青山純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青山純
基本情報
出生名 青山純
別名 アレックス / あおじゅん
出生 1957年3月10日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 2013年12月3日(満56歳没)
血液型 A型
ジャンル フュージョン
J-POP
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムス
活動期間 1975年 - 2013年
共同作業者 T-SQUARE
プリズム
キリング・タイム
FUTURE DAYS
MAMBABOO

青山 純(あおやま じゅん、1957年(昭和32年)3月10日 - 2013年(平成25年)12月3日)は、東京都出身のドラマー

概要[編集]

スタジオミュージシャンとして様々なミュージシャンと共演し、ライブやツアーのサポートメンバーとしても精力的に活動していた。特に1980年代から90年代、山下達郎のレコーディング、ライブ活動でのレギュラードラマーとしての活動が知られている。またロックポップスジャズなど、ジャンルを超えて幅広く活躍。主に独ソナーSONOR)社製のドラムを用いた。息子の青山英樹、青山友樹もそれぞれプロドラマーとして活動している。2014年1月19日26日に放送された「山下達郎のサンデー・ソングブック」での青山の追悼特集(下述)の中で、この10年来は健康を害していたため、山下の3時間以上に及ぶライブでの演奏は体力的に難しい状況にあり、メンバーチェンジに至った事が明かされている。

来歴[編集]

* 2014年(平成26年) - TOKYO FMの番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」で、1月19日」[3] 、1月26日[4]の2回にわたり「極私的(きょくしてき)青山純 追悼特集」として、山下達郎から見たドラマー青山純の業績を偲ぶ特集が放送された。

主な活動[編集]

レコーディング参加[編集]

など。

ライブ参加[編集]

など。

主な参加ユニット[編集]

DVD[編集]

  • 教則DVD『青山純 一つ打ちの真髄』(2011年)
  • ライヴDVD『青山純Super Sessions feat.今剛×伊藤広規×KAZ南沢×エルトン永田×Mac清水 LIVE!』(2011年)

CD[編集]

  • 『JUN AOYAMA Super Sessions feat.KOHKI ITO,KAZ MINAMIZAWA,ELTON NAGATA,TSUYOSHI KON,MAC SHIMIZU LIVE!!』(2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 青山英樹のtwitter 2013年12月5日
  2. ^ “名ドラマー・青山純さん 肺血栓塞栓症で死去 息子が正式発表”. Sponichi Annexインターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月5日). https://web.archive.org/web/20131212055933/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007142760.html 2014年1月18日閲覧。 
  3. ^ "1110回:極私的・青山純追悼 Part 1". 山下達郎のサンデー・ソングブック. JFN. 2013年1月19日放送.
  4. ^ "1111回:極私的・青山純追悼 Part 2". 山下達郎のサンデー・ソングブック. JFN. 2013年1月26日放送.

外部リンク[編集]