電撃ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京公演(2008年3月2日)

電撃ネットワーク(でんげき -)は、怪我をするほどに身体を張ったで有名なパフォーマンス集団である。日本ではその過激さゆえ敬遠されがちだが、欧米諸国では「TOKYO SHOCK BOYS」の名で知られ、高い評価を得ている。

メンバー[編集]

南部虎弾
ダチョウ倶楽部の元メンバーにして元リーダー。芸のためなら命を惜しまない人物。
三五十五
立て板に水のような喋りを得意とし、MC役を務める。メンバー内でもっとも怪我の少ない人物。元演歌歌手らしい。
ギュウゾウ
強面だが実はインテリである。その怪我は伝説の域に達している。ロックDJとしても活躍。
ダンナ小柳
ギュウゾウ共々生傷が絶えない。電撃の芸はこの人から始まった。

略歴[編集]

  • 1990年 コントトリオ「南部寅太団」を母体に結成。ライブハウスで活動を重ね、深夜番組オールナイトフジにてテレビデビューを果たす。
  • 1991年、デーブ・スペクターの紹介によりLAの人気番組「ベスト・オブ・ザ・ワースト」に出演。これが世界進出のきっかけとなった。
TOKYO SHOCK BOYSという名がついたのもこの時で、「電撃ネットワークじゃ外国人は発音できないから」とデーブが命名した。
デンマークでは女王マルグレーテ2世の前でパフォーマンスを披露し、翌日の新聞に大々的に取り上げられる。
  • 1997年、ニューヨークオフブロードウェイに進出。3ヶ月で71公演という日本人初の快挙を成し遂げる。
  • 1999年、FUJI ROCK FESTIVALに初出演。01年、03年にも出演。
  • 2000年、初の全国ツアー「10th ANNIVERSARY TOUR~ 原点回帰~」を開催。RISING SUN ROCK FESTIVALに出演。
  • 2001年、国内全国TOUR「不死身の男伝説」(21ヶ所24公演)を開催。初のアジア公演、香港公演。
  • 2002年、スペインのイベント「House of Asia Japanese night」に出演。
  • 2003年、国内全国TOUR「一撃必殺 ~怒りの青筋ブチ切れ寸前!~」を開催。
  • 2004年、オーストラリアTOUR 8都市(シドニーメルボルンパース他)を開催。初の韓国公演。
  • 2005年、国内全国TOUR「電撃伝説 ~15周年だよ全員集合!~」を開催。
全世界にネットワークを持つNATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELにて、日本4大奇祭を1年がかりで収録し、メンバーが体験したドキュメント番組が放送される。RISING SUN ROCK FESTIVALに出演。
  • 2006年、オーストラリアの格闘技イベント「XPLOSION」でハーフタイムショーに出演。
  • 2007年、スペインマヨルカ島でのイベント「BROT '07」に出演。
ロシアソチで2014年冬季オリンピック招致イベント「Art Football '07」に出演。
学園祭 淑徳大学をはじめ複数に出演。
フランスパリオランダアムステルダムにて「TOKYO DECADANCE」に出演。
  • 2008年、3年ぶりの国内全国TOUR「危機一髪 ~電撃最大のピンチ~」を開催。
「大銀座落語祭2008」 博品館劇場での公演に出演。
福岡の夏フェス「SunSetLive2008」に出演。
北野武 監督 映画「アキレスと亀」に出演。
  • 2009年、国立代々木競技場第二体育館で開催された「SPLASH INTERNATIONAL 2009」にゲスト出演。
学園祭 日本大学工学部東京医科大学をはじめ複数に出演。
神戸のロックフェス「COMIN’ KOBE」に出演。
三重のロックフェス「GAGNER FESTIVAL」に出演。
逗子のフェス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010」に出演。
東京国際フォーラム爆風スランプの1日限定の復活ライブ「爆風復活しまんすライブ!!~サンプラザ中野くん50歳だー!!~」にサプライズ出演。
  • 2011年、ROCKIN'ON JAPAN 主催のフェス「Japan Jam 2011」に出演。
広島のフェス「FESTA de RAMA 2011」に出演。
学園祭 長岡技術科学大学京都精華大学 をはじめ3校に出演。
ファッションブランド「X-LARGE」とコラボし、「X-LARGE 20周年記念イベント」に出演。
オーストラリアメルボルンでのイベントに出演。

主な芸[編集]

  • サソリを使った芸『サソリ男』
  • 人間打楽器
  • 牛乳を鼻から飲んで目から出す『ミルクマン』
  • 液体化したロウの中に顔を入れる『ワックスマン』
  • 布団圧縮袋に入って空気を抜く『布団圧縮袋即身仏
  • 缶を頭にくっつける『頭くっつき気合男』
  • マジックペンのインクを口に吸い込む『肺活量吸引力男』
  • ドライアイスと水を口に含み白煙を出す『ドライアイス大好き男』
  • グラインダー(工作機械)で金属片を削り、飛び散る火花でタバコの火をつける『火花大好きサンダー野郎』
  • 金属製のゴミを入れるバケツに、メンバーを逆さ吊りにして入れて、その中に爆竹を投げ込む『爆竹地獄』
  • ビニール袋にメンバーを入れてその中に消火器を放出する『即席山海塾
  • 台所用洗剤エンジンオイルを一気飲みする
  • 巨大線香花火の火花を上半身裸の状態で浴びる
  • 陰茎の根元に縄をくくりつけ、綱引きの勝負で勝利する
  • スッポンとキス
  • 千円札をステープラーで耳につける『福耳男ホチキスマン』
  • スーパーウォーターガンで顔面の粉を一気に洗い流す『瞬間メイク落とし』
  • 巨大クラッカーを口で受け止める『バズーカ
  • クラッカーを口で受け止める『クラッカー口内爆裂』
  • 『おなら燃やし』
  • 『牛乳瓶底抜き』
  • ドラム缶を打楽器に見立てたパフォーマンス『Stomp the Noise』

なお、これらの芸は人体に危険が及ぶため、一般人は絶対にマネをしてはならない。

その他[編集]

  • トランス系ミュージックを中心に、音楽と連動した活動も展開しており、CDの楽曲の作曲・アレンジや、ライブでのキーボードプレイヤーとして、genji/nishikataが参加している。
  • パフォーマンスは「人体実験」と称されるほどに過激で、時に下品であったりするのだが、単なる見世物小屋で終わらないのが彼らである。genji/nishikataの音楽と三五十五のMCでの進行、時にはストーリー仕立てで観客を楽しませるなど、様々な演出でエンターテインメントに仕上げている。
  • 日本国外での人気が高い彼らだが、特にオーストラリアでは圧倒的な人気を誇る。日本人としては初めて、現地のテレビCMに出演した。
  • 赤井英和と親交が深い。赤井家の新年会を始めとするパーティでネタを披露することもしばしば。

出版物[編集]

CD[編集]

  • ガツン!(1993年6月25日)※廃盤
  • 富山米(1993年8月25日)
  • gero-gero(1999年10月23日)
  • YELLOW GROOVE(2000年10月18日)
  • PUNK JAP(2001年3月7日)
  • SASORI(2002年7月24日)
  • 電撃伝説(2005年4月6日)
  • 俺はもうダメだ(2006年6月21日)
  • 電撃ネットワークのテーマ(2007年5月26日)※The Surfaris「Wipe Out」のカバー

コンピレーション作品[編集]

  • 熱唱!! ストリートファイターII(1992年12月16日)
  • MEGALOMANIACS SHOW TIME!(2001年3月28日)
  • PHAT WAXX(2004年6月23日)

コラボレーション作品[編集]

  • FLY HIGH/サソリ feat.電撃ネットワーク(2002年1月23日)※THE MAD CAPSULE MARKETSとのコラボレーション

DVD[編集]

  • 電撃ネットワーク ベスト(2001年3月14日)
  • 電撃伝説~15周年だよ全員集合!~(2005年9月21日)

VHS[編集]

  • 公開人体実験(1999年8月21日)
  • MADE IN JAPAN(2000年10月18日)
  • ベスト・オブ・ザ・ワースト(2001年3月14日)

書籍[編集]

  • 電撃ネットワーク南部の公開処刑(1995年3月)
  • 電撃ネットワークの「かかって来い!」痛ッ!(1995年3月)
  • オレ達外国じゃあビッグスター(1998年11月)
  • 電撃伝説―ちょっとあぶない世界の楽しみ方 (2000年9月)
    (注:既刊の「オレ達外国じゃあビッグスター」に書下ろしを加え再編集したもの)

出演[編集]

RADIO[編集]

CM[編集]

漫画[編集]

タイアップ[編集]

パチンコ[編集]

  • CR電撃ネットワーク(2007年、エース電研
  • CRショックボーイズ(2007年、エース電研)

パチスロ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]