陰膳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陰膳(かげぜん)とは、旅行出征その他に出た不在者のために、その者が旅行中に飢えたり、危害を加えられ安全を脅かされたりしないように祈り願って、留守番がその者のために留守宅で供えるである。安全祈願呪術のひとつ。「蔭膳」とも記す。

当人が在宅時の食事のときに座っていた場所や床の間に供える。供える回数・程度は地域や時代によって一定しない。供えた膳は後でその家族が食べることもある。