電解加工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電解加工(でんかいかこう、英語: electrochemical machiningECM)は、工具を-極、被加工物を+極として間隙を隔ててセットし、間隙に電解液を流しながら直流電圧をかけることにより加工する、電解作用を用いた金属加工方法である。

特徴[編集]

  • 難切削材や通常の方法では機械加工が困難な加工箇所に複雑な輪郭や空洞を形成することができる。
  • 難切削材では機械加工に比べ非常に速い速度での加工が可能。
  • 被加工物に熱応力や機械応力がかからない。
  • 加工表面の鏡面仕上げが可能である。

歴史[編集]

  • 1929年 - W. Gussefによって電解加工が開発される。
  • 1959年 - 電解加工がAnocut Engineering Companyによって実用化。

用途[編集]

  • 航空エンジン部品等のタービン羽根のような、一体成型を必要とし機械加工が困難な材質で複雑な形状と滑らかな表面を有する部品の製造。
  • 自動車用部品や各種エンジン部品などバリの脱落によりシステムに不具合を起こすのを嫌う分野でのバリ取り加工。

応用機器[編集]