雀ミサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミサ・ブレヴィス ハ長調雀ミサK.220(196b) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したミサ曲。正確な番号はミサ曲第8番である。『雀のミサ』などと呼ばれることもある。

概要[編集]

モーツァルトはマンハイムパリ旅行に出発する前の2年半は、ザルツブルクに留まって宮廷作曲者の仕事に専念しており、この時期に6曲のミサ曲が書かれた。この作品は自筆譜が失われているため、正確な作曲年代や日付はわかっていないが、1775年または1776年に作曲されたと伝えられている。

『雀ミサ』と呼ばれているのは、曲中の「サンクトゥス」と「ベネディクトゥス」のヴァイオリンの高音域でのモティーフが鳥の囀りに似ていることに由来すると言われている。

編成[編集]

独唱4部(ソプラノアルトテノールバス)、合唱4部、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニヴァイオリン2部、低音楽器、オルガン

構成[編集]

全体は6曲で構成されており、演奏時間は約16分である。

  • 第1曲 キリエ
  • 第2曲 グローリア
  • 第3曲 クレド
  • 第4曲 サンクトゥス
  • 第5曲 ベネディクトゥス
  • 第6曲 アニュス・デイ