霊太后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霊太后(れいたいごう、? - 528年)は、中国北魏の第8代皇帝である宣武帝の妃嬪であり、第9代孝明帝の実母である。姓は胡氏で、父は司徒胡国珍。霊はで、正式の諡号は宣武霊皇后となる。霊太后胡氏胡太后とも称される。宣武帝の没後、皇太后となってから北魏の実権者となったため霊太后として知られるが、帝の存命中は胡貴嬪である。また胡充華ともいう。

生涯[編集]

安定郡臨涇県(現甘粛省鎮原県)の人。宮中に入り、充華から貴嬪に進んだ。聡明で才知深く、仏教を篤信した。当時の北魏の後宮では、皇子が立太子されるとその生母は死を賜うという習慣があった。そのため、妃嬪や宮人はみな皇女を産むことを祈願していた。そんな中で、当時の胡貴嬪は自ら祈願して皇子を産んだ。それが元詡、後の孝明帝である。その後、皇太子の生母に死を賜るという風習は宣武帝によって廃止されたが、それによって皇太子の母が実権を握り、権勢を振るう弊害が生じることとなった。

孝明帝が即位すると、胡充華が皇太妃と尊称されるようになり、その後また皇太后に昇りつめ、臨朝聴政摂政)するに及んだ。その執政には節度が見られず、その紊乱を理由に一時的に北宮に閉居させられたほどであった。しかし525年宦官が実権を掌握し、臣下に政権争いが勃発すると、執政に返り咲いた。

胡国珍が没すると、亡父のために洛陽永寧寺中に九層の大塔を建立した。その風は北魏の人士に及び、城内に仏寺が乱立する事態を招いた。

孝昌4年(528年)、孝明帝が突然崩御した(一説によれば、帝が爾朱栄を頼ろうとしたため、霊太后が毒殺したとされる)。孝明帝には嗣子がなく、胡太后は帝の一人娘を男子と偽り、無理やり帝位に就けた。当然のことながら、事後にそのことが発覚し、改めて孝明帝の従甥に当たる元釗(幼主)を帝位に就けた。

このような目まぐるしい廃立は天下を震撼させるに余りあり、将軍の爾朱栄はその欺瞞を疑い、挙兵に及んだ。そして、わずか15日で京師の洛陽を陥落させ、幼主と胡太后を捕らえた。爾朱栄は幼主と胡太后を連行して黄河に送り、河中に沈めた(河陰の変)。代わって、新たに長楽王の元子攸(孝荘帝)が皇帝に擁立された。

胡太后はその死後に追諡されて、霊太后と呼ばれた。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻9「粛宗紀」、巻13「宣武霊皇后胡氏伝」、巻83「胡国珍伝」
  • 北史』巻13「宣武霊皇后胡氏伝」
  • 洛陽伽藍記』巻1「永寧寺」条

参考文献[編集]

  • 宮城正俊「胡太后物語:ある北魏の墓誌について」(『書品』136、1963年)