清和源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陽成源氏から転送)
移動: 案内検索
源氏二十一流 > 清和源氏
清和源氏
家紋
竜胆(代表的な家紋
※ 各、源氏によって異なる。
本姓 朝臣
家祖 第56代清和天皇皇子諸王
種別 皇別
出身地 山城国
著名な人物 清和源氏の人物一覧参照
支流、分家 摂津源氏
大和源氏
河内源氏
その他の支流については、主な清和源氏を参照
凡例 / Category:日本の氏族

清和源氏(せいわげんじ)は、第56代清和天皇皇子諸王を祖とする源氏氏族で、賜姓皇族の一つ。姓(カバネ)は朝臣

概要[編集]

源氏には祖とする天皇別に21の流派(源氏二十一流)があり、清和源氏はそのうちの一つで清和天皇から分かれた氏族である。

清和天皇の皇子のうち4人、孫の王のうち12人が臣籍降下して源氏を称した。中でも第六皇子貞純親王の子・経基王(源経基)の子孫が著しく繁栄した。

中級貴族であった経基の子・源満仲(多田満仲)は、藤原北家摂関政治の確立に協力して中央における武門としての地位を築き、摂津国川辺郡多田の地に武士団を形成した。そして彼の子である頼光頼親頼信らも父と同様に藤原摂関家に仕えて勢力を拡大した。のちに主流となる頼信の嫡流が東国の武士団を支配下に置いて武門の棟梁としての地位を固め、源頼朝の代に鎌倉幕府を開き武家政権を確立した。

その後の子孫は、嫡流源氏将軍足利将軍家として武家政権を主宰したほか、一門からも守護大名国人が出て活躍した。また一部は公卿となり、堂上家として竹内家が出た。

出自[編集]

初期清和源氏の略系図(源満仲の子まで) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

一般に武家として知られる清和源氏の起源は、清和天皇の第六皇子貞純親王の子である経基王(六孫王)が臣籍降下により源姓を賜り源経基と名乗ったことに遡る。

経基の名跡を継いだ源満仲は、摂津国川辺郡多田(現 兵庫県川西市多田)を本拠地として源氏武士団を形成した。酒呑童子退治などで有名な満仲の長男源頼光摂津国に拠点を置いたことから、摂津源氏と呼ばれる武士団を形成した。摂津源氏の中で多田に土着する系統を多田源氏といい、傍流からは美濃に土着した美濃源氏が輩出された。満仲の次男・源頼親の系統は大和国宇野(現 奈良県)を本拠地としたことから大和源氏と呼ばれる武士団を、三男・源頼信の系統は河内国壷井(現 大阪府羽曳野市壷井)を本拠としたことから河内源氏と呼ばれる武士団を形成した。

陽成源氏説[編集]

経基王について、貞純親王の子ではなく貞純親王の兄陽成天皇の子・元平親王の子であるとする陽成源氏説がある。この出自論争は実証ができず決着はついていない。

この陽成源氏説は明治の歴史学者星野恒が提唱した説で、「清和源氏の祖は実は清和天皇ではなく陽成天皇であるが、暴君であったとされる陽成帝の名を冠せず清和源氏を名乗った」というものである。石清水八幡宮祠官田中家文書の中に源頼信が誉田山陵(応神天皇陵)に納めたと称する永承元年告文に「先人新発、其先経基、其先元平親王、其先陽成天皇、其先清和天皇」と明記してあることが根拠である。 発表当時は波紋を投げかけたものとなったが、通説の清和源氏説を覆したり長く論争になったりすることはなかった。

その後、竹内理三が永承元年告文を肯定する[1]と、庄司浩杉橋隆男奥富敬之貫達人元木泰雄野口実など支持者が増え有力な仮説となった。 一方で宝賀寿男[2]赤坂恒明[3]など旧来の系譜が妥当とする立場もあり、決着はついていない。

賛成の立場でも星野説そのままではなく、竹内は陽成天皇の暴君像を武士の家としてふさわしいものと捉えている。

また経基・貞純親王・元平親王などの年代で論じるもの[4][5]もある。ただし赤坂によって、史料性の上で問題無いといえない系図資料が使用されていると指摘されている。 赤坂は、当時の皇族の叙位例・氏爵などから清和源氏説が妥当とする。また『権記』に引用されている天暦七年の王氏爵不正事件に現れる、清和天皇の子孫でありながら陽成天皇子孫を詐称したとして罰せられた源経忠を経基あるいはその兄弟と推定し、頼信が願文で陽成天皇の子孫であることは真実であると主張して名誉回復を図ったと解釈する。

写本であり告文の裏面に校正したと但書きがあることから、宝賀寿男はその信憑性を疑っている。一方、安田元久は星野説の考証を肯定する、ただし一層厳密な史料批判が必要とする。義江彰夫も今考証する余裕は無いが源頼信の作に間違いないとする[6]。赤坂は先行研究から後世の偽作でないことは確実だが源頼信による作為があり実際と異なるとしている。

なお経基が清和源氏でも陽成源氏でも、武士の家となった系統の性質に違いは無い[3]。また「清和源氏」は広く名が知られさらに名称で本質は変わらないため、「陽成源氏」へ名称を変える必要はないとする意見[7]もある。

系譜

歴史[編集]

平安時代[編集]

源満仲の子の中でも特に源頼信は、房総三カ国上総国下総国安房国)で起きた平忠常の乱(長元の乱)を平定するなどの武功を示す。また頼信の子・頼義前九年の役にて陸奥国奥六郡に蛮拠する俘囚長・安倍氏を討った。頼義の子・八幡太郎義家出羽国の俘囚長・清原氏の内紛を治め(後三年の役)声望を高め、頼信流の河内源氏は東国に足掛かりを持つようになった。河内源氏はこのように武名を上げ、それまでの清和源氏庶流であった地位から嫡流の地位を事実上占めるに至った。このような興隆は時の権力者白河法皇の警戒を招き、河内源氏は抑圧された[8]とされている(ただし、研究の進展で見直しがされている)。

その後、源義家は弟・義綱と対立、さらに対馬守に任ぜられた自身の次男・源義親が九州で濫行の罪を問われて追討を受け、河内源氏は混乱した。その渦中で義家は死去してしまい、家督を継いだ源義忠源義光の策謀で暗殺されるなど、内紛で河内源氏の勢力は弱体化する。

源義忠の後を継いだ源為義は白河院に近侍したが、自身や郎党の狼藉行動で信を失い摂関家へ接近した。一方で長男の源義朝は南関東に下向して勢力を伸ばし、院へ仕えて父とは別行動をとった。この際、当時の武蔵守・藤原信頼に接近したとされる。義朝は下野の源義国とも結ぶことに成功し関東で力をつけ、さらに院の影響下で京都へ復帰した。一方、父・為義は義朝の弟・源義賢を義朝の支配の及ばない北関東へ派遣した。秩父氏の争いもかかわって義賢は義朝の長男・義平と対立したが、大蔵合戦で義賢が討死、義平側が勝利した。こうした河内源氏の内紛の一方で、白河院の寵愛を受けた伊勢平氏一族の平正盛が地位を固め、武門の中で河内源氏の勢力は相対的に低下していった。

源為義と義朝の対立は保元の乱において決着する。父や弟を処刑した義朝は、同じく院側についた源義康が急逝したこともあり、一族を圧倒して河内源氏の総領の座についた。しかし京都では、信西一門・二条天皇親政派・後白河院政派というグループの対立が起こり、藤原信頼と結んでいた義朝は後白河上皇を幽閉、平治の乱を起こす。一時天下を我が物にした義朝だったが、平清盛らが秘密裏に上皇らを救出したことで形勢逆転、敗退してを落ちて東国へ向かう。しかし、道中で腹心の鎌田政清になる尾張国長田忠致の手にかかって殺害された。

そののち、平氏政権での皇位継承の不満から反乱を企図した以仁王に摂津源氏の源頼政が協力する(以仁王の挙兵)。この乱は失敗するが熊野に潜んでいた河内源氏庶流の源行家らが以仁王の令旨を全国に伝えると、河内源氏の源義朝の子である源頼朝源希義源範頼源義円源義経ら兄弟や、源義朝の弟の源義賢の子であり、頼朝の従兄弟にあたる源義仲(木曾次郎義仲)、八幡太郎義家の弟の源義光(新羅三郎義光)の子孫の甲斐源氏武田氏源信義らが各地で挙兵し、俗に源平合戦と呼ばれる治承・寿永の乱が発生する。

当初は平家が源氏を圧倒しており、源希義が敗死している。しかし次第に形勢が逆転して平家は源義仲に京都を追われた。その後、義仲軍と頼朝軍・平家の三つ巴となったが頼朝軍が圧倒していき、粟津の戦いで義仲軍を、壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼして頼朝軍が勝利した。

平家の追討に成功した頼朝は、乱の中で平家側についた河内源氏一門(志田義広新田義重)の勢力を滅亡や没落させ、奥州藤原氏を討ち勢力基盤を固めた。武家政権の台頭を嫌いその勢威を抑制してきた後白河法皇崩御すると、1192年征夷大将軍に任ぜられ、今日でいう鎌倉幕府が成立した。これにより、清和源氏が武家の棟梁であると名実共に認められた。 ただし源頼朝の系統は、頼朝の子・源実朝が兄源頼家の子・公暁に殺害される。その公暁も捕らえられて処刑、公暁の異母弟・禅暁も加担を問われ殺され、さらに禅暁の同母兄・栄実泉親衡の乱に擁立されるも乱が失敗し自害、そして男系男子で最後まで残っていた頼朝庶子・貞暁1231年に死去して断絶、また男系女子でも頼家の娘・竹御所1234年死産により死去したことで、完全に断絶した。

鎌倉時代以降[編集]

鎌倉幕府において源氏一門は、血統や功績等により源姓を称することが許される御門葉と、源姓を称することが適わず、名字を称するものに区別された。

鎌倉幕府末期の混乱期に頭角を表した清和源氏の名門足利氏の棟梁・足利尊氏は、対抗勢力を打ち破り、武家の棟梁として1338年征夷大将軍に任じられ室町幕府を開く。足利義満は清和源氏出身者として初めて源氏長者となり、その後の将軍が源氏長者となる道を開いた。戦国時代には、清和源氏の末裔を称して家格を誇張する者も出てきた。

清和源氏を称している近世大名の多くは、その事実が歴史学的に証明されたわけではない。ちなみに武家の棟梁である征夷大将軍には清和源氏の者しかなれないという説がある。しかし、藤原頼経といった先例が存在し、織田信長も征夷大将軍に就任する可能性があった(三職推任問題)。そのため、現在ではこの説は俗説とされている。

系譜[編集]

清和天皇諸皇子・皇女系譜[編集]


経基王(源経基)子孫[編集]


源頼光流(摂津源氏)[編集]


源頼親流(大和源氏)[編集]


源頼信流(河内源氏)[編集]

源満政流[編集]


源満快流[編集]

主な清和源氏[編集]

氏族[編集]

一般には清和源氏とされていても仮冒の可能性がある氏族もある。
清和源氏の後裔を称する一族
仮冒・伝説の可能性が高いとされる氏族。
三河国豪族信光の代には賀茂氏を名乗っていたという。家康徳川氏に改姓するにあたって仮冒した氏は藤原氏であった。そのため、慣例で源氏がなるとされていた征夷大将軍に任官されるために、新田氏の末裔となるべく系図を借り受けて「源朝臣」を仮冒するようになったという解釈がされることが多い。しかし、笠谷和比古等の研究によると、1588年後陽成天皇聚楽第行幸の際には、家康はすでに源朝臣を名乗っていたという。また、家康の祖父の松平清康の代には既に世良田氏の子孫を名乗っていたという説もある。いずれにしても、徳川氏は清和源氏を仮冒したとされる。その後家康は慶長8年(1603年)に征夷大将軍源氏長者に任じられ、幕府を開いた。
薩摩国大名鎌倉時代守護室町時代守護大名、戦国時代は戦国大名江戸時代薩摩藩主)。元来は中国からの渡来人の末裔である惟宗氏の出で、島津家の祖・忠久惟宗広言とされてきた(近年では惟宗忠康の子という説が有力)。だが忠久が源頼朝により抜擢・厚遇されたことからその理由付けとして「忠久は頼朝の庶子」という系図を自作し「源朝臣」を称するようになったとされている。故に島津氏も徳川氏同様清和源氏を仮冒したとされる。

人物[編集]

著名な清和源氏姓の人物に関しては、清和源氏の人物一覧を参照。


現代の清和源氏[編集]

  • 清和源氏同族会
源満仲をはじめ源頼光、頼信、頼義、義家を祭神とする兵庫県川西市多田院にある多田神社で、清和源氏一門として崇神崇祖、日本の産業と文化発展、一門の相互親和を図る目的で1939年5月に設立。
  • 多田満仲同族会
満仲を祭神とする東京都中野区にある多田神社で、敬神崇祖を目的として1962年に結成。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 竹内理三『日本の歴史6 武士の登場』中央公論社、1965年
  2. ^ 宝賀寿男 「陽成源氏の幻想」『姓氏と家紋』 1989年,同 「源頼信告文の真偽」
  3. ^ a b 赤坂恒明 「世ノ所謂清和源氏ハ陽成源氏ニ非サル考── 源朝臣経基の出自をめぐつて ──」『聖学院大学総合研究所紀要』 No.25, 2003.1, pp.337-373.
  4. ^ 宝賀寿男 「源頼信告文の真偽」
  5. ^ 野口実『源氏と坂東武士』吉川弘文館、2007年
  6. ^ 義江彰夫「源氏の東国支配と八幡・天神信仰」『日本史研究』第394号、1995年
  7. ^ 元木泰雄「院政の展開と内乱」『日本の時代史7 院政の展開と内乱』吉川弘文館、2002年
  8. ^ 安田元久『源義家』吉川弘文館、1966年

参考文献[編集]

  • 野口実『源氏と坂東武士』吉川弘文館、2007年
  • 元木泰雄編『王朝の変容と武者』清文堂出版、2005年
  • 安田元久『源義家』吉川弘文館、1966年

関連項目[編集]

神社
寺院