霊能者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霊能者(れいのうしゃ)とは、霊的存在や霊的世界と接触・交流する能力(霊能力)を持つとされる人物のこと。

概略[編集]

霊的な存在を自身の身体を使って語らせたりするいわゆる“霊媒”(ミーディアム)も多くは霊感体質であるとされる。

また、「神の言葉を人々に伝えるとされる預言者も多くの場合、霊感体質(霊媒体質)である」と言われることがある。しかしながら、ユダヤ教旧約聖書中において、死者の霊魂に伺いを立てる者や口寄せ、また霊媒的行為は原則的に禁止する趣旨の文章が明記されており(申命記18章10〜11節)、実際のところ詳しいことはわかっていない。

「日本では僧侶神官巫女占い師祈祷師などの職業をしている人の中に若干そういう人たちが存在する」とされる。

青森県むつ市恐山大祭の時に集まることでも知られる東北地方イタコは多くが霊的な才能を持っているとされる。視力に障害を持つ人が多い[要出典]が、一般に「目や耳が不自由な人の中にはその感覚を補うために霊感が発達する人がいる」とも言われている[誰によって?]

新興宗教教祖には霊感体質とされる者やそう自称する者も多い。そうした教祖の中には、霊能が無いにもかかわらず霊能者を装って詐欺的な霊感商法を行い信者から金品をまきあげ、それが発覚した事例もあり、発覚した事例では事件として報道されることがある。[1]

占いの分野について言えば、逆にあまり霊感を使う者の少ない手相占いでも主に霊感によって占う者もいる。」と言われることもある。

心霊協会などでの研究[編集]

一般に霊能者や霊能のことを熱心に扱っているのは、各国に存在する心霊現象研究協会(SPR)や日本の心霊協会などである。

科学の領域での研究や懐疑派の見解[編集]

霊能力を扱っている学問的な領域を挙げるとすれば、超心理学がある。超心理学では、霊能力も含めて、様々な不可思議な現象を科学的に解明しようとしている。

現時点の自然科学では、そのメカニズムについては、はっきりしたことは分かっていない。

弁護士の紀藤正樹などは、いわゆる霊能力の中でも病気の治療やヒーリングの能力に関しては「二重盲検法という方法を使えば、本当にその人に能力があるのか無いのかは調べることができる、能力の無い人が行っても、暗示効果により病気が治ったり、手が暖かくなったり・・・といったことは起きる。二重盲検法で霊能的な病気治癒能力が証明されたことはない」といったことを述べた(2007年の紀頭弁護士のブログ[2])。

懐疑派の人の中には(霊能の種類によっては)「[要出典]コールド・リーディングホット・リーディングといった手法を行使してそれらしく思わせている」といって否定する人[誰?]もいる。

霊能者・霊感体質とされたり、そう自称する人の一覧[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、オウム真理教で行われていたことは大きく報道された。また神世界という名の組織の行為が事件化したことがある。
  2. ^ 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版: 2007-12 神世界=びびっととうきょう=えんとらんすアカサカ(-霊感商法事件)
  3. ^ 江原啓之 『江原啓之 本音発言』(講談社 2007年10月19日)
  4. ^ DORIS COLLINS (1918-2003), A Woman of Spirit.
  5. ^ a b 江原啓之 『もっと深くスピリチュアルを知るために』 新潮社 2007年12月1日
  6. ^ 光言社出版企画部(編) 『誰も書かなかった国際合同結婚式』 光言社 1993年3月1日
  7. ^ 朝日新聞』2000年11月14日付ほか
  8. ^ 毎日新聞』1995年3月21日付ほか
  9. ^ 江原啓之「スピリチュアリスト」宣言
  10. ^ 全米のカリスマ霊能者、アリソン・デュボア独占インタビュー!シネマトゥデイ
  11. ^ 由良瑞希公式サイト