霍見芳浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霍見 芳浩(つるみ よしひろ、1935年 - )は日本の経済学者

来歴[編集]

熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ハーバード大学で経営博士号を取得。その後、慶應義塾大学ハーバード大学経営大学院、カリフォルニア大学ロサンゼルス校UCLA)経営大学院、コロンビア大学経営大学院で教鞭を取り、現在は、ニューヨーク市立大学大学院センターのビジネス学部教授を務めている。

研究内容・政治的姿勢[編集]

  • ハーバード大学院の学生であったジョージ・W・ブッシュの大統領就任が決まった直後のマスコミの取材で、当時のブッシュの印象を聞かれて「普通、授業を教えた生徒の事はいちいち覚えていないものだが、彼は非常に出来の悪い生徒だったのでよく覚えている」「もう箸にも棒にもかからない」「典型的な金持ちのお坊ちゃま。怠惰で授業態度も悪く、大統領はおろかどんな組織のリーダーも務まる人物ではないと思った」と答えている[1]
  • 小泉純一郎首相が強力に推し進めた自衛隊イラク派遣を、日本のニュースバラエティ番組の「筑紫哲也NEWS23」に出演した際に激しく批判した。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Japanese are Coming: A Multinational Interaction of Firms and Politics, (Ballinger Pub. Co., 1976).
  • Multinational Management: Business Strategy and Government Policy, (Ballinger Pub. Co., 1977).
  • Technology Transfer and Foreign Trade: the Case of Japan, 1950-1966, (Arno Press, 1980).
  • 『怒れるアメリカ――日本の企業戦略再点検』(東洋経済新報社, 1983年)
  • 『脱日本のすすめ――米・韓連合を破る戦略』(光文社, 1987年)
  • 『霍見芳浩の日本再活論――対米交渉の妙手』(講談社, 1987年)
  • 『日米摩擦――対日制裁下の企業戦略』(講談社[講談社文庫], 1988年)
  • 『地球時代を世界と生きる――ニューヨークから愛する日本へ』(ほんの木, 1989年)
  • 『バカな円vs.不安なドル――狙われる日本の弱点』(プレジデント社, 1989年)
  • 『通念破壊――日本とアメリカにつけたい薬』(読売新聞社, 1996年)
  • 『アメリカのゆくえ、日本のゆくえ――司馬遼太郎との対話から』(日本放送出版協会, 2002年)

訳書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2000年11月27日付けの日刊ゲンダイ、CNN.COM 2004年9月13日配信記事  http://edition.cnn.com/2004/ALLPOLITICS/09/13/bush.professor/

外部リンク[編集]