隠れ端末問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隠れ端末問題 (かくれたんまつもんだい、hidden node problem)とは、ネットワーク通信の分野において、ALOHAや、CSMAIEEE 802.11などのプロトコルで発生する有名な問題である。

概要[編集]

ある2つの端末(ノード)が互いに隠れている、とは、端末同士が互いの信号の到達範囲外にあることを意味する。逆に、端末同士が互いの信号の到達範囲内にある場合は、それらの端末はさらし状態であると表現する(さらし端末問題)。

隠れ端末問題とは、AとBという2つのノードが互いに隠れていて(信号の到達範囲外にあって)、双方が同時にデータを送信した場合に、受信ノードCにおいて、(AとBから同時にデータが届くため)データの衝突(コリジョン)が発生する問題である。AとBは互いに隠れているため、Aからすれば、Bが今データを送信中であるのかどうかを知るすべはない。同様に、Bからすれば、Aが今データを送信中であるのかを知るすべはない。よって、AとBは、受信ノードCに向けて同時にデータを送信してしまうことがありえる。

隠れ端末問題の解決策として、受信ノードを含め、受信ノード周辺にある全てのノードに対して、チャネル(伝送路)が使用中であることを知らせる方法があるが、これでも隠れ端末問題を完全には解決できない。

MACプロトコル(媒体アクセス制御)を設計する際には、隠れ端末問題、さらし端末問題は必ず考慮すべき重要なテーマである。