電照菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電照菊(でんしょうぎく)とは、の栽培方法の1種であり、この栽培方法で栽培されたの総称である。抑制栽培の1種である。

かつては正月から春の彼岸の時期に菊は少なく、この時期に菊が欲しいという需要に対してアメリカで考案された方法である[要出典]

栽培方法[編集]

夜間のビニールハウス
ビニールハウス内部
  • 菊は、日照時間が短くなると花芽を形成し、やがてとなり開花するという性質がある。その性質を利用し、花芽が形成される前に人工的に光をあてることにより、花芽の形成と開花時期を遅らせる方法が電照菊である。
  • 使用する菊は秋に開花する「秋菊」を使用することが多い。
  • ビニールハウスを使用し、秋菊が花芽を形成する前の5~8月頃の夜間(午後10時~翌日午前2時が多い)に、電球などを用いた照明を菊にあてて、花芽を形成させないようにする。9月以降は照明をあてずに、通常と同じ栽培を行なう。これにより開花時期を数ヶ月遅らせ、1月~3月に開花、出荷する。
  • 最近では技術の向上によって、秋菊のみでなく夏菊もこの方法で栽培されており、開花時期を9ヶ月までずらすことが可能である。また、ビニールハウスで覆うことで太陽光を遮る方法も併用することで、様々な菊を様々な時期に開花、出荷を可能としている。
  • 照明は白熱電球が主流であったが、電照菊専用の電灯も開発され、現在はこちらが主流である。近年は省エネルギー地球温暖化防止の観点から、省電力の照明が開発・実用化されている。例えば、蛍光球発光ダイオードなども使われている。

歴史[編集]

産地[編集]

  • 全国でこの電照菊は栽培されているが、田原市豊橋市を中心とした渥美半島で全国の生産量の約30%を占めている。この地域は水不足の問題があったが、1968年(昭和43年)、豊川用水の完成によりほぼ解消されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]