青木隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青木 隆治
基本情報
出生名 芸名と同じ
出生 1981年1月29日(33歳)
血液型 B型
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市港南区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1997年 -
レーベル unchanged records
事務所 ケンズファミリー
公式サイト 公式プロフィール

青木 隆治(あおき りゅうじ、1981年1月29日 - )は、日本ものまねタレントシンガーソングライターである。

神奈川県横浜市港南区生まれ、足柄下郡真鶴町出身。ケンズファミリー所属。神奈川県立山北高等学校卒。

概要[編集]

同じくものまねタレント・ツートン青木の息子である。父親譲りの歌唱力を持ち、ものまねが評価されて多数のテレビ番組に出演して有名になった。CDも発売、歌手としての一面も持つ。渡辺真知子美空ひばりの歌のものまねが定番である。スマッピ(スマイル&ピース)が彼の合言葉。

歌唱力に自信があった青木はもともと歌手を志していた。16歳の時、1997年3月23日に放送された『NHKのど自慢』(小田原市開催分)でチャンピオンとなり、翌1998年3月14日に開催された同番組のチャンピオン大会に出場、優秀賞を獲得している[1]。しかしオーディションを受けても「歌は上手いけど、心に響かない。説得力が無い。」と評されるばかりで、願いは叶わなかった。20代半ばになってテレビに出て名前を売るために「背に腹は代えられない」という思いから、馬鹿にしていたものまねで研ナオコの引きもあり、テレビ番組に出場するようになる[2]

青木曰く、目標はあくまでも「自分のオリジナルの曲で認めてもらい、武道館のステージに立つこと」にある[2]2010年に歌手としてメジャーデビューすることがブログで報告された。同年3月3日に『言葉/二つの糸』の両A面のシングルが発売され、メジャーデビューを果たした。2012年12月12日発売のアルバム『扉』以降の音楽活動は「フェイス」名義で行う。

人物[編集]

  • 身長166cm、体重52kg、胸囲91cm、ウエスト75cm、靴のサイズ25cm。
  • 趣味ギターサッカー
  • 学生時代、ものまねが嫌いで、ものまねタレントにはなりたくないと思っていた(ものまねタレントとなった父を「歌手として自分の声で勝負できないからものまねに走った」と思い込んでいた)。しかし、父のライブを舞台袖で見た際、ものまねに感動し、改めてものまねの素晴らしさを知った。自身で練習を積み重ね、それがきっかけでものまねタレントになるに至った。テレビで初披露したものまねはポルノグラフィティの『サウダージ』(『ものまねバトル』にて)。
  • この『ものまねバトル』初出演時、青木は収録前に共演者やスタッフに挨拶しなかったという[要出典]コロッケ「いくら歌が上手くても、挨拶やお礼も言えないような人間は相手にされないよ。」とアドバイスされ、以後コロッケを尊敬するようになる[2]
  • ものまねグランプリ』ではコロッケ、原口あきまさと並び「ものまねBIG3」と呼ばれている[3]
  • 妹が1人いる。

ものまねレパートリー[編集]

男性アーティスト[編集]

女性アーティスト[編集]

その他[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ほか多数

ライブ[編集]

  • 青木隆治 アコースティックLIVE vol.1(2007年8月27日、恵比寿天窓.switch)
  • 青木隆治アコースティックライブ(2008年3月23日、キサラ)
  • 青木隆治 Live2009 Lien〜絆〜Vol.1(2009年1月31日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治 Live2009 Lien〜絆〜Vol.2(2009年4月5日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治『VOICE』〜2010 First Live〜(2010年1月29日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治『VOICE』(2010年3月6日、南青山MANDALA)
  • 青木隆治『VOICE Vol.2』(2010年7月25日、原宿アストロホール)
  • VAMPS主催「HALLOWEEN PARTY 2010」(2010年10月30日) - サプライズゲスト
  • 青木隆治 バースデー企画『Lien 〜一泊二日の旅 in ATAMI〜』(2011年1月29日・30日、熱海後楽園ホテル
  • HIBARI7DAYS フィルム、トーク&ライブ!!「Pop'n' Roll ひばりちゃん!」(2011年2月22日、世田谷パブリックシアター)
  • 青木隆治コンサートツアー2011 Lien(2011年7月29日 - 11月23日)
  • 青木隆治コンサートツアー2012-2013(2012年12月27日 - 2013年1月29日)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 作品名 オリコン
最高順位
インディーズシングル
1st 2007年1月28日 Love Road
メジャーシングル
2nd 2010年3月3日 言葉/二つの糸 130
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

アルバム[編集]

# 発売日 作品名 オリコン
最高順位
1st 2011年7月20日 Lien-リアン- 8位
2nd 2012年7月18日 VOICE 199X 11位
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

ミュージック・ビデオ[編集]

ビデオ 監督
2011年 Lien [5]

脚注[編集]

  1. ^ 平成9年度NHKのど自慢チャンピオン大会 スクランブルエッグ 1998年10月11日付記事
  2. ^ a b c 【エンタがビタミン♪】"奇跡の歌声"の青木隆治。モノマネを馬鹿にしていた頃、コロッケから言われた言葉。” (日本語). 株式会社メディアプロダクツジャパン (2011年2月11日). 2010年6月24日閲覧。
  3. ^ コロッケ·原口あきまさ·青木隆治の「ものまねBIG3」が究極のコラボ!?”. テレビドガッチ (2011年4月7日). 2013年7月31日閲覧。
  4. ^ 日本テレビ、2011年6月4日放送回「ぶらり途中下車の旅」より。
  5. ^ Lien” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年7月20日). 2011年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]