青木まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 競泳
オリンピック
1972 女子 100mバタフライ
世界水泳選手権
1973 女子 100mバタフライ

青木 まゆみ(あおき まゆみ、本名・西口まゆみ[1]1953年5月1日[1] - )は日本の競泳選手。オリンピック金メダリスト。現在は教師熊本県山鹿市(旧菊鹿町)出身[2]

現役時代の得意の泳法は、腕でひとかきする間に2回のキックをする「2ビート泳法」であった。

来歴[編集]

本人によると、初めて泳げるようになったのは小学6年生の頃、とのことで、それまでは泳げなかったという。当時父親に「中学生にもなるのに泳げないのは恥ずかしい」と言われ、自宅近くの川で練習して25mが泳げるようになった。

その後、中学3年のときに大阪に水泳留学し、山田スイミングクラブで練習を重ねる。その精悍な体つきと風貌から「女金時」や「金太郎」という異名が付けられた。ミュンヘンオリンピック開催の1972年に高校を卒業するが、就職・進学を行わずに練習に専念した。

同年7月21日の日本選手権で、100mバタフライで1分3秒9の世界新記録を樹立、金メダル候補となる。9月1日のオリンピック本番でも1分3秒3の世界新記録で優勝。個人種目としてはベルリンオリンピック200m平泳ぎの前畑秀子以来の日本人女子金メダリストとなった。

当然、優勝は本人にとって嬉しいことであったが、今のようにガッツポーズすることはなかった。当時の風潮ではガッツポーズは「生意気だ」「いつからそんなに偉くなった」などと思われていたためできなかった、と本人は述べている。また、時代背景もあり、「今と違って金メダルを獲ったからといって人生が変わったとかはない。青春の1ページだった」とも述べている。しかしミュンヘン・オリンピック100mバタフライ決勝前の選手ミーティングでは外国のライバル選手を睨みつけ闘争精神を前面に表すなど気の強さを見せつけた。

1973年天理大学に進学し、同年の世界水泳選手権ベオグラード)では100mバタフライで銅メダルを獲得した。

大学卒業後は西宮市立西宮高等学校の体育科教諭として採用され、現在は西宮市立西宮東高等学校に勤める。

現役引退後は長らく公の場への出席やマスコミとの接触を断ってきていたが、近年は講演を行うなど経歴を生かした活動を行うようになっている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 青木まゆみ とは - コトバンク”. 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ 菊鹿町閉町式 (PDF)”. 山鹿市. p. 48. 2012年6月27日閲覧。