陳コウ (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「陳賡」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
陳賡
Chengeng.jpg
生誕 1903年
湖南省 湘郷二都 柳樹鋪
死没 1961年3月16日
上海
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1924 - 1961
最終階級 大将
テンプレートを表示
陳賡
職業: 軍人
各種表記
繁体字 陳賡
簡体字 陈赓
和名表記: ちん こう
テンプレートを表示

陳 賡(ちん こう)は、中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍大将。本名は陳庶康伝瑾

略歴[編集]

1916年、湘軍に入隊。軍閥同士の戦いに不満を持ち、1921年に湘軍を離脱し、長沙で働きながら勉学を続けた。1922年、中国社会主義青年団に加入し、同年12月、中国共産党に入党。1924年5月、黄埔軍官学校に第1期生として入校し、卒業後、同学校で連(中隊)長、副隊長を務めた。商団反乱、楊劉(楊希閔劉震寰)反乱の平定、軍閥陳炯明の討伐に参加。黄埔軍官学校青年軍人連合会の責任者の1人。

1926年秋、ソ連に赴き、赤軍で保安工作と爆破技術を習得した。1927年2月に帰国し、国民革命軍第8軍の特務営(大隊)営長に任命される。4月、中共第5次全国代表大会に出席。7月下旬、周恩来に従い江西に赴き、南昌起義に参加し、総指揮部で保安工作を担任した。起義軍の広東南下途中、第20軍の営長となる。会昌での戦闘中に負傷し、香港を経由して上海で入院。1928年から周恩来の指導の下、中国共産党中央特科の工作に参加し、共産党員を国民党中央機関、警察、特務機関に潜入させ、重要情報を入手した。

1931年10月、鄂予皖蘇区に移り、中国工農紅軍第4方面軍第4軍第12師師長となり、黄安、商潢、潢光戦役、鄂予皖蘇区の第4次反「囲剿」中の馮寿二、七里坪、扶山寨等の戦闘に参加した。1932年9月、負傷のため上海で入院した。この時、魯迅に鄂予皖紅軍の情況を紹介した。1933年3月、国民党により逮捕され、南昌で蒋介石と会見したが、彼の誘いを拒絶した。後に中共と宋慶齢等の助けで、5月末に中央ソビエト区に脱出し、彭(湃)楊(殷)歩兵学校校長に任命された。1934年10月、長征に参加し、軍事委員会幹部団団長として皎平渡を占領し、紅1方面軍主力の金沙江渡河を保障した。陕北到達後、紅1軍団第1師師長に任命され、羅鎮、東征、西征、山城堡等の戦役に参加した。1937年2月、抗日軍政大学に入校し、第1隊隊長を兼任した。

日中戦争[編集]

日中戦争勃発後、八路軍第129師386旅旅長に任命され、晋東南を挺進し、長生口、七亘村、広陽等の戦闘で勝利した。事後、邯長(邯鄲-長治)国道を南下し、神頭嶺、响堂鋪等の戦闘で勝利した。1938年4月、長楽村の戦闘を指揮し、日本軍を撃破した。その後、冀南と魯西北地区を転戦し、晋冀予と冀南抗日根据地を創設した。1939年2月、威県香城において待ち伏せを行い、日本軍第10師団の一部を撃破した。1940年、太岳軍区司令員に任命。百団大戦中、正太鉄道撃破戦と輸遼戦役に参加し、楡社県城を攻略した。

1941年、太岳縦隊司令員に任命され、太岳抗日根据地を発展させた。1942年10月、八路軍総部により、群衆性遊撃戦争の模範と賞賛された。1943年11月、延安に移り、中共中央党校に入校。1945年6月、中共第7回中央候補委員に選出。

国共内戦[編集]

対日戦勝後、太岳縦隊(後に晋冀魯予軍区第4縦隊に改編)を率いて、上党戦役に参加。1946年6月、国共内戦再発後、第4縦隊と太岳軍区部隊を率いて、晋南、晋西の前線を転戦し、聞夏、同蒲、臨浮、呂梁、汾孝、晋南等の戦役を指揮し、約5万人の敵軍を撃滅した。1947年8月、晋冀魯予野戦軍第4、第9縦隊と西北民主連軍第38軍から陳謝(陳賡、謝富治)集団が編成されると、中共前線委員会書記に任命され、黄河を渡河した。続けて予西に進軍し、国民党軍約5万人を撃滅し、予陕鄂解放区を開拓した。後に劉鄧(劉伯承鄧小平)及び陳粟(陳毅粟裕)野戦軍と密接に協同して、中原を攻略した。11月、伏牛山東麓戦役を指揮。12月、平漢路破撃戦を指揮。

1948年3月から華東野戦軍主力と協同で、洛陽、宛西、宛東、鄭州等の戦役を行った。その後、中原野戦軍に編入され、第4縦隊司令員に任命される。同年11月、淮海戦役に参加し、徐州以南で津浦鉄道(天津-浦口)を遮断し、華東野戦軍の黄百韜兵団包囲作戦を支援した。南平において、黄維兵団を迎撃し、国民党軍徐州集団を孤立せしめた。黄維兵団の包囲作戦中、東集団を指揮して、同兵団を撃滅した。

1949年2月、第4兵団司令員兼政治委員に任命。4月、長江渡河を指揮して、浙贛線を挺進し、南昌を解放した。10月、迂回・包囲の作戦方針に基づき、葉剣英と共に第4、第15兵団を指揮して広東戦役を発動した。広州解放後、退却する敵を追撃し、余漢謀の部隊主力約4万人を陽春、陽江地区で撃滅した。事後、雷州半島に進入して、白崇禧集団の海上退路を遮断し、博白地区で第3、第11兵団の大部分を撃滅した。続けて粤桂辺戦役を行い、白崇禧の部隊を広西で撃滅した。その後、雲南を西進し、滇南戦役を指揮して、国外逃亡を図った国民党軍2万7千人を撃滅した。

1950年3月、主力を指揮して西康(現四川、チベット)に進軍し、胡宗南集団の残余部隊を撃滅し、西昌を解放した。

建国後[編集]

1955年,洪学智肖華粟裕、陳賡(左から右へ)

中華人民共和国建国後、1950年2月、西南軍区副司令員に任命。同年3月、雲南省人民政府主席。4月、雲南軍区司令員。

7月、第1次インドシナ戦争において北ベトナムを支援するため、中共中央代表としてベトナムに赴任。国境戦役の指揮に参与し、ベトナム人民軍の勝利に貢献した。11月に帰国。

1951年、中国人民志願軍副司令員兼第3兵団司令員、政治委員となり、彭徳懐司令員の作戦指揮を助力した。朝鮮戦争では、坑道の構築、海岸防御の強化、縦深防御の計画を制定し、「持久作戦、積極防御」の方針を取った。1952年6月、帰国。

1952年7月、人民解放軍軍事工程学院が創設され、その院長兼政治委員に任命された。1954年10月、人民解放軍副総参謀長。1955年、大将の階級を授与される。第1回、第2回国防委員会委員。1958年9月、国防科学技術委員会副主任。1959年、中共中央軍事委員会委員、国防部副部長。中共第8回中央委員。1961年3月16日、上海で死去。

エピソード[編集]

ベトナム支援時、ホー・チ・ミンは、陳賡に以下の漢詩を贈った。

携杖登高観陣地
万里山擁万里雲
義兵壮気吞牛頭
誓滅豺狼侵略軍

著書[編集]

  • 「陳賡日記」(1982年)
  • 「陳賡日記(続)」(1984年)

外部リンク[編集]