青山脳病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

青山脳病院(あおやまのうびょういん)は、かつて東京・青山にあった精神病院(当時の呼称で「脳病院」)である。1907年明治40年)に開院すると「ローマ式建築」の威容が地元の名物となり、また、昭和時代には医師で歌人の斎藤茂吉が院長を務めていたことでも知られる。

歴史[編集]

開院[編集]

1907年明治40年)9月、それまで東京・浅草と同・神田で診療していた医師・斎藤紀一によって、東京市赤坂区青山南町五丁目(現在の港区南青山4丁目)に開設された。

病院の建物は「ローマ式建築」と称され、前面には円柱が並び、屋根には複数の尖塔がそびえ、正面玄関の上には時計塔が備わっていた。また、本館の外壁、塀から浴場に至るまで、すべて赤レンガが使用されていたという[1]。当時は野原であった場所に完成したこの建物の威容によって、病院は一躍青山の名所となった[2]

病院の敷地面積は、約4,500であった[3]

失火による焼失[編集]

1924年大正13年)12月29日、青山脳病院は全焼し、20名の患者が焼死した[4]。院長で経営者の斎藤紀一が前年の衆議院選挙で資金の多くを失っていたこと、また、火災保険が失効していたことなどから、病院の再建は資金的に困難なものとなった[4]

さらに、開業時には野原であった病院の周辺もこの頃までには市街地として繁華になっており、精神病院を再建すること自体に近隣住民の反対が強まった[4]。また、青山脳病院の土地はもともと借地であったが、地主からも土地の返還要求がなされた[4]。さらに、当時の衛生行政を担当していたのは警察であったが、警視庁も精神病院の建設は郊外でなくては不許可とするという方針であり、青山脳病院の再建は青山からの移転を免れないこととなった[4]

1925年大正14年)5月頃、移転先として松澤村松原(現在の世田谷区松原)を決定、もとの青山の地には小規模な脳外科の診療所を再建することとなった[4]。この後、松原の精神病院は「青山脳病院 本院(松澤本院)」、青山の診療所は「青山脳病院 分院(青山分院)」と呼ばれた。

移転後の本院(松原)[編集]

移転先は松沢村松原の約8,500坪の借地であり、当時開通したばかりだった玉川電車・下高井戸線の山下駅から至近、周囲は一面の畑であった[4]。警視庁の許可が下り、正式に開業したのは、旧青山脳病院が火災で焼失してから約1年半後の、1926年大正15年)4月7日である[4]。郊外に移転したものの、病院名には引き続き「青山」の名称が冠されていた。

新病院は、精神病患者300名以上を収容できるような大規模なものであり、8棟の病棟から構成されていた[5]。院長職は引き続き斎藤紀一が務めたが、病院では患者の逃走、放火未遂、器物損壊などの問題が相次いだことから、斎藤は所轄の世田谷署にしばしば出頭を命じられた。その後ついには警視庁から院長の更迭を要求され、1927年昭和2年)4月25日、婿養子の斎藤茂吉が新院長に就任することとなった。

大東亜戦争中の1942年昭和17年)10月、移転後の本院でも火災が発生した。これは入院患者の放火によるものであり、「第4病棟」の1階を全焼、女性患者1名が死亡している[5]。戦争が長引くにつれ、病院では人員や資材が不足して経営が困難となっていった。院長の斎藤茂吉は自身の老いと診療の限界を自覚するようになっていたが、同時期に青山脳病院を、精神科病院である松沢病院被災時の予備として東京都への譲渡することが打診された[6]。これを受けて院長・斎藤茂吉は、青山脳病院を東京都へ譲渡し、自身は山形の郷里に疎開することを決定した[5]

この結果、青山脳病院は1945年(昭和20年)5月18日に「東京都立松沢病院 梅ヶ丘分院」に代わった[6]。しかしながらその僅か1週間後の同年5月25日、病院はアメリカ軍が行った空襲によって半焼する被害を受けている。

松沢病院梅ヶ丘分院となっていた病院は日本の敗戦後の1952年昭和27年)、「東京都立梅ヶ丘病院」として独立、2010年平成22年)に閉院するまで、小児精神病院として診療していた。

再建後の分院(青山)[編集]

旧青山脳病院が焼失した後、東京郊外の松沢村松原に再建されるまでのあいだ、青山には仮診療所が置かれ、細々と診療が続けられていた[4]。この地においては精神病院の建設をしないことが地主との間で約束されていたため、1929年昭和4年)には焼け跡に建てられていたバラックが壊され[7]、診療所と斎藤茂吉一家のための居宅のみが建設された[4]

診療所は脳神経科を標榜しており、形式上は精神病院ではなかった[4]。また、入院許可患者は30名までと規定されていた[5]。診療所の建物は、中庭のある方形の二階建てで、1階には10の病室、2階には特別病室が設けられていた[5]。また、玄関には車廻しの円形の道がついていて、鉄筋作りのクリーム色のガレージやアオキの植え込みがあるなど、瀟洒な作りとなっていた[8]

作家・芥川龍之介は、斎藤茂吉の知己であるとともに、患者でもあったが、斎藤茂吉の元で診療を受けていた1927年昭和2年)7月に服毒自殺している。芥川の作品のひとつには、青山脳病院と考えられる病院が描かれている[9]

しかしながらこの診療所も1945年昭和20年)5月25日、アメリカ軍による東京大空襲(山の手の大空襲)で被災し、全焼した。斎藤茂吉の息子、北杜夫は自身の著書『楡家の人びと』において、当時の惨状を詳しく記載している。

跡地[編集]

青山脳病院跡地
(2011年、東京・青山)
青山脳病院跡地
(2011年、東京・南青山

青山脳病院発祥の地であり、青山分院の跡地である港区南青山4丁目の場所は現在、王子製紙の関連会社が所有・運営するマンションとなっているが、その入口付近には青山脳病院を記念して斎藤茂吉の歌碑が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ 斎藤茂太 「赤いレンガ」 『医学芸術』 昭和57年10月号 斎藤茂吉生誕百年 坪井医院(千代田区神田和泉町1)のウェブサイトへの転載、平成23年11月3日閲覧
  2. ^ 青山脳病院 『表参道が燃えた日』 「表参道が燃えた日」編集委員会 2008年2月15日発行
  3. ^ 『青山脳病院一覧』 明治43年発行
  4. ^ a b c d e f g h i j k 斎藤茂吉と青山脳病院再建 (PDF) 小泉博明 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No.10(2009)
  5. ^ a b c d e 斎藤茂吉と青山脳病院院長(3) (PDF) 小泉博明 『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』 No.12, 073-084 (2011)
  6. ^ a b 斎藤茂太 『精神科医三代』 中公新書 昭和46年刊
  7. ^ 山上次郎 『斎藤茂吉の生涯』 文藝春秋 昭和49年刊
  8. ^ 北杜夫 『茂吉彷徨』 岩波現代文庫 平成13年
  9. ^ 「そのうちに僕は縁起の好い緑いろの車をみつけ、兎に角青山の墓地に近い精神病院へ出かけることにした」 芥川龍之介 『歯車』 昭和2年刊