隅の老人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隅の老人(すみのろうじん、The Old Man in the Corner)は、バロネス・オルツィ推理小説に登場する架空の人物。

ストランド・マガジン』誌に連載されたシャーロック・ホームズシリーズが商業的成功を収めたことにより,、他紙がこぞって登場させた「ホームズのライヴァルたち」と呼ばれる名探偵の一人である。彼の事件譚は1901年より『ロイヤル・マガジン』誌に連載された。初登場作は『フェンチャーチ街の謎』。

概要[編集]

名前を始めとして職業、経歴などは一切不明。エイアレイテッド・ブレッド・カンパニーのノーフォーク街支店、略称「ABCショップ」の隅の席に座り、チーズケーキと牛乳をたいらげ、そしてそこで出会った女性新聞記者のポリー・バートンに、迷宮入りとなった事件の概要と(恐らくは真相を言い当てているのであろう)自身の推理を聞かせる。

頭は相当禿げ上がっており髪の色は薄い。眼は淡い水色で大きな角縁の眼鏡をかけ、服はだぶだぶのツイードのアルスター外套を着る。常に紐の切れ端を持っており、話しながらそれを結んだり解いたりする癖を持つ。余程のことが無い限り真相を警察に伝えようとは思わず、巧妙なトリックを考え出した犯人を称賛することもある。

現場に出向かず新聞の情報などから真実を導き出す推理法は安楽椅子探偵の先駆とも言われているが、時折自ら証拠を集めることもあり、また検死審問にも積極的に参加するなどそうとは言い難い面も持ち合わせている[1]

短編集『The Old Man in the Corner』の最後の短編で謎の失踪を遂げる。それから刊行された第3短編集『Unravelled Knots』で20年の時を経て再び姿を現すものの、最後の短編で再び失踪する[2]

評価[編集]

隅の老人について、エラリー・クイーンハワード・ヘイクラフトは、安楽椅子探偵の先駆者の一人と評した[1][3]。安楽椅子探偵の始まりはマシュー・フィップス・シールの生み出したプリンス・ザレスキーとされる[4]

仁賀克雄は、オルツィがシールの生み出した安楽椅子探偵を発展させ、「『隅の老人』という代表的な安楽椅子探偵を作り上げた」と評している[5]権田萬治監修の『海外ミステリー事典』でも、隅の老人の項目には安楽椅子探偵と記述されている(項目執筆者は仁賀克雄)[6]

安楽椅子探偵の定義には解釈の相違があり、隅の老人が事件関係者の写真を取ったり、法廷へ傍聴に出かけたりと積極的に行動していることから、該当しないと解釈することもできる。郷原宏は、隅の老人には安楽椅子探偵に該当する点があるとしつつ、その物語について「普通の探偵小説の展開部分を省略しただけの物語形式」ともいえる、と評した[3]戸川安宣は隅の老人を「報告者を兼ねる、いわばホームズ=ワトスン兼任の名探偵」と評したが、隅の老人の代表作「ダブリン事件」(Dublin Mystery)では、何も行動を起こさずに新聞の内容だけで推理をしているため、安楽椅子探偵といえるとした[1]

作者のオルツィにとって隅の老人を含む推理小説は大きな存在ではなく、自伝『Links in the Chain of Life』では、歴史ロマン小説『紅はこべ』に関する記述が大部分を占めている。この自伝で、隅の老人についての言及は2回だけだった。オルツィが創造したもう一人の名探偵、レディ・モリイについてはまったく言及がない[1]

作品集[編集]

The Old Man in the Corner - 1909年
『フェンチャーチ街の謎』等初期の作品が収録されており、第一短編集というべきものだが刊行は何故か『The Case of Miss Elliott』より遅い。路標的名短編集リスト「クイーンの定員」に選ばれている。
The Case of Miss Elliott - 1905年
本作に収録された作品ではポリーがワトスン役(作品の語り手)を務める。
Unravelled Knots - 1925年
登場最終作。日本語訳は殆どなされていない。

日本語訳[編集]

  • 隅の老人の事件簿 (創元推理文庫、シャーロック・ホームズのライヴァル、2000年):翻訳は深町眞理子。ISBN:978-4488177010
    • フェンチャーチ街の謎 The Fenchurch Street Mystery
    • 地下鉄の怪事件 The Mysterious Death on the Underground Railway
    • ミス・エリオット事件 The Case of Miss Elliott
    • ダートムア・テラスの悲劇 The Tragedy in Dartmoor Terrace
    • ペブマーシュ殺し The Murder of Miss Pebmarsh
    • リッスン・グローブの謎 The Lisson Grove Mystery
    • トレマーン事件 The Tremarn Case
    • 商船〈アルテミス〉号の危機 The Fate of the "Artemis"
    • コリーニ伯爵の失踪 The Disappearance of Count Collini
    • エアシャムの惨劇 The Aysham Mystery
    • 《バーンズデール荘園》の悲劇 The Tragedy of Barnsdale Manor
    • リージェント・パークの殺人 The Regent's Park Murder
    • 隅の老人最後の事件 The Mysterious Death in Percy Street
  • 隅の老人 完全版 (作品社、2014年)翻訳:平山 雄一 ISBN:978-4-86182-469-2
シリーズ全38篇を収載した全集。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 戸川安宣「シャーロック・ホームズのライヴァルたち――隅の老人と生みの親オルツィ」『隅の老人の事件簿』バロネス・オルツィ著、深町眞理子訳、東京創元社〈創元推理文庫〉、1977年、326-346頁
  2. ^ 中島河太郎・押川曠編著 『名探偵読本5 シャーロック・ホームズのライヴァルたち』 パシフィカ、1979年、45-48頁
  3. ^ a b 郷原宏『名探偵辞典 海外編』東京書籍、1997年、39-41頁
  4. ^ マリー・ロジェの謎」のC・オーギュスト・デュパンを始まりとする説もある。詳細は安楽椅子探偵の項目を参照。
  5. ^ 仁賀克雄『新 海外ミステリ・ガイド』論創社、2008年、30-31頁
  6. ^ 権田萬治監修『海外ミステリー事典』新潮社〈新潮選書〉、2000年、168頁