青い棘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青い棘
Was nützt die Liebe in Gedanken
監督 アヒム・フォン・ボリエス
脚本 ヘンドリック・ハンドレーグテン
原案 アネッテ・ヘス
アレクサンダー・プフォイファー
原作 アルノ・マイヤー・ツー・キュイングドルフ
製作 シュテファン・アルント
出演者 ダニエル・ブリュール
アンナ・マリア・ミューエ
音楽 トーマス・フェイナー
撮影 ユタ・ポールマン
編集 ゲルガナ・フォイクト
アンティエ・ツィンガ
配給 日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ドイツの旗 2004年11月24日
日本の旗 2005年10月29日
上映時間 90分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

青い棘』(あおいとげ、原題: Was nützt die Liebe in Gedanken, 英題: Love in Thoughts)は、2004年制作のドイツの映画1927年ドイツベルリンで実際に起こった事件 "Steglitzer Schülertragödie" (シュテークリッツ校の悲劇)を元にしている。

ストーリー[編集]

ベルリンの寄宿学校に通う少年、パウルとギュンター。

家庭環境も性格もまったく対照的な二人だったが、ある“秘め事”のために結束する。

そして、友人たちと訪れた静かな湖畔の別荘。

光に溢れたその場所が、やがて惨劇の舞台となる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

シュテークリッツ校の悲劇[編集]

1927年6月に、ベルリンのシュテークリッツ校の学生が起こした殺人事件とその裁判。被告となったPaul Krantzは当時19歳で、貧民街出身の奨学生。その学友のGünther Scheller は、金持ちの実業家の息子。その妹Hildeは15歳だが性的に奔放で、高校を中退して働いていた18歳のHans Stephanと付き合っていた。4人はベルリン近郊マーロウにあるScheller家の別荘に行き、酔った勢いでPaulとGüntherは、「GüntherがHansを、PaulがHildeを殺して、それぞれ自殺する」という契約書を書いた。翌日ベルリン市内のアルブレヒト通りにあるScheller家でGüntherは約束どおりHansを銃で殺害後自殺したが、Paulは決行しなかった。銃はPaulのものだったため、1928年2月、Paulは銃の不法所持の罪で3週間の投獄を命じられた(判決時にすでに3週間たっていたため裁判後釈放)。この事件は「青い棘」以前にも、1929年(Carl Boesse監督)と1960年(Max Nosseck監督)に映画化されている。

1931年にPaulはErnst Erich Nothのペンネームで自伝的小説«Die Mietskaserne. Roman junger Menschen»を発表したが、当時ドイツでは自殺が急増し[1]、社会問題化していたことから、翌年発禁処分になる(1982年に再版)。PaulはNoth名でその後も本を何冊か書いており、1970年にフランスで出版した«Memoires d'un Allemand»では、「(事件当時)ドイツでは少年愛はすでに広く行なわれており、良家の子息である学友の中には小遣い銭稼ぎに金持ち紳士をパトロンとしている者も何人かいた」と証言している。Paulは1983年に74歳で死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2774.html

外部リンク[編集]