陳済棠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陳済棠
Chen Jitang2.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1890年2月12日
光緒16年正月23日)
死去: 1954年民国43年)11月3日
中華民国の旗 中華民国台北市
出身地: 清の旗 広東省廉州府防城県[1]
職業: 軍人
各種表記
繁体字 陳濟棠
簡体字 陈济棠
拼音 Chén Jìtáng
和名表記: ちん さいとう
発音転記: チェン ジータン
ラテン字 Ch'en Chi-t'ang
テンプレートを表示

陳 済棠(ちん さいとう)は、中華民国の軍人。国民政府国民革命軍)に属し、民国時代に広東省を統治した西南派の一員である。日中戦争(抗日戦争)勃発直前まで、蒋介石と対立していた。伯南

事跡[編集]

広東軍での台頭[編集]

農民の家庭に生まれる。1907年光緒33年)、広東陸軍小学に入学した。1908年(光緒34年)春、教官の鄧鏗の紹介で中国同盟会に加入した。1912年民国元年)、広東陸軍速成学校に入学し、翌年に卒業した。

1915年(民国4年)12月からの護国戦争第三革命)以降、広東軍において軍歴を重ねる。1923年(民国12年)、劉震寰率いる滇桂軍の第2旅旅長に昇進した。同年7月、李済深が西江善後督弁となると、陳済棠は督弁公署参謀長を兼任し、中国国民党に味方する新桂系李宗仁らを支援した。

1925年(民国14年)7月、広州に国民政府が成立すると、陳済棠は第11師師長に昇進する。1926年(民国15年)には、欽廉警備司令を兼任する。北伐時には後方を固めるなど、広東省と海南島の平定に尽力した。また、陳は反共姿勢が強く、1927年(民国16年)に一時ソ連に視察に赴いたものの、帰国後は蒋介石に対してより強固に反共政策の推進を進言している。

その後も、陳済棠は蒋介石を支持して戦歴を重ねた。1929年(民国18年)3月、陳の上司にあたる李済深が蒋との対立の末に軟禁下に置かれると、陳はこれを機に蒋にさらに接近する。陳は討逆軍第8路軍総司令に任命されて広東の軍権を掌握した。1930年(民国19年)の中原大戦でも、李宗仁らの広西軍の背後を衝いて、蒋軍の勝利に貢献した。

陳済棠の広東統治[編集]

しかし、蒋介石は直系ではない陳済棠に警戒感を解かなかった。しかも、中原大戦後は軍縮を求めてきたため、陳は反感を抱くようになる。1931年(民国20年)、国民党元老の胡漢民が蒋と対立して軟禁下に置かれると、陳は反蒋派の政治家たちに協力して、ついに反蒋の旗幟を掲げる。同年5月には、反蒋派が広州に結集して、非常会議を開催し、南京とは別個の国民政府を樹立した。ただし、まもなく満州事変が発生したために、南京と広州は決定的な対決を回避するようになる。

陳済棠の広東支配は、1929年(民国18年)から7年に及んだ。この間に陳が行った様々な産業・インフラ・交通の整備・拡充などの政策については評価が高く、広東に安定と発展をもたらした。教育面では孔子崇拝を強化し、「四維八徳」を幅広く宣伝した。その一方で、陳は占星術や風水も信じ、人事や財務にまで影響を及ぼすという事態も招いている。

広東を半独立状態とする陳済棠に対し、蒋介石はしばらくは融和姿勢をとった。このため、陳は中国共産党討伐に協力している。1933年(民国22年)の福建事変でも、陳は蒋を支持して福建人民政府を討伐し、これを崩壊させた。

しかし1936年(民国25年)5月、陳済棠は李宗仁らと連合して、安内を攘外に優先させる蒋介石に対し、攘外=抗日を優先すべきと主張して挙兵した(「両広事変」)。一方の蒋は切崩し工作を開始し、余漢謀李漢魂といった陳配下の有力軍人を次々と帰順させた。政略で劣勢に立たされた陳は、同年7月に敗北して香港へ逃亡し、さらに欧州へ視察に赴いた。こうして、陳による広東支配は終焉したのである。

晩年[編集]

陳済棠(『最新支那要人伝』1941年)

その後、陳済棠は蒋介石と和解して、1937年(民国26年)9月に帰国した。国共内戦終盤に海南島を守備し、中国人民解放軍への抵抗を目論んだ。しかし、1950年(民国39年)4月、最終的に敗北し台湾に逃亡した。以後、総統府資政、戦略顧問をつとめている。

1954年(民国43年)11月3日、台北で病没した。享年65(満64歳)。

[編集]

  1. ^ 現在は広西チワン族自治区の管轄。

参考文献[編集]