陰翳礼讃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎随筆。「経済往来」昭和8年12月号・9年1月号に掲載。

まだ電灯がなかった時代の今日と違ったの感覚を論じたもの。こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。

こうした主張のもと、建築照明食器、食べ物、化粧歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。

日本的なデザインを考える上でも注目されている。 しかしながら谷崎は洋風建築の照明の明るい家で椅子の暮らしをしており、この随筆で絶賛する日本の伝統とはかけ離れた生活を送っていた。

文献[編集]

谷崎 『陰翳礼讃』 中央公論社、1995改版版。ISBN 9784122024137