零元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学において、零元(れいげん、ぜろげん)とは、

のことである。などのよく知られた代数系における加法単位元は、積に関して吸収元となる。 マグマ S の零元をあらわす記号には数字の 0 を流用して、0S あるいは単に 0 などと記すのが普通である。