
2011年(平成23年)4月1日より委託
  • 国道経由本線(一部)
  • 矢田線(2012年(平成24年)3月31日限りで廃止)
  • 浅虫線(一部)
  • 新城線(一部)
2012年(平成24年)4月1日より委託
  • 築木館線
  • 三内丸山遺跡線(一部)[3]

その他[編集]

車種によっては「青森市営」の文字が大きくなっているものも存在する(画像は中型ワンステップ車)
  • 青森市営バスの車両は、全てワンマン、中乗り前降り。バスカードシステムを採用している。整理券式であり、整理券にはバーコードが印刷されている。但し、上磯・小湊営業所管内はカードリーダーを取り付け、乗車時と下車時にバスカードを通す仕組みとなり、整理券発行機・運賃箱は既存の物を使用していた。
  • 運賃のことを『料金』と呼んでおり、一般路線車両の運賃箱のステッカーには『料金箱』で表記されている(空港線運用車両では『運賃箱』で表記)。
  • 2010年12月4日のダイヤ改正からバス停時刻表に新青森駅を経由・発着する便の時間にはグレイ掛けされ、発車・通過時刻の前には新幹線の先頭をあしらったマークが付されている。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (2013年)4月の市営バスのダイヤ改正はありません (PDF) - 青森市営バスホームページ
  2. ^ 浪岡線(大釈迦経由)バスの社会実験運行が始まります - 青森市営バスホームページ
  3. ^ 2013年10月ダイヤ改正ですべて東部・西部の直轄行路に移管された。

リンク[編集]