陸景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陸 景(りく けい、250年 - 280年)は、中国三国時代武将陸抗の次男。士仁。母は張承の娘であり、諸葛瑾の孫。

父の死後、兄陸晏とともに後を継いで孫皓に仕え、公主を娶るなど重用された。 しかし、天紀4年(280年)2月、が侵攻してきたとき、夷道・楽郷城の戦いで晋の将軍王濬らに敗れ、兄や虞忠とともに殺害された。享年31。

なお、妻とした公主は孫皓の異母妹であり、かつ、孫和の正妃である張氏を母に持つため、陸景とその妻とは血のつながったいとこ同士である。

小説『三国志演義』では、水軍を率いて迎撃したが、破竹の勢いである晋軍を食い止めることができず、逃亡しようとしたところを敵将の張尚に斬られた。