陳裕宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
裕宗 陳
陳朝
第7代皇帝
王朝 陳朝
在位期間 1341年 - 1369年
姓・諱 (陳日
廟号 裕宗
生年 開祐8年(1336年
没年 大治12年5月25日
1369年6月29日
明宗
憲慈皇后
后妃 儀聖皇后
陵墓 阜陵
元号 紹豊 : 1341年 - 1357年
大治 : 1358年 - 1369年

陳裕宗(ちんゆうそう、ベトナム語: Trần Dụ Tông)は、陳朝大越の第7代皇帝

生涯[編集]

第5代皇帝・明宗の十男。開祐13年(1341年)に次兄の憲宗が早世すると、長兄の陳昱は疎狂(雑で気違い)という理由で太上皇として健在であった父に退けられ、代わってわずか6歳で皇帝に擁立された。実権は父が握っていた。

父同様に暗君だったといわれており、紹豊17年(1357年)の明宗の死後は実権を握るも、酒色に耽り奢侈を好むなどして国政を乱した。大治12年(1369年)に崩御、享年34。

裕宗には子が無かったため、甥の陳日礼が跡を継いだ。

先代:
憲宗
陳朝の第7代皇帝
1341年 - 1369年
次代:
廃帝昏徳公