電子悲劇/〜ENOLA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電子悲劇/~ENOLA
P-MODELスタジオ・アルバム
リリース オリジナル:1997年11月29日
オンデマンドCD:2009年10月11日
(+6):2011年9月21日
録音 MASTER RECORDING STUDIO
INTERNAL STUDIO
STUDIO PARKSIDE
ジャンル ロック
テクノポップ
ワールド・ミュージック
レーベル 日本コロムビア/TESLAKITE
プロデュース P-MODEL
P-MODEL 年表

1995年
電子悲劇/~ENOLA
1997年
VIRTUAL LIVE1 Live at Roppongi S-KEN Studio 1979
1999年
電子悲劇/~ENOLA 収録の シングル
  1. RocketShoot
    リリース:1996年10月19日
  2. ASHURA CLOCK
    リリース:1997年8月1日
  3. LAYER-GREEN
    リリース:1997年8月30日
テンプレートを表示

電子悲劇/~ENOLA(でんしひげき/エノラ)は、日本の音楽グループであるP-MODELの11枚目のスタジオ・アルバム1997年11月29日日本コロムビアより発売された。その後、2009年10月11日にオンデマンドCDとして再発売された。

また2011年9月21日にはデジタルリマスタリングされた上、シングル「ASHURA CLOCK」「LAYER-GREEN」収録の計6曲が追加されて「電子悲劇/~ENOLA (+6)」として再発売されている。

概要[編集]

上領亘脱退後、実質3人体制となったP-MODELの初アルバム。 P-MODEL作品としては珍しく、平沢進・小西健司が各4曲、福間創が3曲と、メンバー全員がバランスよく作曲している。

シングルRocket Shootから「レイヤー・グリーンの危機 -議定書を探せ-」というストーリーが始まっており、シングル・アルバム・ライブ・万国点検隊(当時行われていたファンクラブ旅行)・インターネットでストーリーが繋がるというインタラクティブライブの発展版が行われた。このアルバムもオリジナル版のみCD-EXTRAとなっておりストーリーの一部が観覧できる。

ストーリーの結末はツアー最終日「LIVE電子悲劇 COLOR-0」でのみ説明されためストーリーの全貌は不明であったが、現在ではP-MODEL30周年・ソロ20周年特設サイト「凝縮する過去 還弦主義8760時間」で観覧できる。

収録曲[編集]

  1. ENOLA
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    タイトルはALONE(孤独)の倒語。これとは別に「病」をテーマとしており、LIVE電子悲劇でも病原菌の名として登場する。
    平沢ソロライブ「点呼する惑星」でも演奏された。こちらも病のイメージが採用されている。
  2. HIDDEN PROTOCOL(release 2)
    • 作詞・作曲:小西健司/編曲:P-MODEL
    シングルバージョンにあったイントロのドラムが無くなっている他、間奏のドラムソロがステレオ再生される。
  3. BOGY
    • 作詞:福間創・平沢進/作曲:福間創 編曲:P-MODEL
    サビ以外は福間が歌っている。
  4. Rocket Shoot Ⅱ
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    • シングルバージョン「Rocket Shoot」とはボーカルパートが大きく異なる。
  5. ENN
    • 作詞・作曲:小西健司/編曲:P-MODEL
    メインボーカルは小西。平沢はサビの一部分で小西とは違う歌詞を同時に歌っている。
  6. 衛星ALONE - Satellite ALONE
    • 作詞:福間創・平沢進/作曲:福間創 編曲:P-MODEL
  7. LAYER-GREEN(ver.1.05 Gold)
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    シングルバージョンの間奏ではキーボードがメインであったが、こちらではギターがメインで演奏されている。
  8. Spiritus
    • 作詞・作曲:小西健司/編曲:P-MODEL
  9. ASHURA CLOCK(Discommunicator)
    • 作詞:平沢進/作曲:福間創 編曲:P-MODEL
    歌詞の一部に人身売買を連想させるフレーズがあり、レコ倫に指摘されたため当て字となっている。
    福間の連絡ミスからギターソロ部分に歌詞を入れてしまったため、制作段階では幻の4番が存在した。
    2010年に平沢ソロ作品としてリメイクされ、「突弦変異」に収録された。こちらは平沢の作曲とされている。
  10. Black in White
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    ガムランをサンプリングしている。
    平沢の声が半音上げられて歌われている。
  11. A Strange Fruit
    • 作曲:小西健司/編曲:P-MODEL

参加ミュージシャン[編集]

関連リンク[編集]