青松敬鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青松 敬鎔
千葉ロッテマリーンズ #63
2011marines aomatsu.jpg
ロッテ浦和球場にて(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 1986年12月7日(27歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手捕手三塁手
プロ入り 2004年 ドラフト7巡目
初出場 2006年9月26日
年俸 600万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青松 敬鎔(あおまつ けいよう、1986年12月7日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手捕手)。

来歴・人物[編集]

京都府京都市伏見区出身。2004年ドラフト7巡目で千葉ロッテマリーンズに入団した。福岡ダイエーホークス時代に城島健司を指導した古賀英彦二軍ヘッドコーチ(当時)からは「城島をしのぐセンスの持ち主」と評されている。デビュー年の2005年は一軍出場はなかった。

2006年

2月に行われたWBC日本代表との試合では一塁を守った。二軍では一塁手31試合・捕手16試合を守り打率.257、4本塁打の成績を残し、9月19日に初めて一軍登録された。オフには9年ぶりに開催されたハワイ・ウィンターリーグに派遣され、息子の応援に来ていたロジャー・クレメンスの球をブルペンで受ける幸運もあった。

2007年

二軍で一塁26試合・捕手23試合を守ったが打率.159と絶不調で、一軍出場はなかった。

2008年

二軍で.252 8HRと復調し、守備でも捕手33試合、一塁13試合、三塁1試合で無失策と安定感を見せたが、支配下選手登録された捕手の中で唯一一軍出場がなかった。

打席に立つ青松(2009年)
2009年

.244,4HRと若干調子を落としてしまい、この年も一軍登録はなかった。

2010年

打撃が復調。当初は主に一塁を守っていたが、一軍正捕手の里崎智也の背筋痛で他の捕手が昇格したことや、金澤岳の故障によりシーズン終盤からは二軍の正捕手となり、ファームの日本一に貢献した。この年も一軍出場はなかった。

2013年

この年より球団から内野手として登録する事を発表された[1]。イースタンリーグでは10本塁打を記録[2]サブロー7月31日に故障で離脱したことから、右の代打の切り札として7年ぶりに一軍昇格を果たし、翌8月1日の対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ入り初安打を記録[3]8月3日の対オリックス戦で6番、指名打者で初スタメンとなり、初の猛打賞となる3安打で、初のヒーローインタビューを受けている[2]

2014年

春季キャンプ中の2月、タレントの鷲巣あやのと2013年12月21日に婚姻届を提出していたことを発表した[4]。3月26日のイースタン・リーグの日本ハム戦で審判員への侮辱行為で退場処分を受け、厳重注意と制裁金15万円の処分を受けた[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 ロッテ 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 .500 .000 .500
2013 9 17 16 2 5 2 0 0 7 3 0 0 0 0 0 0 1 4 1 .313 .353 .438 .790
通算:2年 10 19 17 2 5 2 0 0 7 3 0 0 0 0 0 0 2 4 1 .294 .368 .412 .780
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (2005年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]