陝西省体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陝西省体育場
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 陝西省西安市長安北路14号
位置 北緯34度14分2秒 東経108度56分15秒 / 北緯34.23389度 東経108.93750度 / 34.23389; 108.93750座標: 北緯34度14分2秒 東経108度56分15秒 / 北緯34.23389度 東経108.93750度 / 34.23389; 108.93750
起工 1999年
開場 2008年
所有者 陝西省人民政府
運用者 西安朱雀広場管理委員会
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 2.5億元
旧称
陕西交大瑞森体育场 (2001-2004)
陕西可口可乐体育场 (2005-2010)
陕西中新浐灞体育场 (2010-2011)
使用チーム、大会
西安老城根 (中国サッカー・乙級リーグ)
陝西宝栄滻灞 (中国サッカー・スーパーリーグ)
収容能力
50,000
陝西省体育場
各種表記
繁体字 陝西省體育場
簡体字 陕西省体育场
拼音 Shǎnxīshěng Tǐyùchǎng
発音: シャンシーシャン ティーユーチャン
英文 Shaanxi Province Stadium
テンプレートを表示

陝西省体育場(せんせいしようたいいくじょう、簡体字: 陕西省体育场: Shaanxi Province Stadium、別名:朱雀体育場)は、中華人民共和国陝西省西安市にある多目的スタジアムである。

概要[編集]

現在は上海実業城市開発集団(簡体字: 上海实业城市开发集团)が命名権を取得しているため、陝西上実城開体育場(簡体字: 陕西上实城开体育场)が正式名称となっている。また、朱雀広場が近くにあるため、朱雀体育場と呼ばれることもある。収容人数は50,000人[1]、総敷地面積は97,000平方メートル。主にサッカーの試合に用いられる。中国サッカー・乙級リーグに所属する西安老城根がホームスタジアムとして使用している。また、1999年には中国城市運動会においてこのスタジアムが使用された他、以前には中国サッカー・超級リーグに所属していた陝西宝栄滻灞がホームスタジアムとして利用していた。

交通アクセス[編集]

西安地下鉄2号線体育場駅より徒歩すぐ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]