雄琴温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雄琴温泉駅(おごとおんせんえき)は、かつて滋賀県大津市(開業から1951年までは滋賀郡雄琴村)にあった江若鉄道。 当初は雄琴駅であったが、1951年(昭和26年)から大津市のおこなった新源泉の発掘により、旧雄琴村地区が温泉町となったのにともない、雄琴温泉駅と改名された。跡地には現在雄琴市民センターが建てられている[1]

駅に設置された駅名標では、廃止された1969年においても歴史的仮名遣に則り「ごとおんせん」と表記されていた[2]

沿革[編集]

施設[編集]

雄琴温泉駅線路配置図


0 0 0 0 0 0 quai quai BV 0 0 0 0
0 0 0 0 0 courbebg voie voie courbebd 0 0 0 0
0 0 0 courbebg bifhd voie voie voie voie bifhg voie bifbg voie
0 0 Mvoie 0 0 quai quai quai quai 0 Mvoie 0 0
voie bifhd voie voie voie voie voie voie voie courbehd 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


凡例
出典:[3]

隣の駅[編集]

江若鉄道
日吉駅 - 雄琴温泉駅 - 堅田駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ありし日の江若鉄道』大津市歴史博物館企画展図録、2006年、p. 6
  2. ^ 『ありし日の江若鉄道』p. 7掲載の写真。ただし、同書裏表紙の写真では隣の日吉駅・堅田駅で「おごとおんせん」と記されており、統一されていなかった。
  3. ^ 竹内龍三「江若鉄道(私鉄車両めぐり70)」、『鉄道ピクトリアル』通巻192号、鉄道図書刊行会、1967年1月。(再録:『私鉄車両めぐり特集』3、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、1982年、pp. 285-292。

外部リンク[編集]