チンゲンサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青梗菜から転送)
移動: 案内検索
チンゲンサイ
Brassica rapa var. chinensis (leaf).jpg
タイサイ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ラパ B. rapa
変種 : タイサイ var. chinensis
学名
Brassica rapa var. chinensis
和名
タイサイ
英名
Qing geng cai
Green pak choi
チンゲンサイ(Cabbage, chinese (pak-choi))
100 gあたりの栄養価
エネルギー 55 kJ (13 kcal)
2.18 g
糖分 1.18 g
食物繊維 1 g
0.2 g
飽和脂肪酸 0.027 g
一価不飽和脂肪酸 0.015 g
多価不飽和脂肪酸 0.096 g
1.5 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(28%)
223 μg
(25%)
2681 μg
40 μg
チアミン (B1)
(3%)
0.04 mg
リボフラビン (B2)
(6%)
0.07 mg
ナイアシン (B3)
(3%)
0.5 mg
(2%)
0.088 mg
ビタミンB6
(15%)
0.194 mg
葉酸 (B9)
(17%)
66 μg
ビタミンB12
(0%)
0 μg
コリン
(1%)
6.4 mg
ビタミンC
(54%)
45 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(1%)
0.09 mg
ビタミンK
(43%)
45.5 μg
ミネラル
カルシウム
(11%)
105 mg
鉄分
(6%)
0.8 mg
マグネシウム
(5%)
19 mg
マンガン
(8%)
0.159 mg
セレン
(1%)
0.5 μg
リン
(5%)
37 mg
カリウム
(5%)
252 mg
ナトリウム
(4%)
65 mg
亜鉛
(2%)
0.19 mg
他の成分
水分 95.32 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
チンゲンサイ(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 0.2
飽和脂肪酸 0.027
16:0(パルミチン酸 0.024
一価不飽和脂肪酸 0.015
18:1(オレイン酸 0.015
多価不飽和脂肪酸 0.096
18:2(リノール酸 0.042
18:3(α-リノレン酸 0.055

チンゲンサイ(青梗菜、学名:Brassica rapa var. chinensis)は、アブラナ科野菜

中国野菜の中でも身近な野菜の1つとなっている。和名はタイサイ(体菜)。白軸のものはパクチョイ(白菜。日本語ではハクサイとの区別のため、「しろ菜」とも表記される[2]。)とも呼称される。

原産地は中国華南地方。日本には1970年代日中国交回復の頃に入ってきたと言われる。アルカリ性ミネラルが豊富な緑黄色野菜である。

特徴[編集]

露地ものにおいてはが旬とされているが、生育期間が40日から50日と短いうえ、気温の変化に比較的強いことから、日本国内では静岡県長野県埼玉県などの主産地におけるハウス栽培の活用により、1年中市場に出回っている。

家庭でも栽培でき、露地栽培やプランター栽培が適している。

緑色、肉厚なの部分は淡緑色をしており、やわらかく歯切れが良い。アクが無く、煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられる。

主な栄養素ビタミンAビタミンCβ-カロテンカルシウムカリウム鉄分食物繊維

漢方・薬効[編集]

さましや胸やけに効果があるとされ、がムカムカする時に最適である。

脚注[編集]

  1. ^ USDA National Nutrient Database
  2. ^ しろ菜とは?

関連項目[編集]