青島ビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tsingtao Brewery Company Limited
青岛啤酒股份有限公司
企業形態 公開株式会社
取引所 SEHK: 168 SSE: 600600 OTCBB: TSGTY
設立 1903年
本拠所在地 中華人民共和国山東省青島
事業地域 世界中に輸出されている
代表者等 Chairman: Jin Zhiguo
ウェブサイト tsingtao.com.cn/en/
青島ビール
Tsingtaobeerbottle.jpg
各種表記
繁体字 青島啤酒
簡体字 青岛啤酒
拼音 Qīngdǎo Píjiǔ
発音: チンタオ ピージュウ
英文 Tsingtao Beer
テンプレートを表示
Tsingtao1.jpg

青島ビール(チンタオビール)は、1903年中華人民共和国山東省青島(チンタオ)で製造が始まった、ビールのブランド。中国で最も古いビールの一つである。メーカーの正式名称は青岛啤酒股份有限公司Tsingtao Brewery Company Limited)。青島啤酒股份有限公司の社長は金志国。現在、上海証券取引所香港証券取引所に上場。

沿革[編集]

青島1898年よりドイツ租借地となり、租借地経営の一環としての産業振興策としてビール生産の技術移転を行った。

1903年ドイツの投資家がこの地でのビール製造を開始を期して「日耳曼啤酒公司青島股份公司」(ゲルマンビール会社 青島株式会社)を興す。ドイツのビール醸造技術を採用した。

1914年第一次世界大戦で日本がドイツ権益であった青島を占領(青島攻略戦)し、戦後の講和条約である1919年ヴェルサイユ条約でドイツから青島の租借権等を引き継ぐことを認められる。これらの諸権益の引き継ぎを受け、その一つであった青島ビールも日本の大日本麦酒が買収し経営を行うこととなった。大日本麦酒は設備を拡大して、この工場で札幌ビールと朝日ビールの製造も行なった[1]。なおその後、1922年山東還付条約によって山東半島に係る日本側の諸権益は中華民国に返還されるが、青島ビールの経営は引き続き大日本麦酒が行った。

1945年の日本の敗戦によって青島ビールの経営権は中国側に完全に接収され、中華民国及び中華人民共和国国営企業による経営が行われた。

1993年には中国の国営企業として初めて香港H株市場に上場する。その後、改革開放路線の進展に伴い、民営化された。

1999年から大日本麦酒の後身であるアサヒビール深圳に合弁企業、深圳青島啤酒朝日有限公司(青島40%、アサヒ60%)を設立し、中国国内向け「スーパードライ」の現地生産・出荷を行っている。一方で、日本向けには青島ビール(共同開発した生ビール)を出荷していたが、2009年3月の出荷をもって終了した。現在は日本ビールが輸入している。

2002年アメリカアンハイザー・ブッシュと戦略的提携を締結し、アンハイザー・ブッシュは発行済み株式の約27%を取得した。ただし2009年1月にアンハイザー・ブッシュ・インベブ(2008年にアンハイザー・ブッシュとインベブが合併して誕生)の保有する株式の大半(発行済み株式の約20%)をアサヒビールが取得しており[2]、出資関係という点で見るとアサヒビールとの関係が強化されている。

現在では、中国国内占有率は12.5%(2002年、1位)、販売量298万トン(2002年)であり、世界50ヵ国以上で販売されているグローバルなビールブランドとなっている。

青島国際ビール祭[編集]

青島では毎年8月第2週に青島国際ビール祭(青岛国际啤酒节)が開催されており、文化イベントなど様々な催しが行われる。

スポーツへの協賛[編集]

2008年開催の北京オリンピックのローカルスポンサー(公式スポンサー)であった。

関連項目[編集]

  • 青島ビール博物館 (The World of Tsingtao) :青島ビール創業の地にある博物館。1903年築の煉瓦造りの工場内で、会社の歴史や生産工程を見学できる。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山東鐵道旅行案内 青島守備軍民政部 鉄道部 1920年初版 1921年訂正増補
  2. ^ 中国における青島啤酒股份有限公司の株式一部取得に関するお知らせ - アサヒビール・2009年1月23日