集集鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南投県の旗 南投県 集集鎮
別称: 集集社
Jiji station.JPG
集集駅駅舎
地理
Nantou syuusyuutin.svg
位置 北緯23°49'
東経120°47'
面積: 49.7268 km²
各種表記
繁体字: 集集鎮
日本語読み: しゅうしゅう
漢語: Jíjí
通用: -
注音符号: ㄐㄧˊ ㄐㄧˊ
片仮名転写: ジージー
行政
行政区分:
上位行政区画: 南投県の旗 南投県
下位行政区画: 11里127鄰
政府所在地: -
集集鎮長: 嚴鴻邦
公式サイト: 集集鎮公所
情報
総人口: 11,399 人(2014年1月)
戸数: 4,348 戸(2014年1月)
郵便番号: 552
市外局番: 049
集集鎮の木: -
集集鎮の花: -
集集鎮の鳥: -
集集鎮役所
921大地震で倒壊した武昌宮

集集鎮(しゅうしゅうちん)は台湾南投県。台湾でもっとも小さい行政区のひとつである。台中市に近く、自然が豊かで美しく、集集駅には日本時代の古い駅舎も残されていることなどから、人気の観光スポットのひとつになっている。旧正月のランタン祭りも有名。台湾最大湖の日月潭にも近い。

地理[編集]

町の南を濁水渓が横切っている。土地は海抜230mで、標高1392mの山をはじめ、周囲を山で囲まれている。台湾最高峰の玉山 (台湾)(日本統治時代は富士山より高いことから新高山と呼ばれた)の北方の長い尾根のふもとに位置し、登山口としても知られている。

歴史[編集]

  • 台湾原住民はこの地を「チブチブ」と呼んでいた。
  • 1771年から中国の漳州市からの漢民族が多く住むようになった。
  • 1895年に台湾の日本統治時代が始まると、樟脳の集積地として発展した。
  • 1999年、当地を震源地とする921大地震が起こった。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代鎮長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 集集線 集集駅 龍泉駅
省道 台16甲線

観光[編集]

集集攔河堰から濁水渓上流側を望む。右側の河岸は鹿谷郷に属する

外部リンク[編集]