隣保同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隣保同盟(りんぽどうめい、英語:Amphictyonic League)は古代ギリシアにおいて、ある特定の神殿もしくは聖域を共同で維持管理するために近隣の都市国家ポリス)や部族間で結ばれた同盟である。アンピクティオン同盟アンピクティオニアとも呼ばれる。デルポイアポロン神殿の隣保同盟が最もよく知られている。

パウサニアスはデルポイの隣保同盟の起源について、デウカリオンの子アンピクテュオンによって創設され、この王の名がアンピクティオニアの語源となったというものと、「隣人」を意味するアンピクティオネス(Ἀμφικτύονες)が語源となったという2つの説を紹介している。[1]

隣保同盟にはヘレネス(ギリシア人)の諸部族が参加した。デルポイの隣保同盟の場合は、まずテルモピュレ近郊のアンテラのデメテル神殿、次いでデルポイのアポロン神殿を管理し、アポロンの聖域で行われたピューティア大祭の開催運営も行なった。

全ギリシア的規模で崇敬を集めた神殿は、その聖域内に奉納による莫大な財産を蓄えていた。そのため、聖域の権益をめぐる争いが、同盟内部において戦争に発展することもあり、それらの戦争は聖戦神聖戦争)と呼ばれた。ピリッポス2世はこのような同盟内部の争いに介入することにより、ギリシア本土におけるマケドニアの覇権を確立した。

[編集]

  1. ^ パウサニアス著、飯尾都人訳『ギリシア記』、龍溪書舎、1991年、p.673.