霊の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霊の書(れいのしょ、仏語原題 Le Livre des Esprits、英書名The Spirits' Book)は、1857年4月18日フランス教育学アラン・カルデックによって出版されたスピリティズムの書籍。

スピリチュアリズムの五大基本書の1つとされる書籍で、降霊術者のための最初で、そして最も重要な指導書であるとされる。

本書は、の起源、生命の目的、宇宙の秩序、来世についてのFAQあるいは質問集として構成されている。カルデックによれば、それらに対する答えは1850年代に行われた数回の心霊的セッションにおいて、自らを「真実の霊 (The Spirit of Truth) 」と呼ぶ一群の霊から与えられたという。よってカルデックは、自身はこの本の著者ではなく編者に過ぎない、としている。

カルデックは質問と答えをテーマごとに揃えたが、特定の主題においては、カルデックに答える霊がまるでアウグスティヌストマス・アクィナスのような哲学者やヴォルテールのような作家であるかのような冗長な脱線によって、中断されることもあった。

日本語訳[編集]

関連項目[編集]