陸貝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さまざまなカタツムリ(左上はナメクジ

陸貝(りくがい)は、陸生の貝類である。陸産貝とも言われる。カタツムリナメクジをあわせたものである。

基本的に、は失われ、外套腔として使い肺呼吸をする。ただし詳細な呼吸の機構はさまざまである。

陸生の貝類は腹足類巻貝のなかま)にのみ見られる。ただし、腹足類のさまざまな系統で独立に陸への進出がなされており、それぞれの間には腹足類という以上の類縁性は少ない。

有肺類が最大グループで、ほとんどの種が陸生である。ただし一部の種は貝殻を失いナメクジとなっている。

陸貝は以下の科に含まれている[1](ほぼ全てが陸生のヤマタニシ上科と有肺類の科は省略)。分類は Bouchet & Rocroi (2005) を簡略化。有肺類カタツムリキセルガイ等の項も参照されたい。

ヤマキサゴ科
Alcadia conuloides 
ヤマタニシ上科
アズキガイ Pupinella rufa 
カワザンショウガイ科
Omphalotropis rubens 

出典[編集]