隣の家の少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
隣の家の少女
The Girl Next Door
著者 ジャック・ケッチャム
訳者 金子浩
発行日 アメリカ合衆国の旗 1989年
日本の旗 1998年
発行元 日本の旗 扶桑社
ジャンル 犯罪
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ページ数 日本の旗 434
テンプレートを表示

隣の家の少女』(: The Girl Next Door)は、ジャック・ケッチャムによる1989年発売の小説。インディアナポリスで実際に起こった殺人事件をベースとしている。

ストーリー[編集]

1958年のアメリカのとある田舎町。12歳の少年デヴィットの隣の家のルースのもとに、両親を亡くしたという美少女のメグとその妹のスーザンが引っ越してくる。デヴィットはすぐにメグに心を奪われるのだが、同時期、彼女らがルースによって凄惨な虐待を受けていることを知る。

小説[編集]

映画[編集]

隣の家の少女
The Girl Next Door
監督 グレゴリー・M・ウィルソン
脚本 ダニエル・ファランズ
フィリップ・ナットマン
製作 ウィリアム・M・ミラー
アンドリュー・ヴァン・デン・ハウテン
製作総指揮 マリウス・カーデル
アルバート・ポーデル
音楽 ライアン・ショア
撮影 ウィリアム・M・ミラー
編集 M・J・フィオーレ
配給 日本の旗 キングレコード=iae
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月3日
日本の旗 2010年3月13日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

2007年グレゴリー・M・ウィルソン監督により映画化された。(英語版

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
メグ・ローリン ブライス・オーファース 小島幸子
デヴィッド少年 ダニエル・マンシェ 下和田ヒロキ
ルース・チャンドラー ブランチ・ベイカー 日野由利加
ウィリー・チャンドラー・ジュニア グラハム・パトリック・マーティン 阿部敦
ダニー・チャンドラー ベンジャミン・ロス・カプラン
スーザン・ローリン マデリン・テイラー
ウーハー オースティン・ウィリアムズ
ドニー Michael Nardella 代永翼
エディ マイケル・ゼゲン 佐藤拓也
デニス・クロッカー スペンサー・リー 許綾香
モラン夫人 キャサリン・メアリー・スチュワート
モラン氏 グラント・ショウ
デヴィッド・モラン ウィリアム・アザートン 森功至
その他 須藤祐実
平尾明香
かぬか光明
牛田裕子
小林かつのり

評価[編集]

ホラー小説家のスティーブン・キングが本作を高く評価していることで知られる。映画版についても「この20年で最も恐ろしく、ショッキングなアメリカ映画」と評している[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]