零点エネルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

零点エネルギー(れいてんえねるぎー、ゼロ点エネルギーとも言う、Zero-point energy)とは、絶対零度においても原子が不確定性原理のために静止せずに一定の振動をする場合のエネルギーである。

零点エネルギーは量子力学の における最も低いエネルギーである。基底状態のエネルギーと言いかえることもできる。量子力学では、すべての粒子には波動性を持っているため、基底状態であっても振動した状態にあり、零点エネルギーというエネルギーを持つことになる。結果として、絶対零度であっても振動していることになる。たとえば、液体ヘリウムは零点エネルギーの影響で、大気圧中ではどんなに温度を下げても固体になることはない。

零点エネルギーの考えは、1913年のドイツにおいて、アルバート・アインシュタインオットー・シュテルンによって生み出された。この考えは1900年に書かれたマックス・プランクの式を元にしている [1] [2]

零点エネルギーを扱った作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Laidler, K. J. (2001). The World of Physical Chemistry. Oxford University Press. p. 324. ISBN 0-19-855919-4. 
  2. ^ Einstein, A.; Stern, O. (1913). “Einige Argumente für die Annahme einer molekularen Agitation beim absoluten Nullpunkt”. Annalen der Physik 40 (3): 551. Bibcode 1913AnP...345..551E. doi:10.1002/andp.19133450309. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]